淡水の魚

アユ

北海道南部から全国各地に分布する。年魚とも呼ばれ基本的に一年と短命である。おもに川底のコケを主食とし条件によっては川虫も捕食する。友釣りが有名。
淡水の魚

ウグイ

沖縄県を除くほぼ日本各地に分布する淡水魚。ウグイの婚姻色は腹側に赤帯が現れることから「アカハラ」の別名もある。雑食性で、虫や魚卵なども好んで食べる。
淡水の魚

オイカワ

利根川と信濃川以西の本州各地、四国の吉野川水系、九州に分布する。河川の中〜下流の平瀬や淵、湖の岩場に生息しており、繁殖力が強い。
淡水の魚

コイ

マゴイ、ヤマトゴイ、ジゴイと呼ばれている。全国各地の河川や湖沼で繁殖している。上顎に2対4本のヒゲがあり、エサを発見するのに役立っている。寿命は30〜40年と長く、まれに70年を超える個体も存在する。
淡水の魚

テナガエビ

北海道を除く全国各地に分布。分類学体にはザリガニなどとは一線をひく。鋏脚という長い腕が特徴。縄張り意識が強く、ほかの個体と争うことも多く共食いもする。
淡水の魚

ニジマス

上、中流域の水温12度以下の冷水で流れが速く酸素を多く含む環境に生息するが、温度変化への適応力も強い。焼き、ムニエル、唐揚げ、燻製などがポピュラー。また、管理釣り場の養殖ニジマスは寄生虫の心配がないため、刺し身、寿司などにして食べられる。
淡水の魚

ヤマメ

体にパーマークと呼ばれる楕円形の斑紋があるのが特徴。清らかな冷水を好み、夏でも20℃を超えない渓流エリアに生息している。エサ釣りの他にも、ルアー釣り、フライフィッシングや、日本独自のテンカラ釣りなどでも狙われている。
淡水の魚

ブラックバス

日本では主にオオクチバス(ラージマウスバス)を指してブラックバスと呼称する場合が多いが、本来はコクチバス(スモールマウスバス)の幼魚期の体が黒いことからブラックバスと呼ばれるようになった。また、他にもフロリダバスが日本には存在している。
淡水の魚

ワカサギ

阿寒湖、松原湖、棒名湖、高滝湖富士五湖、諏訪湖などが有名な釣り場。本来は海水魚。冬から春にかけての産卵期に淡水域で産卵する。
タイトルとURLをコピーしました