青物狙いのショアジギング フィールド別タックル&狙い方

ショアから狙える青物として人気が高いのはブリとヒラマサ、サワラ、カンパチといったところで、身近な堤防やサーフからも狙うことができますが、磯なら、より大型に出会うチャンスがアップします。

また、青物は群れで回遊してくるので、情報収取が重要です。釣具店や船宿の情報をいつもチェックして釣果が上がりだしたようであればいつでも出撃できる準備をしておきましょう。

堤防から狙う

足場が安定しており、足元が垂直に切り立っている堤防では、魚の取り込みにほとんど問題がありません。また、大型を望める可能性は低いのでライトなタックルで挑んだほうが楽に釣りが楽しめます。ショアジギングロッドのライトなモデルが扱いやすいですが、シーバスロッドやエギングロッドでも代用できます。ただ、釣り人が多い場合は、走られたときに止めれないようなタックルでは周りに迷惑を掛けてしまうので、ある程度パワーのあるロッドが必要になるでしょう。使用するメタルジグは30g程度がメインとなり、重くても50gくらいまででカバーできるパターンがほとんどなので、それらをキャストできるロッドを使用しましょう。ラインはメタルジグの重量やロッドの強さに応じてPE1〜1.5号をチョイスしましょう。

サワラは身近な堤防でも狙いやすいショアジギングの人気ターゲット。

堤防では周囲の邪魔にならない程度に扇状にキャストして広く探っていきたいところです。疲れたらロッドを置いて休んでいても構いません。回遊がなければ釣れる確率は限りなく低いからです。周りの様子をよく観察して、だれかがヒットしたようであればすかさずキャストを開始すればよいのです。

サーフで狙う

砂浜、砂利浜、ゴロタ浜といったサーフも有望な青物ポイントです。特にブリやサワラはサーフにもよく入ってきます。

サーフも有望な青物ポイントです。

サーフで釣りをする場合、移動しながらポイントを探していくというパターンが基本となるので、手に持つ荷物はなくして、必要なアイテムは全て身に付けてロッドを持っただけの状態で挑みましょう。

サーフで釣果を上げるためには遠投が重要な要素となります。そのためロッドは多少長めのもので挑むのが定番ですが、サーフで長いロッドを使う一番の理由は足場が低いからです。波にラインを取られないように少しでも高い位置から操作する必要があるのです。ロッドは10ftクラスが扱いやすいでしょう。

また、波がある場合はボトムタッチが分かりづらくなります。シャクっていてもメタルジグが海中でどうなっているのか判断しづらいことも多いです。そのため堤防よりは多少重めのメタルジグが使いやすいでしょう。とは言っても40〜50g程度で十分です。

波が高いときでも着底がわかる重量のメタルジグを使いましょう。

ラインはメタルジグの重量に合わせて、堤防よりも気持ち太めのPE1.2〜2号くらいがよいでしょう。

ヒラメのなどのフラットフィッシュを狙う場合と異なり、青物の場合は基本回遊待ちとなります。10〜15mずつ移動しながらキャストを繰り返すとよいでしょう。波打ち際にイワシなどの小魚が打ち上げられている状況であれば確変到来です。迷わずキャストを繰り返しましょう。

水深が浅い場合はシャクるよりもタダ引きで誘うのがよいでしょう。ブリがターゲットの場合、速巻きが有効です。サワラの場合は必要以上に速く巻く必要はありません。

磯で狙う

磯はルアーフィッシングでも非常に魅力的なフィールドです。特に渡船で渡る沖磯は魚影が濃く、大型が狙えます。しかも一つの瀬に大人数を乗せることはないので、他に邪魔されることなく仲間内だけで釣りを楽しめます。また、その雄大な風景は非日常的なもので、磯に立つだけで気分は高揚するものです。

磯ではヒラマサなど大型の青物が期待できます。

磯でターゲットとなる青物はブリ、ヒラマサ、カンパチといったところです。ブリやヒラマサはときとして1m超えに出会えることもあるため、タックルはそれなりにパワーのあるものが必要になります。

流れが速く水深もある沖磯ではメタルジグは80〜120g程度のものがメインとなり、ロッドはそれに対応したものが必要となります。使用するラインはブリであれば2〜3号。ヒラマサなら4〜6号くらいが標準となってくきますが、とりあえず4号をチョイスすれば広く対応できます。ガチで1mオーバーのヒラマサを獲りにいくなら6号以上欲しいところです。8号をチョイスする人もいます。ラインブレイクで短くなることも考慮して最低200mは巻いておきましょう。

磯で青物を狙う場合、最初にどこで取り込むかを確認しておきましょう。大型のランディングネットがあっても一人で取り込むのは難しいです。ズリ上げできるような場所があればズリ上げたほうが確実です。

沖磯でも基本は回遊待ちとなります。釣れるときはどこにキャストしても釣れるものですが、魚が通るルートをイメージしてポイントを絞るとよでしょう。

本流が流れる内側が狙い目です。

本流が磯先をかすめるような場所では遊泳力の弱い小魚は潮流の分厚いカーテンを抜けることができません。そのため、潮流の境目にベイトが溜まりやすくやすくなっています。また、湧昇流ができているような場所にもベイトが溜まります。そのような場所にはとりあえずメタルジグを通しておきましょう。磯場では岸際近くは根が荒くなっていることが多いので、あまり近い場所でボトムを取ると根掛かりの原因となります。メタルジグは早めの回収を心掛けましょう。

大型のターゲットが望める磯ではダイビングペンシルを使用したプラッキングも高い釣果が見込めます。ジギング・プラッキングはセットで考えるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました