ミャク釣り<川池>

ヤマメ・イワナ狙いのミャク釣りとは

渓流域に生息し性質は俊敏、獰猛ながら警戒心が強く、危険を感じると半日以上も岩陰に身を潜めていることもある。反面、エサに対してはどん欲で、ムシ類以外にもトカゲや小鳥を襲う姿が見られることもある。
ミャク釣りは川魚全般に対応可能で、魚のサイズに合わせて竿の太さ、釣り糸の太さを替えればよい。

仕掛け

ミャク釣り仕掛け

釣り方のコツ

川の流れを読み自然にエサを流すと魚が居れば何らかの反応が見られるはずだ。
川は下流から上流に向けてポイントを探しながら釣り上がる。ポイントに近づくときは影を水面に映さないよう太陽を背にしないことや姿勢を低くするなど、魚を驚かせないような気遣いとアプローチが必要だ。
まず狙うべきは川底。ポイントの上流に仕掛けを入れ、オモリが底を這うようコントロールしながら仕掛けを流す。この流し方が自然と同調するようにうまくいくとヤマメはすぐに食いついてくる。
捕食ポイントは川の流芯と弱い流れの境目。ここに隠れ家となるような岩があれば好ポイントである確率は高い。

仕掛けの流し方

 目印でアタリと水深、流れる速さを見ながら、底をツケエが離れないように流す。
 常にオモリが底を叩くように心がければ、ツケエが浮き上がることはない。

エサは現地調達も可能

購入しやすいのはイクラやブドウムシ、濁ったときに有効なミミズなど。しかし食いがいいのは普段捕食しているチョロムシやクロカワムシなどだ。市販されてないこれらのムシは現地調達が基本。瀬にある大きめの石をひっくり返して採取する。

エサの付け方

アタリは目印で取る

目印が大きく引き込まれたり流れに対して不自然な動きをしたらアタリの合図。ここでのんびりしているとエサだけを取られてしまうので、すぐに手首を返して小さく鋭いアワセを入れよう。

アタリのとり方

流れるツケエを見て用心しながら食うと、自分のすみ家よりも少し下流で食うため、食ったあとは反転して戻る。この不自然な動きを見逃すとエサを取られてしまう。
アワセは素早く手首のスナップで行う。

ガン玉の調整

川の流れは表層と底層で速さが違っていることが多い。通常は表層の方が速いので、仕掛けが底に入っていれば目印は表層の流れよりもゆっくり動いているはずだ。
つまり、目印が川面に落ちた葉っぱなどと同じ速さで流れるようなときは、仕掛けが底に入っていないということ。こんなときは仕掛けを入れる場所や流し方を変えたり、ガン玉を重くしたりという調整が必要になる。
対して、仕掛けを流しているときに根掛かりが頻発したり、ごつごつと引っ掛かったりしながら流れるときはガン玉を軽くする。ガン玉は通常ハリから30㎝ほど上に打つ。逆に流れないほど重いオモリを付けて止め釣りをするのも、すみ家付近では有効だ。

タイトルとURLをコピーしました