五島列島ポイント解説/宇久島・沖ノ瀬 看板下・デベソ・スベリ

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

沖ノ瀬は、昔イシダイの飼い付け漁をしていた所で「一般の釣り人は釣り禁止」の看板があった。沖ノ瀬西岸の看板下は、その名ごりで付けられた名前で、イシダイは下げ潮を狙う。

看板下は海底がカケアガリになっているため、竿2〜3本投げてかけ落ちの所を狙う。水深は20m以上あり、底根が荒いせいか根掛かりが多い。5〜7月は4〜5kg級の大型が出る。

デベソは下げ潮が本命で、上げ潮の反転流が入って来るときもチャンス。足場が狭いのが難点だが、イシダイの実績は多い。

スベリは足場が高く、足下はかなりの角度で急斜面となっている。このため上物の取り込みにはヘルプが必要。イシダイは上げ潮のみで竿2本位投げて海溝を釣る。6〜7月は、朝まづめに日陰ができるのでしのぎやすい。2〜4kg級がコンスタントに上がる釣り場。イサキは初夏、マダイは春先と晩秋に数、型が狙える。

タイトルとURLをコピーしました