五島列島ポイント解説/江ノ島・黒島

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

黒島のイシダイは、東のハナの実績が最も高く、10〜12月にかけて2〜3㎏級を主体に5㎏クラスがけっこう出ている。ハナの先端部をかすめて沖へ出て行く上げ潮が本命で、竿2本程度投げてそのまま落とし込む。

上物のマダイ、イサキ、グレもこの潮目を流して釣る。マダイ、イサキは、南側のワンド内も良く、上げ潮の反転流と、下げ潮を狙う。

北のハナレは、下げ潮が正面から当たって来るため、30mほど遠投して釣る。イシダイの型は2〜4㎏級。ここも10〜12月にかけてが良く、5〜7月には小型の数釣りができる。
西のハナは、底が見えるほど浅く、下げ潮は川のように流れる。上物のグレ、イサキ、マダイは下げ潮の潮目を流す。ウキ下は竿1〜1.5本。

グレはシケ気味の日にワンドないでもキロ級が出る。上げ潮は、かなり沖を流れるので、50m以上の遠投が必要。マダイは10〜11月にかけて2〜5㎏級が出る。

タイトルとURLをコピーしました