五島列島ポイント解説/宇久島・ひいノ鼻、倉鼻

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

宇久島のひいノ鼻は上げ、下げ共に潮切れが良く上物、底物ともに大型の実績が高い。

北向きの鼻一帯の足元に海溝が入っており、水深は12〜14m。イシダイは下げ潮が本命だが、上げ潮の回り込み潮でも狙える。

マダイ、イサキ、ヒラマサは秋〜晩秋にかけて潮目を流すと良いだろう。グレは2〜4月の多少波立つ日に、ひいノ鼻と倉ノ鼻の間で1〜1.5kgの良型が数釣れる。

タイトルとURLをコピーしました