グレ

New!五島列島

五島列島ポイント解説/宇久島 ヘタの瀬

イシダイは、宇久島の中でも最も早くシーズンインし、4月にイシダイの3㎏級が出た後、5月に5㎏が集中するのが例年のバターン。6〜7月は2〜3㎏級が主体だが数釣りが楽しめる。
ブランド

スーパーソフト設計で道糸として使いやすい フカセフロロ磯

製品紹介 フカセ釣り フロロカーボン 道糸
エサ釣り記事

山口美咲の磯釣りに熱中!「夢の離島 対馬での磯釣り」

離島というのは釣り人にとっては特別な場所。とある番組の撮影で対馬列島に行けることに。今回はそのときの釣りのお話をしたいと思います。
エサ釣り記事

猪熊博之のフカセ釣り新提案「ツケエへのこだわり」

使用するエサは戦略を考える上で大きなウエイトを占める。フカセ釣りにはマキエとツケエに分かれますが、今回はツケエについてのお話です。
五島列島

五島列島ポイント解説/宇久島•マナイタ

磯が低く、周辺部がかなり浅いのでウネリや波があると渡礁できない。冬〜春先にかけてのグレは、上礁できればキロクラスを主体に数釣りができる。
ブランド

視認性 耐摩擦性を備えた道糸 シーガー リアルサスペンド磯

製品紹介 磯 フカセ釣り ナイロンライン
ブランド

フラつく黒潮を征する フロロドリフト釣法の威力

ドリフトとは漂うという意味で、フロロロングハリスを使い浅ダナから深ダナまでをマキエと同調させながら狙う釣法のことです。
五島列島

五島列島ポイント解説/平島・名乗瀬

名乗瀬周辺は、上げ、下げ共に潮通しが良く、上物、底物とも魚影が濃い。イシダイは2〜3kgが主体たが、秋は5kg級を超える大型の実績がかなりある。
エサ釣り記事

山口美咲の磯釣りに熱中!「磯に渡り釣り座を決めたらまずは何を考えますか?」

どこを狙おうかな? どんな仕掛けでいこうかな? 初めてのポイントだと地形も分からず考えることが多いですよね!
エサ釣り記事

猪熊博之のフカセ釣り新提案「ハリスに求めるもの」

魚の食いに影響する主な要素としてツケエの種類、ハリの大きさや種類、ハリスの太さや種類などがあります。今回はハリスの影響について話をします。
五島列島

五島列島ポイント解説/平島・第2アメリカ、第2前子島

平島の南岸に位置する磯で突端の第1アメリカは磯...
エサ釣り記事

グレ狙いで道糸が沈んでしまい、ラインコントロールが難しいときは

ウキの流れにブレーキをかけてツケエを先行させ、なおかつマキエと同じラインに仕掛けを乗せるには、横風の影響を受けないように道糸を風上側に切り返さないといけません。
エサ釣り記事

グレ釣り サラシやウネリがあって仕掛けが安定しない場合

サラシは海藻や小動物、プランクトンを洗い流し海に拡散する好ポイント。しかし、狙いづらいタフなポイントでもあります。
ブランド

釣研史上最重量フカセ釣り専用ウキ エイジアLLC

新製品 ウキフカセ釣り ウキ
エサ釣り記事

グレ釣り アワせてもハリに乗らないときの考え方

ウキが沈む、道糸が走るなどアタリにはさまざまな形態があります。なのにハリに掛からない時はどう考えればいいのでしょうか?
エサ釣り記事

グレ釣りで正体不明の魚がヒット 対処方法とは?

