サビキ釣り(陸)

サビキ釣りとは

釣りに興味があるのなら、サビキ仕掛けに鈴なりに掛かった魚を目にしたことがあるだろう。鯉のぼりのようになったその光景は魅力的に見え、自分も味わってみたいと思うものだ。このように数が狙えるというのはサビキ釣りにとって魅力的である。

次に、道具が比較的安価で手に入るということ。海に近い釣具店では、夏になるとサビキ釣りに関する商品売上がトップになるほどで、ファミリー=サビキ釣りという図式が成り立っている。特に全く釣り道具を持っていなくても、2,000円も出せばエサを含めて一式揃うというのが魅力だ。それに家からさほど遠くない場所で釣れるから、忙しい現代人にとっては、短時間で遊べるというのもうれしい。特に釣って楽しく、食べて美味しいアジやイワシはファミリーの人気ものだ。

サビキ釣りの基本とは

好まれるターゲット

■アジ
サビキ釣りに限らず釣りものとしてポピュラーな魚種。サイズが小さいものほど群れが大きくたくさん釣れる。
■コノシロ
小型はコハダとして鮨ネタに使われる。小骨が多く食べづらいためつみれにすると子供でも食べやすい。
■イワシ
いつも狙えるというわけではなく、群れが接岸したときにのみ釣れる。長居はしないので情報収集が重要。
■サバ
泳ぎが速く引きが強いためハリに掛かったら四方に走り回る。他の釣り人の仕掛けに絡まないように注意。
■サッパ
コノシロに良く似ているが別種類。ママカリとも呼ばれ小型は酢漬けに、大きいものはみりん干しが美味。

主なポイント

サビキ釣り

先端部は特に有望なポイント。遠くのポイントまで仕掛けを投げることができるし、港内を向けば潮の緩い場所を狙うことができる。
ケーソンに変化がある場所は、エサが溜まりやすく魚が集まりやすいポイントだ。
港内の奥まった場所では、夏~秋にかけて活性の高い個体が集まりやすい。特に朝夕まづめは狙いめだ。とはいえ、潮が淀んでいるような潮の入れ替わりがない場所は期待が薄い。
常夜灯のある場所は夜釣りに期待が持てるポイントだ。明かりの下にはプランクトンが集まり、それを追って魚がやってくる。群れが入っていれば短時間で大釣りすることもできる。

奥まった場所でアジの群れが溜まっていると爆釣しやすい。ポイント選びで当たれば、とても数が釣れる場所だ。
常夜灯のある場所は夜間に魚が集まりやすく一級ポイントとなりやすい。特にオレンジの常夜灯を魚は好むようだ。

サビキ釣りにも種類がある

超初心者向きなのが、サビキ仕掛けとアミカゴのみの「胴突き仕掛け」。仕掛けを投げたりせず、足元付近のみ狙う仕掛けだ。もう一つが「ウキサビキ仕掛け」。サビキ用の大きめのウキをセットして、沖も狙えるようにしたもの。近年はこちらの方が人気で、ベテランも多く楽しんでいる。

基本の仕掛け

ハリはカラーで選ぶ

サビキバリは幹糸と呼ばれる糸に、複数の枝スと呼ばれる糸が枝分かれして構成されたものだ。ハリの先はエサに見立てた疑餌バリとなっていて、サビキバリとも呼ばれる。サビキバリは種類が多く、加えてハリの大小もある。だからどれを選べばよいか迷ってしまうのも事実。
ハリの号数は釣れる魚のサイズに合わせるのが基本。問題は擬似餌となる素材のカラーで、その選択によって釣れる数に影響が出るので重要である。カラーとその効果については次の通りだ。選ぶ際の参考にしていただきたい。これらを状況によって使い分けることが重要で、できるだけ多くのパターンに対応するため、数種類そろえておくことをおすすめする。

サビキバリの色
サビキバリのカラーは数種類準備しておこう。どのカラーに食いがいいのか購入前に釣具店に聞いてみるのもいいだろう。

■ハゲ皮
疑似餌バリにカワハギの皮を使用したもの。魚が群れているように見せることで、集魚力をアップしてくれる。
■ピンク
マキエのアミと同色に近く、魚に違和感なくハリを食わせる。
■グリーン
潮が濁っているときや魚が底に溜まっているときに有効。
■ブレンド
さまざまなカラーが組み合わされており、異なる色で魚にアピールしてくれる。なかなか釣れないときなど有効。
■蛍光色
夜釣りのサビキ釣りなど、周囲が暗いときなどに使用する。アピール力は抜群。
■ラメ・オーロラ系
透明、あるいはホワイト系を基調にして、ラメを入れることによって小魚を演出する。食い渋りの切り札となることも。

