五島列島ポイント解説/江ノ島 小瀬(こぜ) 小瀬のハナレ

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

上げ、下げ共に潮通しは大変良い。

イシダイは、小瀬、小瀬のハナレ共に上げ潮が本命で、いずれも竿2本程度投げて足元を釣る。水深が5~7mほどで非常に浅いが、一帯のイシダイは潮によって入ってくるので辛抱して釣ること。潮止まりにアタることが多い。

2~3㎏級が平均的な型で、小型が釣れるときは数が出る。夏~晩秋にかけての実績が高い。

グレは各釣り座とも潮によってポイントを変え、沖へ出る潮流を攻めること。500g~1㎏が主体で春先に1㎏オーバーが交じる。

マダイ、イサキはカゴ釣り。秋~晩秋にかけて数、型共に狙える。マダイは10~11月に小・中型を主体に5㎏オーバーも出る。

なお、10~12月に3~5㎏級のヒラマサやブリ、3~5月は大型のヒラスズキがルアーにヒットする。

タイトルとURLをコピーしました