ワカサギ

ワカサギ

ブランド

ワカサギ釣りに究極のしなやかさと高強度を 桧原MAX PE

新製品 ライン ワカサギ
シマノチャンネル

外部電源で超軽量! ダイレクトな手感覚&疲労を軽減 レイクマスター CT-ET

新製品 リール ワカサギ
淡水の魚

ワカサギ

阿寒湖、松原湖、棒名湖、高滝湖富士五湖、諏訪湖などが有名な釣り場。本来は海水魚。冬から春にかけての産卵期に淡水域で産卵する。
ハリに付けるエサ

サシ・ベニサシ

ワカサギやハヤ釣りでよく使用されるハエの幼虫。食紅で赤く染色されたものをベニサシという。ラビットはサシより一回り小さく匂いが強い。ハリにチョン掛けか切って小さく刺す。
ハリに付けるエサ

アカムシ

ユスリカの幼虫で淡水魚用のエサとして広く知られている。ハヤ、タナゴ、モロコ、ワカサギ、フナ、テナガエビなど比較的小型の魚を狙うときに使われる。一般的な血を吸う蚊とは違い、観賞魚用のエサとしても使われる。
エサ釣り<川池>

ワカサギ釣り

ワカサギ釣りとは。ワカサギといえば、凍った湖の上で穴を開けて釣るシーンが冬の風物詩として有名だが、それ以外にも、ドーム船や屋形船、レンタルボート、そして桟橋や陸っぱりからも狙える。
タイトルとURLをコピーしました