オモリの選び方

まず、魚の泳いでいる層まで仕掛けを落とさなければ釣りにならない。オモリのチョイスが釣果を分けるのである。
例えば釣り場の水深が浅い場合は、狙う範囲も当然浅い。このときに重いオモリを使用すると、仕掛けの落ちるスピードが速すぎてせっかくの魚が驚いて逃げてしまう。だから、ある程度仕掛けがゆっくり落ちるように適度な重さのオモリを使用するのがコツ。
逆に釣り場の水深が深い場合は魚がどのくらいの深さを泳いでいるかということも考慮する必要があるが、それなりに重いオモリを使用して一気に仕掛けを落とすのも手だ。しかし、あまり重いものを選ぶと全体が重く釣りづらくなるから注意しよう。

カゴの選び方

コマセカゴ(マキエカゴ)にはいくつかの種類があり、ナイロン製で作られた軟らかく軽いものや、プラスチック製あるいはステンレス製の硬いものがある。
ナイロン製で作られたコマセ袋やコマセカゴは軽いため、サビキバリより上に付けて使用する。そのままでは軽くて仕掛けを沈めることはできないから、ナス型オモリと併用するのが基本だ。サビキバリの上にセットするためマキエはハリの上から落ちてくる。
オモリ付きのプラカゴやステンレスカゴは、仕掛けの末端、サビキバリより下に取り付ける。仕掛けが沈む際にカゴから放出されたマキエがハリに同調する仕組みである。浅いタナを狙うときに適した仕掛けだ。
釣り場の環境によって適したカゴがあるから、釣り場にいる他の釣り人を参考にするか釣具店で聞くと良い。地域によって使用するカゴの形状や種類は異なる。
コマセカゴの中には、よりエサの詰めやすさを追求した洗濯バサミのような商品もある。両脇のつまみを押して開き、そのままマキエを挟むようにしてカゴに詰めることが可能だ。オモリ付きの仕掛けと同じ位置に付けて使う。このタイプはマキエを詰める際に手が汚れないのがメリット。
下カゴ仕掛けの場合、根掛かりなどでコマセカゴを紛失したり、カゴ自体が破損することも考えて、2〜3個予備を準備しておくと安心だ。ウキとの重さの兼ね合いに気をつけて選ぼう。色はさほど釣果に関係しないから、見やすいものがいいだろう。

サビキカゴ
コマセカゴの種類も様々だ。仕掛けの種類によって変えるのはもちろんのこと、オモリ付きのカゴは重さにも気を遣おう。
サビキ用ウキ
サビキウキは大きく視認性が高いのが特徴。電気ウキタイプもあるので、夜釣りでもサビキ釣りは楽しめる。

仕掛けの投入方法

サビキ仕掛けの投入方法は2パターンある。一つは足元に落とすだけなので、何も難しいことはない。ただ竿を前に出し、リールから道糸を出してやるだけだ。
もう一つはウキサビキ仕掛けの場合。沖のポイントを狙うためには、遠くへ仕掛けを飛ばす必要がある。
投げ方の基本はオーバーヘッドキャストである。頭上に大きく振りかぶって、利き手で竿を押し出し、竿尻を持った反対の手を胸元に強く引いて竿の弾力を生かした飛ばし方をする。これが遠くに飛ばすコツだ。形ができていれば、投入時にサビキバリとウキが絡まることもない。
仕掛け投入時は周りに人がいないかだけは必ず確認しよう。

仕掛け投入方法
  1. 竿先からウキを20㎝ほど離れるように調節する。ウキが穂先にぶつかると折れることもあるので注意。
  2. 道糸をリールから引き出して人差し指に掛け、リールのベイルを起こしてオープン状態にする。
  3. そのまま後方に振りかぶる。障害物や人がいないか注意しよう。無理してあせって投入しないこと。
  4. 右手で押し出し竿尻を持った左手は体に引きつける。頭上を竿が通過するときに道糸を掛けていた人差し指を離す。
  5. 仕掛けが着水するまで、竿の角度は45度を維持することが理想的。道糸が出なくなるまでじっとしておく。

