ロックフィッシュ

ロックフィッシュとは

根魚のことをルアー釣りではロックフィッシュと呼ぶが、その種類は、カサゴ、ソイ類、ハタ類、クエ類と多い。ハタ類など大きな魚を狙うにはそれに合わせたタックルが必要であるが、50cmくらいまでが対象なら、同一タックルで楽しめる。

タックル

ロックフィッシュタックル

ロッド

海底にある岩や堤防の敷石の隙間など姿を隠せる巣穴に潜って、近くにきた獲物に襲いかかるのがカサゴやソイといったロックフィッシュの捕食スタイル。
獲物を襲った後は、すぐに巣穴に戻ろうとするため、アタリが取れなかったり、ロッドが柔らかすぎると巣穴に潜られて取り込むことができなくなる。
そのため、感度がよく全体に張りがありバットのパワーが強いのが専用ロッドの特徴でもある。
しかし、堤防やテトラから狙う20㎝以下の小型がターゲットの場合は、メバリングやアジングに使うライトタックルの流用も可能。 遠投より足下のボトム付近を狙うことが多いので7ft前後が使いやすい。

リール

2500~3000番の小型スピニングリールを使用する。

ライン

小型のロックフィッシュを専門に狙うなら根ズレに強いフロロカーボン6~8lbで長さは50mあれば充分。扱いやすさを優先するなら同サイズのナイロンラインでも良い。
伸びが少ないという点ではPEラインに分があるが、テトラや護岸など障害物に擦れながら落とし込むようなシチュエーションも多いため向いていない。エギングタックルの流用などでPEを使用するときは、リーダーを長く取るようにしたい。

■ジグヘッド用ライン(スピニングリール用)

■ジグヘッド用ライン(スピニングリール用)
軽量ジグヘッドを扱うためしなやかさとボトムや障害物へコンタクトしたときの強さが必要。細いラインは伸びやすく、ロックフィッシュが巣穴に戻ろうとするのを止めるためにはナイロンよりも、初期伸度が少ないフロロカーボンを選択する。

テキサスリグ用ライン(ベイトリール用)

■テキサスリグ用ライン(ベイトリール用)
大型ロックフィッシュがターゲットならベイトリールのレスポンスがゲーム展開を有利にしてくれる。ラインの素材は高感度、底伸度のフロロカーボンが良いが巻きグセがつきやすいためベイトリールの使用を前提としたしなやかなフロロカーボンラインを選びたい。

ルアー選びの基本

ワーム

■サイズ
ロックフィッシュのルアーはソフトルアー(ワーム)がメイン。堤防から狙うなら、ワームは2~3inがメインサイズになる。食いが悪いときはサイズダウンさせて1inの出番もある。
■形状
形はストレート、グラブ、クロー系などがあり、どれを選んでも大丈夫。
分かりにくいときは、アジングやメバリングなどの流用も考慮に入れて、応用範囲の広いストレート系を中心に揃えてみよう。
■カラー
カラーについては、ホワイト、ピンク、クリア、アースカラー、グロー、チャートなどが定番色。
メインで使用するワームについては2、3色のカラーバリエーションを揃えておくと、ルアーローテーションの幅が広がる。

ワーム

ジグヘッド

■ウエイト
数種類のウエイトを用意し、深ければ重いもの、浅くなるほど軽いものというように使い分ける。潮流が速い、風が強いときなどに重いものを選択する。使用頻度が高いのは2~5g。魚に与える違和感を減らし、根掛かりを避けるために、着底が分かる重さの中で一番軽いものを選ぶとよい。

根掛かり
ジグヘッドはハリがむき出しになっているため根掛かりしやすい形状ではあるが、ウエイトが重すぎず、ラインを張った状態で底取りできていればリスクをかなり減らすことができる。
根掛かりは、ラインがたるみ海底でジグヘッドが寝た状態となり、潮流や不用意なアクションで引きずられたり、ジグヘッドのウエイトが重すぎて岩などの隙間に入りやすいときに起こりやすい。

■根掛かり回避のセッティング
なるべく軽いジグヘッドがいいといっても、狭くて深い巣穴の奥にルアーを届けたいときは、ある程度の重さがないと勝負にならない。本来ならこのような場所にジグヘッドを送り込むのは根掛かりさせるだけなので避けるべきではある。しかし、ハリ先が露出しないようにワームをセットすることである程度回避も可能。穴打ち以外でも根掛かりが多いと感じたら試してみるといい。

