フカセ釣り

New!エサ釣り記事

実釣レポート 寒グレ狙いの特等席 長崎県下五島「椛島」

「五島列島のグレは、北側(上五島エリア)から良型が出るようになります」という浜市フィールドテスターの只松雄司さんが、今シ...
New!エサ釣り記事

グレを狙うためには? 口太、尾長それぞれのマキエブレンド理論

マキエと言っても多くの種類がある。口太、尾長を狙う場合の基礎的なマキエブレンド理論をここで解説しよう。
New!エサ釣り記事

百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第十四回「おすすめ!BB-Xテクニウム」

シマノのレバーブレーキリールのフラッグシップモデルでもある21BB-Xテクニウムが、SUTブレーキⅡを搭載してリニューア...
New!エサ釣り記事

季節風を味方につける寒グレ攻略テクニック

季節風は、釣り人にとって釣果に重大な影響を及ぼす難敵である。その攻略法を考えてみよう。
New!エサ釣り記事

レバーブレーキをすすめたいワケ

上物用スピニングリールの上位機種のほとんどは「レバードラグ」式が採用されているから、レバーブレーキリールは上級者用という...
エサ釣り記事

チヌ(クロダイ)はいつエサを摂るのか? 「時合」と「潮」について学ぶ

「時合」とは、魚が活発に捕食する時間帯のこと。つまり釣れるチャンスが高いときのことをいう。
エサ釣り記事

グレフカセ釣りの戦法 潮を読むことでポイントがわかる

グレ釣りのほとんどが潮に対しての戦法だ。目の前を流れる潮が自分の理想で流れることはない。
エサ釣り記事

フカセ釣りで多用されるナイロンラインの歴史

昔は釣り糸のことをテグスと呼んでいた。理由はテグス(天蚕糸)サンというガの幼虫から絹糸腺を取り出し、それを酸で処理した糸...
エサ釣り記事

グレ釣りで40㎝の壁を越えるには

ベテランにとってはなんでもないことなのだが、ビギナーにしてみるとなかなか越えられないカベというものがある。
エサ釣り記事

山口美咲の磯釣りに熱中!「もう一度行きたい思い出深いグレ釣りフィールド」

私はこれまでに、いろいろなところで釣りをしてきました。また、撮影などで普段自分では行くことのないエリアへも行かせてもらう...
エサ釣り記事

チヌフカセ ロクマルを仕留めるタックル構築論

ロクマルは高齢者ですが、体が大きいだけあってパワーがあります。そんな魚に対応するにはそれなりの仕掛けが必要になるわけです...
エサ釣り記事

グレを絶対バラしたくない 太仕掛けスキルアップ論

大物と対峙するには太い仕掛けだが釣り人のスキルや地形と大きく関わっている以上、ハリス○号と明記するのは難しい。
エサ釣り記事

トーナメンター必須の技 チヌ釣りの潮下戦略とは

実績のある釣り座というのは存在し、朝一に釣り座を決めた瞬間から50%は勝負が決まっているようなもの。潮下などあまり関係な...
エサ釣り記事

グレ釣り 瀬際を狙うためのテクニック

瀬際は釣りづらい場所が多いため敬遠されがちだが、狙い方を知っていればトラブルも少なく、釣果への期待度も高い。
エサ釣り記事

ハリのサイズに合わせたオキアミ装餌論

はるか昔はグレ用ツケエはサシアミやSサイズが定番だったはずなのに、現在はそうではないらしい。そう考えて各社の商品を見てみ...
エサ釣り記事

猪熊博之のフカセ釣り新提案「道糸の話」

フカセ釣りに使用する道糸もウキなどと同様、自分の釣りのスタイルに合ったものを見つけて、ずっと使い続けることが上達へ繋がっ...
エサ釣り記事

デカバンのチヌを獲る! その秘訣とは

堤防からなんと70㎝を超えるチヌが釣れました。それは20年も昔の2002年6月、福岡県糸島・船越という場所で、当時のこと...
エサ釣り記事

ツケエの「落とし込み方」と「コントロール」がグレ釣りのカギ

グレのいないところにいくら仕掛けを投入したところで釣れるわけがない。また、仮にグレのいるところに正確にキャストできても、...
エサ釣り記事

チヌ(クロダイ)のアタリが続かないときの食わせ技

「アタリが続かない」。苦労した1尾であったとしても、竿を出している最中に1尾で満足して竿を置く人は少なく、次の一投でくる...
エサ釣り記事

いつどこでチヌは釣れる? 日本全国チヌ釣りマップ

チヌは日本全国に分布し、都心の港湾から離島まで幅広く棲息しており、釣り方もさまざま。ゲーム性の高い対象魚だ。
エサ釣り記事

チヌフカセ釣りのツケエを使いこなそう

ツケエで一番ポピュラーといえばオキアミだが、だからといってオキアミ一択というわけではない。チヌの気持ちになり、一番食べて...
エサ釣り記事

低活性の寒グレにツケエを送り込もう

寒グレ狙いの際、急な寒波の到来で一気にグレの活性が低くなるときがある。いくらマキエをしてもグレが出てこないのなら、グレの...
エサ釣り記事

脱初級者 今さら聞けないウキフカセ釣りのタナのこと

ここでいうタナとは、魚の就餌層を指します。いわゆる魚が食ってくる層です。遊泳層ではありません。中級者以上なら、どの方向に...
エサ釣り記事

チヌを狙うために押さえておきたい 激アツポイント

チヌが釣れる場所は多く存在する。磯はもちろんだが、漁港、堤防、河口域、釣り公園など、多くの場所で釣果が上がっている。参考...
エサ釣り記事

グレ釣りが上手くなりたいならタックルバランスにこだわろう

堤防で30㎝クラスのグレを狙うのに太号数の道具はほとんど必要ないし、離島の尾長狙いでは細号数の道具は使い物にならない。
エサ釣り記事

目指せロクマル超え! 2日かけて釣るデカチヌ戦術

寒い時期のチヌは、大半が沖の深みに避難して過ごします。しかし、一部のチヌはエサの豊富な湾内に残ります。
エサ釣り記事

グレがマキエで浮いてこない場合の対策

浮いてこないからといって、必ずしもグレの活性が低いとは限りません。警戒心が強いケースもあります。本当に活性が低いのかどう...
エサ釣り記事

寒グレ短期決戦! マキエの同調が肝心

潮や時間、太陽の高さ、曇り具合、波などの条件が重なって魚の食いが立つ状態を時合と呼ぶ。
エサ釣り記事

厳寒期でも狙えるチヌ 季節別のポイントを把握しておこう 

魚だけではなく、さまざまな生き物に言えることだが、どんなにいい道具を揃えても、ターゲットがいなければ意味がない。いるわけ...
エサ釣り記事

尾長グレの攻略は潮が通すポイントを攻め続けること

同じグレでも疾走感で群を抜くのが尾長グレだ。そのスピードたるや一度でも掛けたことがある者ならば、病みつきになるほどやり取...
エサ釣り記事

チヌ(クロダイ)爆釣ポイント 地磯の魅力と釣行の心得

水温が上がれば浅場でエサを拾い、下がればまた深みに退避する。チヌはそんな行動を繰り返している。水温が安定しないそんな時期...
エサ釣り記事

フカセ釣り用のマキエとは

ハリを付けたオキアミ、練りエサなどのことをツケエといいます。一方、マキエとは文字通り海に撒くエサのことです。
エサ釣り記事

脱初心者 キロ級のグレを獲る

釣りを始めたばかりのころはどんな小さな魚でも釣れるだけで嬉しいもの。しかし自分の腕が上がると、小さな獲物では満足いかなく...
エサ釣り記事

道糸の比重が釣果を呼ぶ サスペンドライン

仕掛けを張りながらツケエを先行させ、きっちりマキエと同調させるという前提をクリアするには道糸が大きな役割を担っています。...
エサ釣り記事

磯靴の選び方とメンテナンス方法

足元が不安定で凸凹しており、滑りやすい磯場。その釣行の際に機動力や安全の要ともなるのが磯靴です。
エサ釣り記事

浮いてこないグレをダイレクトに攻める 深ダナ釣りのノウハウ

水温が下がるとグレの活性は落ち、いくらマキエを入れたところで浮いてこなくなります。
エサ釣り記事

【保存版】食い渋るグレを掛けるアワセ技

ウキがスッと沈んでいくアタリは見ているだけで気分がよいものです。しかし、グレのアタリは年々不明瞭になりつつあります。そこ...
エサ釣り記事

グレ用のマキエ選びで劇的に釣果が変わる

隣りに立っている釣友は自分よりも多く魚を仕留めている場合、原因がマキエなら次回は同様のマキエを使う人は多いはず。
エサ釣り記事

マキエを最大限に利用してグレを釣る

他の釣り人のマキエを利用すると聞くと、なんとセコいと感じる人もいるでしょう。ただ、ここで取り上げるのは、他の釣り人のマキ...
エサ釣り記事

フカセ釣りで攻める距離とコントロールは道糸の巻き方で大きく左右される

道糸や竿もキャスティング性能を高めるべく技術を進化させています。道糸は滑りが良くなり、巻き癖が減っています。
タイトルとURLをコピーしました