穴釣り(ブラクリ)

穴釣りとは

堤防に積まれたテトラや捨て石、ゴロタ石などの隙間に仕掛けを落とし、そこに潜む魚をダイレクトに狙う釣りを穴釣りという。対象魚はカサゴ、アイナメの他、ハタ類、ソイ類など根魚全般。
根掛かりが多いため、仕掛けはオモリとハリだけのシンプルなものを使うのが特徴だ。
一見のんびりした釣りにも思えるが、アタリがなければ堤防やテトラの上を移動しながら魚が潜んでいそうな穴へ次々と仕掛けを落とし込んでいく忙しい釣りである。また同じ穴に複数の魚が潜む場合もあり、続けて何尾も釣れることもある。
ビギナー向けにはオモリとハリが一体化したブラクリやブラーを使った釣り方がおすすめだ。

カサゴ・アイナメの穴釣り

シーズンと時間帯

根魚はほぼ一年中狙えるが、真夏の高水温期は若干食いが落ちる傾向がある。カサゴよりアイナメの方が低水温を好み、国内の分布域も北に偏っている。
時間帯は朝夕のまづめ時が最も釣りやすい。魚の活性の高さからいうと夜間もよいが、ポイントを目視しながら攻める穴釣りを夜間に行うのは至難の業だ。安全面においても不安定なテトラやゴロタ場は夜釣りには不向きだ。

仕掛け

仕掛け

初心者には通常の穴釣り仕掛けよりも仕組みがシンプルなブラクリ仕掛けがおすすめ。オモリ自体がヒラヒラと動き魚を誘う「ブラー」も使えるが、不規則に揺れながら落ちるため操作が難しい。ブラーは周りに障害物が少ないところで魚を寄せたいときに使うとよい。

ポイント

テトラ帯やゴロタ場など魚が隠れられる障害物があるところが主な釣り場。浅い干潮時でも完全に干上がらないことが条件だ。
カニやフナムシなどの存在も判断基準になる。こういった生物が多いエリアほどエサがたくさんいるよい釣り場といえる。

ポイント

複雑に積まれたテトラに阻まれなかなか海底までエサを落とすことが難しい。そんなときはケーソンとテトラの隙間を狙ってみて欲しい。

この釣りに必要な道具

竿はコンパクトロッドや短めの万能竿、ルアーロッドなどが使える。リールはスピニングタイプでも竿とセットで安価で販売されている両軸リールでも、ナイロンラインの3〜4号が50m程度巻ければ問題ない。
次々と穴を探っていくので、重いクーラーボックスは機動力の妨げになる。携帯用の小型タイプを用意しよう。

エサ

定番のアオイソメが入手しやすくおすすめ。
魚皮が反射する青魚の切り身やキビナゴ、イカの切り身などもよく使われる。いずれの場合もハリ先を出すと掛かりがよい。

エサの付け方
 ムシエサの場合、頭の硬い部分を切り取って刺し、途中からハリ先を出す。たらしは1〜2㎝ほど。

穴釣りのコツ

まずは釣りやすいテトラ帯から始めよう。不慣れな人の場合、テトラの上に乗ると転倒の危険があるので、ケーソンとテトラの隙間を攻めるとよい。
仕掛けはアタリがダイレクトに伝わるブラクリ仕掛けが最適。目標となる穴を定めたら、エサを付け、リールをフリーにして仕掛けを落とし込んでいく。
道糸がゆるんだらオモリが着底した合図。リールを少し巻いて道糸を張ってアタリを待つ。根掛かりの原因となるので誘いを入れる必要はない。
アタリは「コツコツ」と小さなものからいきなり「ゴンゴン」と竿を叩くようなものまで様々。穴釣りの場合はアタリ=即アワセが基本だ。モタモタしていると根に潜られてしまうので、アタリがあったら素早く竿を立て、リールを巻いて一気にブリ上げる。
同じ穴には複数潜んでいることも多いので、さらに攻めてみる。とはいえ、1カ所にこだわってばかりいても数は稼げないので、数回落としてアタリがない場合は見切りをつけて次の穴を攻めよう。
ケーソンからの釣りに慣れてきたら石積みの堤防やゴロタ場での釣りに挑戦してみよう。
穴釣りは足場の悪い場所での釣りとなることが多い。足場の確認と気象の変化には十分気を配り、安全性を確保しよう。

ポイント

釣れそうな穴を見つけて落とし込む。一度釣れた穴の位置は覚えておこう。次に訪れたときにまた釣れる可能性が高い。

ポイント

テトラは穴釣りの絶好のポイント。水深が浅いところよりも深いところ、潮がゆるむところよりも速いところにある方が狙いめだ。

タイトルとURLをコピーしました