キャストが決まる! ベイトタックルの魅力

ベイトタックルの利点

ショアのソルトルアーゲームでは多くの人がスピニングタックルを使用している。理由はキャストを伴うからだ。ロングキャストを必要とするゲームでは、スピニングリールの方が扱いやすく飛距離も出しやすい。

しかし、ピンポイントを狙うようなコントロールが求められる場合は、ベイトリールの方が使いやすい。サミングによってラインの放出量をコントロールしやすいからだ。ベイトリールにはその他にいくつかのメリットがある。

サミングすることでラインの放出量をコントロールしやすいベイトリールは、キャストでのコントロール性が有利になる。

一つはスピニングリールに比べて巻き上げる力が強いということが挙げられる。大型魚相手にゴリ巻きで寄せるときはベイトリールに分がある。

また、ベイトリールはラインを放出している状態から巻き上げに入るときに余分な動作を必要としない。ハンドルを回すだけでよいのだ。スピニングリールではベイルを起こす作業が必要となり、この一手間でボトムのタッチ&ゴーに遅れが生じてしまう。着底と同時に食ってきたときなどは、この一瞬の遅れが命取りとなる場合もあるのだ。

ロックフィッシュで有利

ロックフィッシュゲームではベイトタックルを好んで使うアングラーが多い。

ショアからのゲームの中でもベイトタックルが好まれて使われるものもある。それはアイナメやハタ類をターゲットとしたロックフィッシュゲームだ。

ロックフィッシュ狙いでは、ゆっくりとボトムを叩くように探っていくことが基本となる。ボトムを頻繁に取るような釣り方では、ベイトタックルがやはり使いやすい。巻き上げるまでの一瞬の遅れが根に張り付かれる原因となってしまうロックフィッシュゲームは、ラインの放出からの巻き上げという動作がスムーズなベイトリールに軍配が上がる。

思い切って投げろ

ベイトタックルをショアで使うときの一番の不安はキャストだろう。そう、ベイトリール独特のバックラッシュという現象が怖くて思いっきりキャストできないというアングラーも多い。また、これが原因でショアからはベイトタックルを敬遠している人もいる。しかし、近年のベイトリールの高性能化はこの不安を無用なものへと変えつつある。

ベイトリールに慣れていない人は、バックッラッシュが怖くて、なかなかフルキャストできないが……..

高性能なブレーキシステムを搭載したベイトリールの中にはPEラインをノーサミングでフルキャストしても、ライントラブルが皆無なものも登場している。

このようなベイトリールでキャストするコツは「思い切って投げる」ということだ。ブレーキシステムはスプールが回転する遠心力を利用して作動するような構造となっている。そのためビビってキャストしてスプールの回転が弱いと、遠心力が働かずにブレーキシステムがうまく作動しない。

初めはブレーキがMAXで効く設定にしておいて、慣れてきてサミングがうまくできるようになってきたら、ブレーキを徐々に弱めていく。ブレーキを弱めに設定すれば飛距離も伸びるので自分の技量に合わせて設定してほしい。

ベイトタックルでのサイドキャスト。

キャストが楽しい

ベイトリールを使う理由に「キャストが楽しい」ということも挙げられる。コントロール性を重視するようなキャストではベイトタックルのほうがピンポイントを狙いやすい。ストラクチャー周辺や潮の切れ目などのポイントを狙ってキャストする状況で、ベイトタックルをきちんと使えれば「キャストが決まる」という感覚を実感できるだろう。またキャストから着底、巻き上げ、ルアーの回収、そしてまたキャストという一連の動作に無駄がなく手返し良く狙っていけるのもベイトタックルならではだ。

タイトルとURLをコピーしました