タイラバ<ボート>

タイラバとは

タイラバもしくはタイカブラと呼ばれるこの釣具は、もともとマダイ釣りの漁師が使う道具が進化したものだ。
オモリ付きのハリにエビを付けて使用されていたが、一部の地域でエサ代わりに、ビニールやラバーを使用してマダイを狙うようになり、これが進化して今日のタイラバとなった。
今や海のルアーとして欠かせない存在のタイラバであるが、ルアーとしての歴史は浅く、今もなお進化の途中だ。
釣れる理由、メソッドには諸説あり、それが商品開発やテクニックに広く反映され、さまざまなバリエーションが展開されているのが面白いところでもある。

もともとはマダイ用の漁具であるが、タイラバで釣れる魚の種類は多く、ボトムから表層近くまで、根魚から青物までと広範囲・多魚種で効果を発揮するルアーでもある。
釣り方の基本は海底まで沈めて巻き上げるだけ。多くの場合は向こうアワセで魚が掛かるのを待ってからのやり取りになるので、特別な技術を持っていない初心者にとっても、始めやすい釣りである。突き詰めればテクニックがあるのだが、とりあえず巻くだけで釣りになるのが特徴だ。
タックルや仕掛けがシンプルで扱いやすいうえに操作が簡単。操作しながら底取りや潮流への対応など船釣りの基本テクニックを覚えることができるので、ルアーに限らず、海の船釣りを覚えるためのファーストステップとしても最適な釣りといえる。

タイラバには、アタリがあってもフッキングしにくく、フッキングしてもバレやすいといった弱点があった。仕掛け、タックル、テクニックが進化するにつれ目立たなくなったが、対処を怠ると千載一遇のチャンスを逃すことにもなりかねないので注意が必要だ。

タイラバ
甲殻類、タコやイカ、イワシやアジといった小魚、捕食が容易で栄養満点の環虫類。マダイが何に見えているのかは分からないが、そのシルエットや動きから連想される海の生き物は多い。

タックル

タイラバタックル

海底から一定のレンジまで仕掛けの上げ下げを頻繁に行うため、巻き上げ力の強いベイトタックルを使用するのが一般的だが、スピニングタックルを使用しても問題ない。
専用品が多く出回っているのでその中から選択するのが基本だが、ライトジギング用のタックルや、ブラックバス用タックルの流用も可能。しかしソルト対応品でない場合はサビに弱いので注意すること。特にリールには気を配りたい。
ランカークラスのマダイとのやり取りはもちろん、思いがけない大物との出会いも想定して、パワーにはある程度の余裕もほしいところだ。取り込みに手間取って他の釣り人に迷惑をかけないようにある程度のパワーがあるものを選んでおくことはマナーでもある。

リール

使用するラインが150m以上巻けるベイトタイプを選択するのが一般的。ブラックバス用のリールなども使用可能だが、流用する場合は、海水での使用が可能なものであることを確認しておこう。
ベイトリールが選ばれる理由は、一定のスピードで仕掛けを巻きとりやすく、巻き上げが楽にできるパワーを持っているからだ。1日中フォールと巻き取りを繰り返すことを考えるとこのタイプのリールが使いやすい。
誘いの早さや手返しの良さがこの釣りにとって重要なので、ハンドル1回転で60~80㎝のラインが巻き取れるものを選択する。ギア比5:8以上が望ましく、巻き取り抵抗の大きさが気にならなければギア比6:3前後のハイギアタイプをおすすめする。
ドラグは微調整が効き、滑り出しが滑らかなものが理想。滑らかなドラグは急激な衝撃からラインやタックルを守ってくれるだけではなく、マダイ特有の激しい首振りの衝撃を和らげてくれるので、バラシの軽減にもつながる。
さらに、バイトの瞬間にラインを適度に送り出すことで、魚に与える違和感を減らせ、ファーストバイトでフッキングしなかったときの追い食いも期待できる。その際、スムーズなリーリングを長く続けることもできるのでフッキングの確率をさらに上げられる。
リールの最大ドラグ力は4㎏は欲しいところ。ドラグの設定については、使用するリーダーラインの強度の1/3~1/4の重さ、もしくは、1~1.5㎏の負荷が掛かったところで滑りだすようにしておけばいいだろう。

