五島列島ポイント解説/宇久島 ヘタの瀬

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

一等席は、上物、底物共に両潮狙える最高の釣り場。

イシダイは、宇久島の中でも最も早くシーズンインし、4月にイシダイの3㎏級が出た後、5月に5㎏が集中するのが例年のバターン。6〜7月は2〜3㎏級が主体だが数釣りが楽しめる。

上げ潮は馬の瀬向きの先端部より竿を出し、下け潮は潮流が速くなると 釣り辛いので、やや内側に移動する。下げ潮の大きな反転流が生じるときは 東岸中央部での実績が高い。

また西岸のワレがある釣り座からは、下げ潮、もしくは上げ潮の反転流を狙い、足元から沖へ延びる海溝を攻める。ここでは、上げ潮の反転流が下げ潮と同じ動きを見せるときにキロオーバーのグレが期待できる。

南岸一帯は、ゴロタ石の浅場でグレ、ヒラスズキが多い。グレは2〜4月にかけて800g級を主体にキロオーバー交じりで数釣りが可能。

ヒラスズキは3〜5月までがベストシースンで5〜8㎏級の大型が出る。サラシのある日がチャンス。

マダイ、イサキは潮流が速いのでウキ下を深めにし、潮のヨドミでマキエを効かせて釣るのがコツ。

タイトルとURLをコピーしました