キス釣りの外道もうまい メゴチの天ぷら

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

キスに交じって釣れたメゴチ。キスより食べられる部分は少ないものの、あまり釣れないときはメゴチも立派なおかずになる。

スポンサーリンク

作り方

塩をかけて揉み、ヌメリを取る。背ビレから包丁を入れ、首の部分まできたら垂直に骨を切る。このとき切り離さずに皮を残す。

メゴチの天ぷら

そのまま頭部と身を持ってソーセージの皮を剥くように引くと、メゴチの皮が綺麗に剥がれる。

メゴチの天ぷら

尻尾まで剥いたら引き切る。

メゴチの天ぷら

中骨を包丁で切り取る。

メゴチの天ぷら

中骨を取ったところ。小さなメゴチは少し捌きづらい。包丁よりもナイフを使用したほうが捌きやすい。

メゴチの天ぷら

上がメゴチで下がキス。身はキスの方が多く取れる。

メゴチの天ぷらとキスの天ぷら

見た目はあまり良くないが、食べるには充分。キスに比べてマゴチは淡白なので、天つゆで食べるのがおすすめ。

揚げ物をさらに楽にするアイテム
富士ホーロー 天ぷら鍋
富士ホーロー(Fuji Horo)
¥3,771(2024/02/24 00:16時点)
バットとスノコ網付きなので、揚げたものの置き場所に困らない。着脱可能なクリップタイプ、丸洗い可能な防水型温度計が付いていて便利。
富士ホーロー オイルポット
富士ホーロー(Fuji Horo)
¥3,465(2024/02/24 00:16時点)
手軽に使えるスリムでコンパクトなオイルポット。ステンレスフィルター(粗目・細目)を使用。場所を取らない、取り回しが楽で便利。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました