ショアラバでマダイを狙う!

タイラバなどのオフショアフィッシングブームでマダイは船で釣るものというイメージが強くなっていますが、ショアからも狙えます。オフショアで確立されたマダイ狙いのルアーやメソッドとは若干勝手が違ってきますが、確実にショアからでも使えるのです。

狙う場所

堤防であれ、磯であれ基本的に潮通しの良い場所というのがマダイ狙いの条件となります。

そしてできるだけ水深が深い方がよいでしょう。とは言ってもショアからの場合だと、ルアーが着水した場所で30mもあればかなりの深場だと呼べます。

波止や磯など、ショアからでもマダイは十分に狙えます。ポイントとなるのは水深と潮通し、ベイトの有無となります。特に沖磯は水深が深く、潮通しも良いのでショアマダイの好フィールドとなっています。

また、ルアーフィッシングの場合は、ベイトの有無というのが釣果に直結します。ベイトが甲殻類の場合はなかなか地上から目で確認することは難しいですが、ベイトフィッシュとなるイワシなどの群れを確認できるような場所はかなり有望だと言えるでしょう。

タックル

ショア用のルアーロッドではいろいろなターゲットの専用品がラインアップされていますが、残念ながら、今のところショアマダイ専用ロッドというのはありません。そこで他のものを流用するかたちとなりますが、使用するルアーの重量を考慮すると、ショアジギングロッドかシーバスロッドが使いやすいようです。

使用するルアーの重量に合わせて30〜60g程度のものが使えるものを選べばよいでしょう。やや強めのシーバスロッドか、ややライトなショアジギングロッドというのがこれに当てはまります。

ラインはルアーの重量やロッドの強度、さらに釣り場のシチュエーションに合わせてPEの1〜2号を選びましょう。

例えば波止で狙うなら、水深はそれほどないし潮流もそこまで速くはないのでルアーは30g程度、障害物も少ないのでラインは1号とするとロッドはシーバス用のMLクラスくらいとなります。

沖磯などで流れが速く、水深もある場所ならルアーは60gくらいで、ロッドはその重量をキャストできるショアジギングモデルのML〜Mクラスとなります。ラインは強度的には1.5号で問題ないですが、根ズレ対策として2号でもよいでしょう。またラインの号数は、ロッドの強さに合わせて選んでもよいです。ラインは最低150m、できれば200m巻いておきたいのでリールはそれを巻けるものをチョイスすればよいでしょう。

重量のあるルアーをキャストできるショアジギングロッドであれば、オフショアで使っている100g前後のタイラバでもショアで使えます。

オフショア用のタイラバはもちろんショアでも使えます。またキャスト専用のモデルも各社からラインアップされているので、ショアからの場合はそれを使うのが無難でしょう。

通常のタイラバとキャストモデルの違いはヘッドの形状にあります。

キャスト専用モデルはヘッド自体が安定してスイムするような形状となっています。また、ウォブリングなどのスイムアクションを有しているものもあり、キャストしてルアーを横方向へ引くショアからの釣りでは有利になります。

ヘッドの重量は水深やタックルの強さに応じて30〜60g程度のものがメインとなります。波止から狙う場合は多少水深のある場所でも30g程度で十分でしょう。

狙い方

釣り方はフルキャストするということ以外は、基本的にオフショアと変わりません。ボトムタッチを確認したら素早くラインを巻き始めます。基本はタダ巻きで問題ありません。

マダイは水圧の変化が生じる縦方向への移動は嫌いますが、オフショアと異なり、ルアーが横方向へ移動するショアの場合はリトリーブスピードは速くても問題ありません。ゆっくり巻けば、ルアーがボトムをトレースして、速く巻けば浮き上がってくるので、状況を見ながらさまざまなリトリーブスピードを試してほしいですが、基本となるのは等速巻きです。

基本的にマダイはボトムの方にいるので、ボトム〜中層あたりにルアーを通していくイメージで探っていくとよいでしょう。

ただし磯場などはあまりボトムを意識しすぎると根掛かりの原因となるので注意しましょう。また、ある程度の速さで巻いて、ルアーが浮いてきたらフォールしてボトムタッチさせ、再び巻き始めるというのを繰り返すのも効果的です。

あまりにも根掛かりが多くてルアーのロストで心が折れそうなときは、ヘッドに鉛製のオモリを使用するとコストパフォーマンスが抜群です。

形状はさまざまなものがありますが、球型のものがどこの釣具屋でも手に入りやすいです。鉛の無機質な表面がやる気を起こさせないのなら、一度中性洗剤で洗ってからマニュキュア(百均で入手可能)のラメカラーなどを塗るとよいでしょう。

ルアーが横方向へ移動するショアタイラバの場合、アタリは明確にガツンと出ることが多いです。アタリがあった場合は即アワセを基本としましょう。

なお、インチクでもほぼ同じような釣り方ができるのでこちらで狙ってみるのも面白そうです。

タイトルとURLをコピーしました