チヌの海塩包み焼き

クロダイの海塩包み焼き07

豪快で簡単な料理。海塩の中から、旨味を凝縮したチヌが歓喜と共に姿を現す。ビール通のお父さんにも嬉しい1品。

材料(2人分)

チヌの身・・・・・・・・・・・1尾分
粗塩・・・・・・・・・・・・・・・1kg
卵白・・・・・・・・・・・・・・・1個分
レモン・・・・・・・・・・・・・・1/2個
プチトマト・・・・・・・・・・・・1個

材料

チヌの海塩包み焼き02
材料

作り方

①塩を作る
チヌの海塩包み焼き03
パラパラになるまでよく混ぜる。

ボールに粗塩(1kg)と卵白(1個分)を入れ、パラパラになるくらいまで混ぜる。

ボラ太
ボラ太

『ワンポイント』
チヌの腹に香草と新鮮な野菜を入れておくと、さらに美味しくなるよ。

②塩を塗る
チヌの海塩包み焼き04
きれいにチヌが隠れるまで粗塩を塗る。
チヌの海塩包み焼き05
きれいにチヌが隠れるまで粗塩を塗る。

耐熱食器の底に薄く粗塩を敷きチヌを乗せた後、チヌがきれいに隠れるまで粗塩を塗る。

③グリル(オーブン)に入れる
チヌの海塩包み焼き06
オーブンに入れた後は、10分くらいで焼け具合をチェックする。オーブンへの出し入れの際、火傷には十分注意。

180℃で焼き、10分くらいで一度焼き具合をチェックする。表面がキツネ色になっていればOK。

④チヌを取り出す
チヌの海塩包み焼き07
表面の塩は、かなり硬くなっているのでハンマーを使うと簡単に割れる。

硬くなっている表面を割り、チヌの皮が剥げないように優しく塩を取り除く。

⑤盛りつけ
チヌの海塩包み焼き01

チヌの身だけをきれいに取って皿に乗せ、トマトと香草で飾り、最後にチヌの皮とレモンを添えれば出来上がり。

タイトルとURLをコピーしました