寒くなれば楽しみが増すワカサギ釣り

ワカサギ釣り

ワカサギといえば、凍った湖の上で穴を開けて釣るシーンが冬の風物詩として有名ですが、実はそれ以外にも、ドーム船や屋形船、レンタルボート、そして桟橋や陸っぱりからも狙えます。

また、ワカサギは富栄養化などの水質悪化に強く、各地の湖やダムに移植されているため、北海道、東北をはじめとして、あまり知られていないのですが四国や九州・山口県でも釣ることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本の釣り方

ワカサギ釣り

ワカサギは一定のタナを回遊するため、そのタナを探ることが優先されます。エサを付けたら静かに仕掛けを落とし、オモリが底に着いたら10㎝ほど巻き上げます。そして軽く手首を返すようにチョン、チョンと竿を動かします。こうすることによって、魚の食い気を誘いながら狙います。

底付近でしばらく待ってもアタリがなければ、1mほど巻いて再度誘いを繰り返します。この繰り返しでタナを探っていきます。そして、魚がいるタナがわかったら、道糸に目印を付けるなどして、そのタナを集中的に狙います。

仕掛けにワカサギが掛かると竿先にブルブルと小さなアタリがでるので、あわてずに軽く竿をあおってゆっくりと巻き上げましょう。

この時、注意がいります。口元が弱いので強くアワせたりあわててリールを巻くと、ハリから外れてしまいます。また、ゆっくり巻き上げることで同じタナでの2尾目、3尾目を食わせる可能性も高まります。速く巻くよりも確実に数を伸ばせるのです。

エサ

ワカサギ釣り

エサはベニサシやサシ、アカムシ、ラビットなどを使います。基本的に1匹のチョン掛けですが、食いが渋いときはエサを半分にカットすると断面からエサのエキスが流れだして食い気を誘います。ただし、この場合はエサ持ちが悪いため、こまめなエサの付け替えが必要です。カットしなくてもこまめにチェックして、次々と新しいエサに交換していきましょう。古いエサよりも新しいエサの方が釣れるのは間違いありません。足止めするためにはマキエも有効です。

胴突き仕掛けが有効

ワカサギ釣り

体長10㎝に満たない小さなワカサギの繊細なアタリを捉えるために、竿はできるだけ軟らかいものを使用します。ボートや桟橋からは1〜2mのものが扱いやすいです。リールは小型のスピニングリールか両軸リール。道糸は0.6〜1号のナイロンまたはフロロカーボンラインがよいでしょう。

仕掛けは7〜14本のハリが付いた市販品を使います。初心者のうちは仕掛けの絡みなどのトラブルを防ぐために、ハリの少ないものを選んだ方が無難でしょう。手返しのスピードアップにも繋がります。

穴釣り仕掛け

ワカサギ釣り

穴釣りや屋形船で足下に仕掛けを落とす場合は、長い竿だと邪魔になるため、20〜40㎝ほどの短い竿を使用します。

リールは小型の両軸タイプかワカサギ専用電動リール。近年は大手メーカーからも続々と電動リールが発売され、手頃な価格で手に入るようになってきました。初心者には釣れたタナがすぐ分かるタナカウンター付きがおすすめです。

竿が短いため、全長が2mもあるような長い仕掛けは扱いにくいので、50〜90㎝の短めのものを選びましょう。

その他氷上穴釣りで必要な道具

釣果を伸ばすコツ

ワカサギ釣りは「手返しの釣り」とも言われています。手返しを早くすることによって、グンと釣果に差がつくからです。

手返しを早めるには、魚をいかにうまく外すかにかかっています。ワカサギは口元がもろいので、軽く引っ張るだけで外れます。他の魚のようにハリを抜く必要はないのです。魚を外したら素早く再投入して次を狙います。特に釣れているときは多少エサが外れていても気にせず仕掛けの投入を優先しましょう。釣れているときは空バリでも掛かってくることが多いからです。食いが止まったと感じたらエサを付け直せばよいのです。

ワカサギは小さな群れを作って回遊する性質があります。釣れるチャンスを逃さないように集中して数を稼ぎましょう。2ケタ釣りは当たり前、できれば3ケタに挑戦してみてください。

釣ったあとのお楽しみ

ワカサギ釣り

鮮度が落ちやすい魚なので、釣りたてとスーパーで売っているものとは別物に思えるほど味が違います。

新鮮なワカサギを味わえるのは釣り人の特権なのですから、鮮度を保ったまま持ち帰る工夫をしましょう。

穴釣りの場合は冷蔵庫よりも気温が低いのであまり気にする必要はありません。ボート釣りの場合は釣っている間に鮮度が落ちないように、一旦水を張ったバケツなどで泳がせておき、数がたまったら水にふれないようにビニール袋に入れ、氷を入れたクーラーで氷締めしましょう。

タイトルとURLをコピーしました