ワンポイント
仕掛けを投げるため大きく振りかぶる際には、後方に人がいないかしっかり確認しよう。自分の不注意から人にケガをさせてしまうと大変だ。

サビキ釣りのエサ

サビキ釣りのエサは主にアミを使用する。アミは姿形がエビに似たプランクトンの一種である。アミを詰めたコマセカゴを水中に入れると同時に拡散しその匂いで魚を仕掛けに寄せてくる。
サビキ仕掛けにはエサに似せた疑餌バリがついているため、基本的にはハリにエサは付けない。しかし、魚は見えているのに釣れないとき、またサイズアップを狙いたい場合などはハリにエサを刺して使用するのも効果的である。サビキバリは小さいから、ツケエにはサシアミが使いやすい。

サビキ釣りのエサ

チューブタイプ(写真左)
チューブ式になっていて手が汚れないため使いやすい。水の中に入るとゆっくり溶けて魚を誘う。
生エサタイプ(写真右)
アミはこのように冷凍状態のままブロックになって販売されている。そのままでは使えないから、しっかり解凍しよう。「溶かしアミ」として、解凍したものを販売していたり、解凍をあらかじめ予約できるお店もある。

エサは解凍して使う

マキエに使うアミは冷凍販売されている。この状態では使用できないから解凍が必要だ。
春〜夏はバケツに海水を入れてその中に浸けておく。外気温が高いのでそれほど解凍に時間もかからないだろう。
気温も水温も下がる冬は自然解凍に時間が掛かるので、釣行前日に購入して屋外に出しておこう。一晩外気にさらせば大抵は解凍できる。釣り場に行ってから解凍するのは効率が悪い。

マキエを入れる

アミは匂いが強く良い香りとはとてもいえない。また水分が出るため衣類や手も汚れるからタオルは必需品だ。
本来なら手で入れるほうが手早くできておすすめだが、苦手な人は便利グッズを使うと快適な釣りが楽しめる。

サビキ釣りのエサ

スプーンはプラスチック製でも金属製でもどちらでもよいが、コマセカゴにマキエを入れやすいサイズのものを選ぼう。
サビキ釣りを長く続けるようであれば、持っていて損はない。釣具店では吸い込みバケツで売っている。

◯スプーンや割り箸を利用する
コマセカゴにエサを詰める際、バケツでそのまま解凍して使用するのであれば、スプーンや割り箸を使うと手が汚れない。より詰めやすい専用品も売られている。
◯専用のバケツを利用する
吸い込みバケツを準備しておくとサビキ釣りで大変重宝する。解凍した状態のアミと海水を入れて使用する。完全に解凍できていなくても海水が入っているから徐々に解凍しながら釣りができる。
サビキ釣り専用の設計になっており、コマセカゴをバケツの中央に入れて2~3回シャクるとバケツの中が撹拌され、舞いあがったアミが自動的にコマセカゴの中に入る仕組みだ。手返しもよくアミが飛び散らない。
◯ザルを利用する
料理などに使用するザルも便利。軽量で持ち運び優先ならプラスチック製、長持ち優先ならステンレス製を選ぶ。解凍したマキエをバケツに入れておくと、水分が出てカゴに入れにくい。しかしザルに入れておけば水分が切れてカゴに入れるときにも手の汚れを抑えることができる。

サビキ釣りのイロハ

実際は難しい釣り

魅力的で安価に手に入る道具類に反比例して、釣り方は想像よりも難しい。それでも、胴突きサビキと呼ばれる、足元だけを狙ったサビキ釣りなら、仕掛けを放置していても、そこそこアタリがあるから楽しめる可能性はある。

しかし、ウキサビキ釣りはウキ釣り経験者なら理解できるが、釣り自体初めてという人は「移動仕掛け」という原理が説明なしには理解しづらい。そしてそれを理解していないと、全く釣れないということもありえるのだ。

「タナの調整」がキーポイント

ウキサビキ釣りには、「ウキ止め」というものが必要で、これは道糸にセットするゴムだったり糸だったりする。ハリからこのウキ止めの位置までを「タナ」と呼び、仕掛けが沈む距離となる。つまり、このタナの調整をきちんとやらなければ、魚の居ない水深を探ることになるということ。アジ狙いなら、当日アジが回遊してくるであろう水深を予測し、調整する必要がある。

