沖磯のショアから狙う! イサキ

ショアから狙う

イサキはショアからも狙えますが、釣れる場所が限られます。それはズバリ磯です。中でもやはり沖磯へ渡るとグッと釣果は高くなります。

沖磯を楽しんでいるのはエサ釣り師だけではないし、ルアーマンでもヒラマサやヒラスズキを狙うアングラーだけではありません。ロックフィッシュブームが後押しして沖磯へ渡るルアーアングラーも近年増加しています。ルアーマンももっと気軽に沖磯を楽しんではいかがでしょう。もちろん、安全装備と最低限の知識は必要となります。ほとんどの場合、利用しようとする渡船に問い合わせると親切に教えてくれるので「初めて」ということを伝えればよいでしょう。

広く探ることが重要

ショアからルアーでイサキを狙う場合は、広範囲を探っていく必要があります。扇状にキャストしてなるべく広い範囲にルアーを通していきましょう。また、潮がヨレている場所や本流が磯先をかすめていっているような場所の内側は、ベイトが溜まりやすくなっているので必ずルアーを通しておきたいものです。

流れ方が変わっていたり、泡が溜まっていたりする場所が潮がヨレているポイントです。

探るレンジの基本は中層以下です。イサキは根周りに生息しているので、ボトムに近いレンジを探っていく必要があります。

タックルと狙い方

ロッドは50g前後のルアーをキャストできるものがよいでしょう。ショアジギングロッドのMLクラスがだいたいそれにあたります。PEラインは1.5号、リーダーはフロロカーボンの7号くらいがよいでしょう。

使用するルアーはフラッシング効果が高く、遠投が可能なものがよいです。それらに該当するのはスピナー(スピンテール)とメタルジグです。

スピナー

スピナー(スピンテール)

メタル製のボディでサイズの割には重量があり、テールにブレードを備えています。引くとこのブレードがクルクル回って、小魚のようにキラキラと光ります。このフラッシング効果でイサキを寄せる効果が抜群です。ブレードの威力は絶大で、タイラバやメタルジグ、ソフトルアーなど、さまざまなルアーでブレードを装着することにより釣果をアップさせています。

スピナーの使い方は簡単です。基本的には「投げて巻く」だけでOK。ただ、イサキの場合探るレンジを意識しなければなりません。キャスト後にカウントダウンして、ある程度沈めてからラインを巻き始めるようにするとよいでしょう。

スピナーでの誘い方。

また、タダ巻きにストップを入れるのも効果的です。ラインを引くのを止め、テンションフォールの状態にするとスピナーはブレードが回りながらゆっくりと水平フォールしていきます。これは数あるルアーの中でも最強レベルにアピール力が高いフォールです。テンションフォールでは沈むスピードは想像以上にゆっくりなので、しっかりとフォールの間を作ってターゲットにアピールしましょう。

ただし、沈め過ぎには注意が必要です。ほとんどのスピナーは前後にトレブルフックを装着しています。ボトムタッチさせた場合は根掛かる可能性が大幅に高くなるので気を付ける必要があります。

メタルジグ

フラッシング効果もそれなりに高く、なにより遠投が効くルアーとして磯場で頼りになるのがメタルジグです。あまり速いシャクリは必要としないので、形状は細身のロングタイプ以外であれば何でもよいでしょう。なるべくシルエットがコンパクトなもので重量は30〜50g程度が使いやすいです。

イサキ狙いに合うメタルジグ。

これぐらいのサイズのメタルジグであれば、フックが標準装備されているものが多いです。そのままでも問題ありませんが、フックがフロントのみの場合はテイルにも追加したほうがフッキングがアップしやすいです。ただし、磯場で使う場合はトレブルフックではなく、アシストフックを装着したほうが根掛かりを軽減できます。使用するフックはフラッシング効果の高い平打ちタイプがベターです。

誘い方は基本のワンピッチ・ワンジャークをベースにフォールをしっかりと演出できるスロー系の大きなジャークを組み合わせるのが効果的です。ゆっっくりとしたペースでシャクりながら、ときどきテンポを変えるようにロッドが垂直になるような大きなジャークを入れます。その後のフォールはフリーフォール、テンションフォールどちらでもよいのでいろいろと試してみるとよいでしょう。

また、中層をタダ巻きするのも効果的です。この場合はキャスト後にカウントダウンしてある程度沈めたら、1回転/秒くらいのスピードでラインを巻いていきます。10〜15回転くらいしたらテンションフォールでまた少し沈めるを繰り返すとよいでしょう。ときどきトゥイッチを入れるとフラッシング効果が高まりアピールへと繋がります。

タイトルとURLをコピーしました