ワームの刺し方

釣り方

狙うのは底から30㎝以内。キャストしルアーを引いてくるような横の釣りは根掛かりを避けるためにもスイミングメインで狙い、ルアーが浮きすぎないよう時々ボトムにコンタクトさせる程度でいい。根掛かりが少ない場所ならリフト&フォールなどのゆっくりした誘いをかけたいところだ。
足下なら根掛かりのリスクはかなり減るので、タイトな攻めも可能。着底後に少し浮かせてシェイクや、ボトムバンプしながらアングラーが少しずつ移動していけば探れる範囲も広くなる。隙間や穴の奥には魚が隠れている確率が高いので、見つけたときは奥までルアーを送り込んでみよう。送り込みはルアーが奥に入りやすいようにシェイクさせるといい。

狙い方

ダウンショット

いわゆる胴突き仕掛けのライトルアーバージョンで、ポイントの上でルアーを止め、その場でシェイクして誘い続けられるのがメリットである。止めた状態でワームを浮かせて誘えるのでアピールが強く根掛かりもしにくい。メインラインからエダスを出すのが面倒な場合は、ラインに直接フックを結んでもいい。

狙い方

スプリットショット

重めのウエイトを使用することで、広範囲を効率よく探れる。軽いジグヘッドを選べば根掛かりも少なくロックフィッシュ用のリグとしては珍しく横の釣りにも対応しているので、ポイントが絞り込みにくいときに役立つパイロットルアー的な役割を持ったリグだ。

狙い方

ポイント

まずは足下を狙ってみよう。岸壁の足下は多くの生き物がおりエサが豊富。敷石やケーソンの間はロックフィッシュにとって格好のすみ家にもなる場所だ。上から見たときに、周りと違う景色のある場所は必ずチェックしたい。海底の敷石やケーソンに隙間が見えるときは、その隙間の奥までルアーを入れてみることだ。

海底の様子が分かりにくい場所なら、海に降りたハシゴ、ロープ、ケーソンの切れ目、堤防の曲がり角など何でもいいので目印があるような場所をチェックすると良い。
テトラは積み上げられたときにできた隙間を狙う。奥まで潮通しがいい場所や、テトラの隙間がうまく重なって海底までルアーが届くような穴はまさに穴場になる。

ポイント

魚種別ワンポイント

カサゴ狙い

前述したようにカサゴは岩陰やテトラの隙間にじっと潜んでおり、目の前をエサが横切るのを待っている。ルアー釣りの場合もエサ釣りと同様で、目の前にエサ(ルアー)を送り込む必要がある。根掛かりをおそれず障害物ギリギリを攻めることがこの釣りで釣果を上げる秘訣だ。

漁港の岸壁や堤防などは、それ自体を障害物として考えてよく、全体がポイントになる。その中でもケーソンの継ぎ目や捨石周りが一番のポイントとなる。海中を観察してそういった場所を重点的に攻めよう。

変化のあるポイントが見つからないときは、キャスティングして横方向に探ってみる。着底してからズル引いてくるわけだが、根掛かりが発生しやすいので根が荒い場所では注意が必要。こういった場所ではボトムバンピングという、ルアーを底で跳ねるように泳がせるテクニックが有効である。

テトラも最高のポイントになる。目に見える部分以外にも海中に沈んだ部分は複雑に入り組み、魚も多い。しかし、そのままズル引いてくるとやはり根掛かりが多発するのでボトムバンピングで攻略しよう。

キジハタ狙い

キジハタはロックフィッシュと呼ばれる根魚の一種で基本的にボトムを探っていく釣り方となる。根の荒い場所やストラクチャー周りを丁寧に探っていくことが要求され、その場合、ワームを使ったリグと呼ばれる仕掛け仕立てのルアーを使用する。

底を探る場合、キャスト後、必ず着底を取ることが重要となる。そこからロッドを軽くアオってルアーを跳ね上げながら底をトレースしていく。ボトムバンプといわれるこの釣法は、根掛かり回避とルアーアピールに優れた釣り方だが、根掛かりは完全には回避はできないのでルアーを多めに用意しておきたい。

キジハタはハタ類の中でも遊泳力が高い。そのため、活性の高いときは底でなく中層で小魚を追い回して捕食する。このような状況では底に意識しすぎず中層で1秒間にリール1回転するくらいの速度でバイブレーションをタダ巻きするだけで食ってくるパターンも多い。バイブレーションはルアーの中で比較的飛距離も出るので、まずはこれで中層を幅広く探ってから、ワームを使ってボトムを攻めていけば効率がよいだろう。

タイトルとURLをコピーしました