五島列島ポイント解説/江ノ島・魚瀬(うおぜ)

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

魚瀬一帯は沖が深く、瀬周りがカケアガリで急激に浅くなっているため魚影が大変濃い。

上げ、下げ共に潮通しが良く、イシタイは上げ潮を釣る。魚瀬の西、魚瀬の東ともに4〜5㎏級の実績がかなりあり、魚瀬の西は江ノ島の中でも水深があるポイント。10〜12月にかけてもっとも実横が高い。

上物のグレは、北向きのカケアガリがポイント。500〜800gが主体で春先にキロ級が交じる。マダイ、イサキは魚瀬のハナレが特級ポイント。

横流れの上げ潮で800〜1kg級のイサキ、2〜5㎏級のマダイが数出る。なお、10〜12月にかけてはヒラマサ、ブリ、カンパチの5〜5㎏が回遊。3〜5月は3〜7㎏のヒラスズキ。双方ともカケアガリの北側で狙う。

タイトルとURLをコピーしました