メタルジグの形状別使い方

メタルジグはその形状によってそれぞれアクションが異なってくる。基本となるのはバランスで、フロントバランス、センターバランス、リアバランスというがあり、それぞれ異なった動きをするが、シャクリ方というのはバランスによってほとんど区別はしない。ここではバランスよりも、実際の見た目の形状に合わせたシャクリ方やアクションの違いについて解説していきたい。

スタンダードタイプ

現在販売されているショアジギング用のメタルジグで一番スタンダードなのがこのタイプだ。やや細身のボディにセンターバランスというのが共通事項となっている。最も扱いやすいタイプで、4〜6面で構成されたボディデザインがさまざまな方向から水流を受け、イレギュラーなアクションを起こしやすい。このデザインとセンターバランスの相乗効果がヒラヒラと複雑なフォールアクションを生み出し、効果的にターゲットにアピールする。また、細身のボディが生み出す引き抵抗の少なさで、どのようなロッドアクションにも柔軟に対応できるのが特徴だ。

ハイピッチであれ、スローピッチであれ、タダ巻きであれどのように使ってもジグ自身のアクションでターゲットにアピールしてくれる優れものだ。

スリムタイプ

ジャカジャカ巻きのように、速いピッチのシャクリで威力を発揮するジグで青物狙いのときに重宝する。細長い形状というのが必要条件で、厚みなどはあまり気にする必要はない。求めるのは引き抵抗の少なさだ。長時間の速いシャクリにも体力的な負担が少なく、キビキビとしたアクションを演出できるものがよい。比較的フォールスピードが速いのでボトムタッチが分かりやすいということも特徴として挙げられるだろう。

フラットタイプ

フラットな形状の中でも厚さの薄いもので解説したい。特にヒラヒラとしたフォールが特徴で、フォールスピードも比較的ゆっくりだ。フォールの間をしっかりと作ってやることが操作のキモだろう。ややスローなテンポのワンピッチ・ワンジャークからスローピッチジャークで効果が高いタイプといえる。ただ、この形状ゆえ、飛距離が比較的出にくいものもある。岸壁際などの足元を攻めたり、やや近距離を丁寧に探るのに向いているといえるだろう。

リーフタイプ

もともとスロージギングのために開発されたメタルジグでゆっくりとしたフォールを演出してやることで真価を発揮する。幅広のボディが水流を受けてスライドしたり、ヒラヒラとゆっくりとフォールしたりとイレギュラーな動きをしやすい。引き抵抗が大きめなので速いピッチのシャクリには向かないので使い分けをきっちりとしたい。また、リアバランスとなっているものも多く、そういったタイプはキャストで飛距離も出しやすいも特徴となっている。リーリングするとゆっくりとお尻を振りなが泳ぐのでタダ巻きでも釣果を得ることが可能だ。

スイミングタイプ

厚みがかなりあり、ペンシルのような形状をしているもが多い。このタイプはタダ巻きで効果を発揮するようにウォブリングやローリングなどのアクションが与えられているものが多い。もちろん、シャクってアクションさせても問題ない。フリーフォールでは比較的フォールスピードが速いが、テンションフォールさせると、ゆっくりと水平フォールしやすいため、弱ったベイトが沈んでいく様子をイミテートすることもできる。シャクって使う場合は何度か通常のワンピッチ・ワンジャークで誘った後にテンションフォールを織り交ぜるとよいだろう。

お気に入りの1本を探せ

どのメタルジグも使い方は一辺倒ではなく、操作次第だ。つまりアングラーの技量が大きく反映されるルアーだと言える。いろいろなアクションを試して、自身のメソッドを築き上げていくことも大切だ。そうすることによって、自分に合ったメタルジグというのも分かってくることだろう。お気に入りのルアーというのは大抵の場合高い釣果を出しているものだ。使っている時間が長くなるし、それを信じて使い続けることができるので結果的に釣果に反映される。さまざまなタイプのメタルジグを使ってみて、自分のお気に入りの1本を見付けてほしい。

タイトルとURLをコピーしました