五島列島ポイント解説/江ノ島・金頭瀬(きんとうぜ)

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

全体的に水深に乏しいが、上げ、下げ共に潮通しは抜群。

イシダイは春・秋ともに良く、11〜12月に5㎏オーバーの大型が出る。本命は水タマリ、横瀬などでいずれも上げ潮時に足元を狙う。

グレは各釣り座から狙え、沖へ出る潮を攻める。 12〜1月は500〜800gの数釣り、3〜4月は1キロオーバーの良型が交じるもののムラがある。

また、カゴ仕掛けでのマダイ、イサキも魚影が濃く、10〜11月にかけては3〜6㎏のマダイが数釣れる。

3〜5月は、サラシのある日にルアーでヒラスズキの3〜7㎏級が頻繁にアタる。

なお、一帯のハナレ磯は、どれも低いので、北〜東の風がある時は上礁できない。南からのウネリにも弱い。

タイトルとURLをコピーしました