タナ調整のキーワード

釣り場自体の水深にもよるが、イワシの場合は浅い場所で群れていることが多く、目視しながら狙うというシーンも多い。しかし、アジのタナはコロコロと変わりやすい。浅かったり深かったりと時間によりまちまちだ。これは、アジは群れで回遊しており、同じ場所にじっとしているというわけではないからだ。このため、釣れるときには一気に掛かり、釣れない時間が長く続くこともある。

基本のタナ設定は、早朝や夕暮れ時は水深5mくらい。朝晩のまづめ時は浮いていることが多いから、2mと浅い場所から狙うのがセオリー。

日中は底から3~4mくらい深く狙うほうが効率的。釣れなければ徐々にタナを浅くしていく。

もちろん、これは一般論だから、予想通りうまくいくことのほうが少ない。他の釣り人の釣れ具合も確認しながら、タナを調整していこう。

「誘い」が差をつける

ウキサビキ仕掛けをそのまま流しているだけではいけない。アミカゴに溜まったアミを排出して魚を寄せなければ意味がない。そのまま流しても徐々にアミは排出されるが、意図的にカゴからエサを出すことで、自分が狙っているエリアに魚を寄せることができるから、手返しも良くなり数釣れる可能性も高くなる。

サビキの誘い
魚がハリ掛かりしたときの振動によって、それ自体が誘いとなり他の魚が寄ってくる。
釣れないときはこうする

サビキバリは擬餌バリであり、スキンや魚皮、セロファンなどがハリにセットされている。これを魚がエサと勘違いして食いつくのであるが、なぜか釣れる仕掛けというのがある。いつもではなく、そのときだけである場合も多いから、サビキの種類は2つは用意しておきたい。現地の釣具店に寄って教えてもらうのが一番いいだろう。

さらに、プラス本物のエサをハリに付けることで、もっと食いが良くなる。釣れない場合は試してみよう。エサはアミカゴに入れるアミか、サシアミを用意する。

ハリの号数は釣果に関係する

5㎝くらいまでの豆アジなら3、4号。10㎝未満の小アジなら5、6号。20㎝クラスが交ざるなら7、8号のサビキバリが一般的。意外と魚のサイズに合わないハリは、食いが悪かったり釣り上げる途中で外れやすい。釣れているサイズを確認できない場合は、号数もバラエティに揃えておこう。

胴突きサビキ釣り

胴突きサビキ釣りは、サビキ仕掛けの一番下にオモリを付けるだけのシンプルなもの。仕掛けを海底まで落とし竿先を上下させるだけでアジが食ってくる簡単な釣りだ。アタリは明確でビクビクと竿先に伝わってくる。堤防の陰になっているところや潮の流れがあまり速くないところを狙う。オモリだけでなくオモリの付いたアミカゴを使う方が一般的でマキエが底まで届き集魚効果は倍増する。この場合、アミカゴが着底したあと、竿をシャクってエサをカゴから出しアピールする。

竿や仕掛けの長さは、アタリがあり竿を上げたらアジをちょうどキャッチできる長さが良い。アジを外したあとはエサバケツのアミの中にアミカゴを入れてエサを補充。再びサビキを投入する。この一連の動作はスムーズなほど良い。手返しを良くすれば群れで動いているアジを足止めでき、更なる釣果が見込める。サビキのサイズは4〜5号。ハリにはハゲ皮やスキンといった装飾加工がされている。当日のアタリサビキは変わるので数種類持っていくと万全だ。なお、サビキはハリの数が多いから周りの人に引っ掛けないよう気を付けよう。

ウキサビキ釣り

明け方、足元で釣れていたアジは日が昇るにつれ沖へと移動する。沖を狙うには、オモリ負荷8〜10号に耐えられる竿が必要になってくる。目立つようにウキも大きい。沖は潮の干満で水深が大きく変わってくるので半遊動仕掛けを使いタナの調整をする。基本的には底付近を狙うが、釣り人から距離があるので警戒心が少なく宙層でも食ってくる。どのタナにアジが居るかは下から何番目のハリに掛かったかを見れば分かる。

