四季のさかな 12月に釣れる人気魚

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

秋に荒食いをし、体力をつけた魚たちは産卵もしくは越冬を迎えるシーズン。水温がますます下がっていき、長く寒い冬の始まりです。

多くの魚たちは水温が安定した深場へと落ちていきますが、寒くなることで逆に活発になる種類もいます。

スポンサーリンク

メバル

メバル

晩秋頃から接岸してきて産卵シーズンを迎える12月は、一年を通してもメバルが釣りやすい季節です。この時期に釣れるメバルはお腹がパンパンに膨れ上がり、卵を含んだ個体が多く見られます。浅瀬の藻場や消波ブロックなどの身を潜めることができる障害物周辺や漁港の常夜灯周りを狙ってみると良いでしょう。

カサゴ

カサゴ

一年を通して釣れるカサゴですが、寒い冬が始まる12月からがハイシーズンになります。メバルと同じく敷石の隙間や消波ブロックなど障害物周りに好んで生息しています。釣れる季節も生息場所も同じなので、メバリングの外道で釣れることもよくあります。穴釣りで狙うのも良し、ライトゲームで狙うのも良し。簡単に釣れるので初心者におすすめです。

グレ

グレ

12月は型にも数にも期待できるハイシーズン。寒グレと呼ばれる冬のグレは身が締まっており、脂がのっていてとても美味しいです。フグやベラなどのエサ取りが減ってくるため釣りやすくなります。本格的な磯釣りはもちろん、堤防でも良型が狙えるので入門者にも楽しめる季節です。

アジ

マアジ

秋にハイシーズンを迎えたアジは水温が下がるにつれ徐々に深場へと移動を開始しますが、12月はまだまだ狙える時期です。南蛮漬けが美味しいサイズではなくフライ、刺身に適した良型が釣れるので、ライトゲームで狙う場合は少し太めのラインを用意しておいたほうが良いでしょう。

ヒラスズキ

ヒラスズキ

産卵前の荒食いをしているためハイシーズンとなります。特に冬の日本海側は日常的に天候が荒れるので、ヒラスズキを釣るうえで重要な「サラシ」ができやすく、条件が揃いやすい日が続きます。

カレイ

カレイ

地域や種類によって異なりますが、冬はカレイが狙える好シーズンです。産卵が始まってしまうと釣果が落ち込んでしまいますが、産卵前の個体は食い気があるため狙い目です。マコガレイは内湾性が高く、足場の良い漁港内で釣れるのでファミリーフィッシングでおすすめのターゲットです。

アナゴ

マアナゴ

夏が旬と言われているアナゴですが、釣りものとしての季節は夏と冬になります。夜行性のため、どちらの季節に狙うにせよ夜釣りがメインとなります。カレイと同じく砂泥底に好んで生息しているため、カレイ釣りをやっているとアナゴが釣れることが良くあります。

アイナメ

アイナメ

カサゴと同じく冬の根魚の代表魚。地域により差はありますが、11月中旬頃から徐々に浅場へと接岸してきて産卵の準備に入ります。キジハタやカサゴ、ソイに比べると体が大きい割にはあまり口が大きくありませんが、ゴカイなどの虫や甲殻類、小魚を捕食するフィッシュイーターです。

タイトルとURLをコピーしました