ドラグ調整

ロッド

マダイの口にハリ先が触れたとき、弾かずに口元に引っ掛けておけるしなやかな穂先と、いざフッキングとなれば魚の口にハリを突き通すのに必要なブランクの反発力、そしてやり取りの際に大物マダイを浮かせるだけのバットパワーが求められる。
また、マダイ特有の首を左右に激しく振る動きをうまくいなしてバラシを減らしてくれるしなやかさも欲しいところだ。
バラさないという点では、長くて柔らかいロッドが有利なのだが、船の上での取り回しを考えると、2m前後のものが扱いやすい。
操作性に目を向けると、グリップの長さも重要だ。リーリングをしたときにグリップエンドを脇に挟めるくらいの長さが理想で、こうすることでティップがブレない安定したリーリングと、大物とのやり取りの際の踏ん張りが効くことになる。


巻き取り抵抗も含めると、ロッドに掛かる重量はアングラーにとってかなりの負担になる。1日釣りを続けることを考えてもグリップを脇に挟んでリーリングできるものを選んでおくほうが無難。
ガイドについては、PEラインを使うことを前提に選ぶ必要がある。まずガイドリングはSiCであること。摩擦と摩擦熱でPEラインもガイドも傷みやすいのでこの部分にはこだわっておこう。特にバスロッドを流用する場合はゴールドサーメットのガイドが装着されていることがあるので注意すること。
ガイドフレームの素材についてはステンレス以上の物ならば大丈夫。できればPEラインが絡みにくいデザインの物を選ぼう。

後ろ姿

竿先を下げグリップを脇に挟むのが基本のフォーム。竿先を下げることで、巻き抵抗が軽減され、グリップを脇に挟むことで、手首と腕が楽になる。長時間テンションを保てるように、なるべく楽な態勢をとるようにしよう。

メインライン

タイラバライン

40~80gという軽い仕掛けを使うこの釣りは、潮流の影響を受けやすい。それを少しでも減らすために0.6~1号の細いPEラインがメインラインとして使用される。船釣り用のものなら、水深が分かりやすいようラインが色分けされているので使いやすい。
ラインは、海中でなるべく直線状態であることが望ましい。伸びの少ないPEラインを使用している限り、仕掛けが少々遠くに流されてもラインが直線状態であれば、着底やアタリを捉えることは難しいことではない。ところが仕掛けが潮流の影響を受けて膨らんでしまうと、その感度は極端に鈍くなってしまう。


一度このような状態になるとラインはさらに流れの影響を受けやすくなり、より大きく膨らんでいく。結果、アタリはおろか着底の感覚まで掴めなくなってしまう。
着底の感覚が分からないのはこの釣りにとって致命的なことだ。タイラバが底に着いたままズルズルと引きずられていたのでは根掛かりによる仕掛けのロストが頻発してしまう。
運よく根掛かりしなかったとしても、しばらく底を引きずられていたタイラバはマダイに見切られてしまう。どちらの場合も釣果は望めない。
潮流で仕掛けが流されること自体はさほど問題ではないが、ラインが膨らんで感度が鈍るのはいいことではない。そのためにもなるべく抵抗の少ない細いラインを選択するようにしたい。

リーダーライン

細いPEラインをメインラインとして使用するこの釣りでは、リーダーラインの存在は欠かせない。一般的には2・5~4号のフロロカーボンもしくはナイロンラインを使用することが多い。
メインラインに対して太すぎるリーダーを選ぶのもよくない。メインラインとリーダーの太さのバランスが悪いと、安定した結節ができないばかりかその部分がガイドに当たってラインが傷つきやすくなる。結果期待した強度は得られないことになる。
太すぎるリーダーは、魚の食いにも影響する。太さの目安はPEラインの3~4倍の号数のリーダーを使用すると覚えておけばいいだろう。


リーダーの長さは、1.5~2mが標準。少し長めにとっておいて傷んだ部分をカットしながら使い、海底がなだらかなら釣れる魚の長さプラス20㎝ほどになったら結び直すくらいでいいだろう。
対して、根が荒い場所で釣るときはリーダーを長めにとるようにすることも忘れてはいけない。何度か仕掛けを上げ下げするうちに、根ズレなどでリーダーに傷がつく。傷の入る位置がメインラインから1m以内なら最初に取るリーダーの長さは2mは必要だ。

タイラバのリーダーは傷みやすいので頻繁にチェック。人差し指と親指でリーダーをつまんで滑らせると、傷んだ部分に引っ掛かるのでそこをカットして結び直そう。魚を釣り上げた後、根掛かりしそうになったときはもちろんだが、フグやベラが多い場所ではアタリのたびにラインチェックが必要なこともある。

タイトルとURLをコピーしました