まずは、胴突きサビキ仕掛けにウキを付けたものを使う。これは10〜20mくらいの距離を狙うのに適している。次に30m以上の遠投になってくると、投げた勢いでサビキが切れたり、絡まったりする。そのため遠投用のカゴが必要でテンビン付きカゴに変更する。サビキの下にはオモリは付けない。このアミカゴは枝が伸びていて、そこにサビキを付ければカゴにサビキが絡みにくい。エダスを3本ほど間引きするとなお良い。この仕掛けなら思い切り遠投しても大丈夫だ。潮流が速いとエサが流されてしまって底に沈まない。そんなときはパン粉を混ぜてカゴからエサが出るスピードを調整する。

コノシロを狙うウキサビキ釣り

コノシロは出世魚。寿司ネタで知られているコハダはコノシロの幼魚。秋口には25〜30㎝ほどに成長するので釣っても良し食べても良しの人気ターゲット。仕掛けは、アミカゴを付けたウキサビキ仕掛け。上カゴにしてマキエをサビキの周りに落として食いを良くするのが理想。仕掛け着水後、軽く竿をシャクってエサを出す。釣れるのは底よりも宙層の方が多い。流れの緩やかな場所を好むので波止の内海で竿を出すと良い。サビキのサイズは4〜6号を使う。堤防の岸から10〜30m付近のポイントまで仕掛けを投入できるタックルが必要になる。コノシロは群れで行動するのでいったん釣れ始めると一荷で掛かることも珍しくない。ウキに出るアタリはツンツンツンとウキが揺れ動き、一気に潜っていくことが多い。同じ仕掛けに掛かるサッパの場合、アタリがあるとウキがツンツンツンと突き上げられたり倒れたりする。ウキの動き方を見ていると、何の魚が掛かったかが分かる。カゴに入れるのはアミとヌカなどの集魚材やムギを入れる。回遊の範囲は広くないのでマキエの濁りでアピールすれば、長時間同じ場所に留まってくれる。

ヒラメを狙ったサビキ釣り

サビキ釣りといっても、アジなどのように、ヒラメが直接サビキに食ってくるわけではない。サビキに食ってきた小魚を生きエサとしてそのまま使って、ヒラメを誘い出すのだ。

九州エリアの船からの釣りでは「落とし込み釣り」といって非常に人気の高い釣法の一つでもある。

やり方は簡単だ。足元にサビキ仕掛けを沈め、普通にサビキ釣りでアジなどの小魚を狙う。基本的にキャストは必要としない。小魚が掛かったらそのまま仕掛けを沈めて待つだけだ。このとき、置き竿にするのなら竿を持っていかれないようにドラグは緩めておく必要がある。大型船などが発着するような足元から深くなっている港湾部や海釣公園などでやりやすい釣り方だ。

ヒラメは活性が高い場合は、かなり上のほうまで出てきて捕食活動をする。しかし活性が低い場合はあまり動いてエサを取ろうとしない。食いが悪いときは、なるべくサビキの下のハリに魚が掛かっているほうがヒラメに対するアピール力が強くなる。エサとなる小魚が上のハリに掛かってている場合は下のハリに付け直したほうが釣果が得られる場合もある。

ボラを狙うウキサビキ釣り

ボラは海面表層を泳いでいるため、寄せるにはマキエは軽いものが良い。アミよりもムギやヌカなどの集魚材の量を増やして広範囲に濁りを出す。集魚効果が現れると3〜5尾のボラが寄ってくる。狙うボラのサイズにもよるが40㎝を超す大型狙いの場合、重量もあるのでサビキのハリスは3号以上。ボラは海水を吸い込みながらエサを捕食するので、ハリは5〜7号程度。マキエは上カゴに入れる。大型がダブルで掛かることもあるのでタモの準備も怠りなく。

表層を泳いでいるボラには仕掛けが見えているため、サビキの下にオモリを付けない。できるだけフカせておいた方が良い。あとはサビキの種類を替えたり、マキエの濁りを強くしたり、サビキにツケエを付けたり(トリックサビキ)とひと工夫が必要だ。冬になると脂が乗って目の周りが油膜で覆われるので、それまで仕掛けを避けていたようなボラも釣りやすくなる。

ボラのアタリは明確で一気にウキが潜り右へ左へと走り回る。隣のサビキに絡み付くことも多いので、隣の釣り人がボラを掛けたら仕掛けは回収しておこう。

タイトルとURLをコピーしました