もしフカセ釣りをしていてヒラマサなどの規格外の外道がかかったとき、どう対処すればいいのでしょうか?
エサ釣り記事

ウキが勢い良く沈むのにハリ掛かりしない原因

大きなアタリにもかかわらずハリ掛かりしないことも。その原因を調べてみましょう。
エサ釣り記事

風が強くてマキエのコントロールができない! 事前の対策が釣果を分ける

風の影響のほとんどは悪い方向に働き、それをカバーできなければ満足のいく釣果は望めません。
エサ釣り記事

山口美咲の磯釣りに熱中!「釣れないときに考えるべき三つのポイント」

みなさんは魚が思うように釣れないとき、どうしていますか? そこで今回は、魚が釣れないときの私なりのアプローチを紹介します!
エサ釣り記事

上潮が滑るとは? フカセ釣りで仕掛けがなじまない理由を探る

仕掛けが馴染まない理由は「上潮(うわじお)が滑る」から? その意味と、対策をみていきましょう。
エサ釣り記事

磯際の攻防を制するためには

アタリが多いのにオーバーハングに突っ込む。そんなグレを取り込むテクニックとは?
エサ釣り記事

沈み瀬はグレの宝庫

沈み瀬の近くを流したいが、根掛かりが心配なところ。そんな時の対策方法とは?
エサ釣り記事

道糸が風に煽られ、仕掛けが沈まないときの対策

ガン玉の重量で仕掛けを沈める遊動仕掛けには大きな弱点がある。ガン玉の重さ以上の力が道糸に加わると仕掛けが沈んでくれないのです。
エサ釣り記事

水温が下がったわけでもないのにエサ盗りさえアタらないとき、考えられる理由は?

ハリに刺した生のオキアミがまったくかじられず、何時間も同じ状態が続くことが厳寒期にはよくあります。
エサ釣り記事

グレ釣り。潮の変化が多くヒットポイントが安定しないときの対策

潮は上げと下げでは流れる方向が反対になる。それが一般的ですが「常識」とは異なる動き方をするのが自然というものです。
エサ釣り記事

仕掛けが飛ばないほどの逆風をどう乗り切るか?

近年は自重が20gを超える重たいものを常に持ち歩く釣り人は少ないのです。そのため、向かい風で遠投するのは難しい。
エサ釣り記事

潮が複雑な状態でもマキエと同調させる方法とは?

潮が気紛れに変化する潮の中でマキエを同調させる方法はないのでしょうか? 複雑な潮流れの対策を解説します。
ブランド

強く、鮮明 しなやかに 銀鱗®スーパーストロング エックス・オー

新製品 フカセ釣り ライン
エサ釣り記事

ビギナーと名人の技術力の差は運? 実力? 秘密はタフコン攻略にあり

魚をよく釣る人が名人なのでしょうか? 名人とビギナーの差とはなんなのか? 少し考えてみましょう。
エサ釣り記事

魚影抜群! 沈み瀬多数の厄介なポイントを攻略する!

釣り始めたときはなにも問題はなかったのに、潮が引くにつれて沈み瀬が頭を出して、それに道糸が引っ掛かるというのは珍しくありません。
五島列島

五島列島ポイント解説/江ノ島・岳ノ小島(たけのこじま)

江ノ島の北岸にある岳ノ小島は、大小ふたつの磯からなる瀬で、江ノ島向きの水道は非常に浅い。
エサ釣り記事

最後で失敗しないために 取り込みテクニック

岩礁帯に住む魚は多い。自分の身を隠すことができると同時に、そこに住む小動物をエサとするからです。
エサ釣り記事

山口美咲の磯釣りに熱中!「厳寒期 グレ釣りの心得」

チヌもグレも両方釣る私にとって、グレというのはとても繊細だという印象です。
エサ釣り記事

フカセ釣りにおける道糸とハリスの理想的な関係とは?

道糸とハリスはどこが違うのでしょうか? ウキの上のラインは水面下を漂い、ウキの下は潮になじんで張りができていてツケエが先行しています。
エサ釣り記事

五島列島ポイント解説/江ノ島・アボ鼻

江ノ島・アボ鼻はグレは厳寒期の3月に一端低迷するが、1~2、4月には600〜800g級を主体に数釣れる。
ブランド

超遠投釣法やモンスター狙いのための大型フカセウキ  Xライナー 大遠投

新製品 ウキフカセ釣り ウキ
ブランド

強い集魚性能と視認性に優れた プレミアムホワイトグレ

製品紹介 フカセ釣り マキエ
がまかつチャンネル

磯場で目まぐるしく変わる釣りシーンに対応! がま磯 マルチフレックスたもの柄Ⅳ

製品紹介 磯釣り フカセ釣り タモ
五島列島

五島列島ポイント解説/五島灘・色瀬(いろぜ)

海が荒れる冬季はなかなか上礁できないが、3〜4月の寒グレピーク期に乗ることができれば良型の数釣りが楽しめる。
ブランド

【孤高のウキ】松田ウキシリーズ、最大寸、最重量設計の超遠投モデル。松遠(sho-en)

製品紹介 フカセ釣り エサ釣り ウキ
タイトルとURLをコピーしました