フラットフィッシュ

フラットフィシュとは

フラットフィッシュとは平べったい魚のことで、ヒラメやマゴチを指す。似たような生息域と食性を持っているため、同時に釣れることがよくある。

タックル

フラットフィッシュタックル

タックルは、シーバスやエギング用を流用できる。港湾での使用がメインなら8~10ftのシーバスやエギング用のロッドで、足場が高いとき、外海を中心に狙うときは長いものを使用するといい。
リールは2500~3000番、ラインはPE1号前後に12~16lbのリーダーをセットしたものがおすすめ。

ルアー

港湾部は足下から深くなっているので、深場を狙いやすいものを選択する。
ミノー系ならバイブレーション、広範囲を探るならメタルジグ、ボトム付近をタイトに探るならジグヘッドや船釣りで使用する一つテンヤがおすすめ。スロープなど浅場はフローティングミノーが使いやすい。

ボトムを効率良く狙えるルアーを選ぶ。
ボトムを効率良く狙えるルアーを選ぶ。

ポイント

ベイトを追って接岸する朝夕のまづめ時が狙い目。ベイトが湾奥まで入っているようなときはスロープ周りの浅場のチェックも忘れずに。
アジやイワシなどの小型回遊魚が多い場所での実績が高いため、サビキ釣りのポイント周辺も狙いどころだ。カケアガリや船道などの地形の変化のあるところにつきやすい。

漁港のポイント

岸壁の足下

最終的にベイトを追い詰めるのは岸壁の足下。サビキ釣りが盛んな場所なら足下までベイトが寄ってくるのでそれを狙って集まることも多い。

スロープ周り

スロープの斜面は見逃がしがちなポイント。水深が浅く追われた小魚は逃げ場がないので、フィッシュイーターにとっては絶好の捕食場所となる。そして、ここまで上がってくる個体は捕食モードに入った活性の高いものが多い。

外海の潮目

カケアガリや沈み瀬の場所が分かるならそこを集中して狙うが、初めて行く漁港などではベイトがたまりやすい潮目が目安になる。

排水口や流れ込みの周り

いろいろな魚が集まりやすく、海底は流れに沿ってミオ筋ができている可能性が高い。地形の変化を好むフラットフィッシュにとって格好のエサ場でもある。

テトラ

潮当たりがよく、小魚の隠れ場所にもなるため、それを狙う大型魚も集まりやすい。テトラの下側は潮流の影響で掘り込まれカケアガリ状になっていることが多いのでそこを狙う。

常夜灯

夜のポイントとして見逃せないのが常夜灯周り。アジやイワシの回遊が多い場所なら期待できる。

船道

通る船が大きいほど深いカケアガリになっている。漁港の入り口と、船が係留されている場所から航路を考えれば、初めての場所でも見当をつけやすい。

釣り方

バイブレーション、メタルジグ

キャスト後、一度ボトムまで沈めてから巻き始める。10~15回でリーリングを止めてボトムを取り直し、ルアーが海底から1・5m以上離れないようにコントロールする。ルアーが浮き上がってしまうときは、リーリングを遅くするかルアーを重くする。ちなみにメインラインが太いほど水の抵抗でルアーは浮き上がりやすくなる。

ジグヘッド

着底させた後は、ズル引きやスイミングを交ぜながら、リフト&フォールで足下まで丁寧に探る。
リフト&フォールは、竿先でルアーを持ち上げてカーブフォールさせた後、ラインを巻き取りながら素早くロッドを戻す。
スイミングはルアーを海底にコンタクトさせながら浮きすぎないように泳がせる。
ズル引きは海底の様子が分かりやすいようリーリングではなくロッドを操作して行うのが基本。

ルアーのトレースコース

アタリの取り方とアワセ

フラットフィッシュは、顎の周りが硬く、フックが貫通しにくいのでせっかくヒットしてもバラシが多い。
エサ釣りと違ってルアーをくわえている時間が短いため、アタリを感じたらすぐにラインを張ってその後は決して緩めないようにすること。やり取りの間リールを巻きっぱなしにできるくらいにドラグを調整しておけば、その状態から竿先を下げ鋭くアワせることができるはずだ。そのためにもドラグの調整はリーダーの強度の3~1/4を目安にキッチリと行っておきたい。またフックの先が甘くなっていないかのチェックも必要だ。ハリを先を爪に当てて引っ掛からないようなら、研ぎ直すかフックそのものを交換するようにしたい。

魚種別ワンポイント

ヒラメのルアー釣り(プラグ)

フィッシュイーターであるヒラメは、ルアーでも格好のターゲットとなっている。基本はサーフでの釣りとなるが、意外と遊泳範囲が広く、ゴロタ浜や砂利浜、さらに磯場などでも釣ることがある。

ヒラメは底のほうに居るイメージだが、目は上向きに付いている。つまり常に上を意識している。普段は砂や砂利と同化して自分の上を泳ぐ小魚を捕食するのだ。ときには水面近くまで上がってくることもあり、通常でも海底から2mくらいの範囲が捕食圏内だといわれている。

狙うときはさまざまな種類のルアーを使うが、どのルアーを使うにしろ釣り方はキャストしてリールをタダ巻きするだけでよい。狙う場所が重要で、何かしらの変化がある場所を狙っていく。川などの水が流れ込んでいるようなところが一級ポイントで、ほかにも沖のテトラ周辺、波打ち際にできているブレイク、離岸流の両端などが挙げられる。ポイントが分からない場合は、自分で歩数を決めて、キャストしてルアーを引いては歩くというのを繰り返していくとよい。その場合、他の釣り人の邪魔にならないようにしよう。

マゴチのルアー釣り

マゴチをルアーで狙う場合、砂地や泥質の海底を探ることになる。フィールドはサーフやそれに繋がる河口部となるが、特にポイントを絞りやすいのは河口部だ。それも最干潮からの上げ始めを狙うのが最も効率的となる。

水位が低い干潮時ではフィッシュイーターは流心に溜まって、流れてくるエサを待ち構えている。つまり、干潮時を狙って、砂や泥質の川の中心付近にルアーを通してやるとよい。

マゴチも海底に潜んでエサを捕食するが、目は前向きに付いている。そのためあまり上のほうにあるものには反応しない。海底からせいぜい1m以内が捕食範囲となっている。この範囲にルアーを通すということが非常に重要になってくるので、そういった範囲を探れるルアーをチョイスするということと、丁寧なルアー操作でそのレンジをキープするということが釣果に繋がるキモとなってくる。ルアーはさまざまなものに反応するが、狙って釣る場合は、確実に底が取れて根掛かりしにくいテキサスリグが使いやすい。それでも難しいようであれば干潮時に水深が1m程度になる砂・泥質の河口部を狙うのがよいだろう。

タイトルとURLをコピーしました