釣りの基本

小物ケース

釣り道具の正しい使い方は、新しいものを購入するたびに覚えればよいでしょう。最初から上手に扱える人は少ないから、釣りを楽しむ=練習だと思えば、釣りをするほど上手くなるもの。しかし、釣りの基本くらいは知っておきたい。竿の持ち方、リールの操作、仕掛けの投げ方という3点だけはここで覚えよう。それとエサの付け方もハリから外れない工夫が必要。代表的なものを知っておけば大丈夫。

竿の持ち方とリールの機能

上向きと下向き

竿にリールをセットする場合、上向きと下向きがあります。スピニングタイプのリールの場合はリールも竿のガイドも下向き、ベイトリールの場合はリールもガイドも上向きというのが一般的なセッティングです。
スピニングリールの場合は、リールの足が長く重心が偏るから、上向きに構えたら左右どちらかに倒れてしまいます。だからリールは下向きに構えて、ラインが出やすいように竿のガイドも下向きに。

対してベイトリールは、親指でラインの出方を調整することから、上向きに使いラインが出やすいようにガイドも上向きとなっています。

リール部位の解説

疲れにくく扱いやすい持ち方

利き手で竿を持つのが理想で、しっかりと竿を持つためにも、リールの足を指で挟むように手で握ります。竿尻を持つ人も居ますが、これでは操作がしづらいばかりか長時間持つと疲れます。また、利き手とは逆の手で竿を持つ場合は、リールハンドルを繊細に回すのに適しているからベイトタックルに多いようです。
リールのハンドルは左右どちらかに交換が可能ですが、機種によっては右ハンドルオンリーのものもあります。できれば、左右交換ができるタイプを選び、自分の利き腕に合わせて調整しましょう。

リールの持ち方

中指と薬指でリールフットを挟み、親指を竿に添えるようにして包み込みます。ルアー釣りの場合は、小さい写真のように竿を指で支えるイメージでハンドルを回すとよいでしょう。

竿にリールをセットする
竿のネジを緩めて広げる。リールシート式の場合は金具を上げて緩める。
竿にリールをセットする
リールシートの稼働しない方へリールフットを最奥部まで入れ込み、ネジをしっかりと締めて固定する。
竿にリールをセットする
ガタツキがないかきちんと確認する。ガタツキがあるようなら、別途スポンジやコルク、ゴムで隙間を調整してもよい。

仕掛けの投げ方

タイミングが全て

仕掛け投入を苦手とする人は多い。特にコントロールが難しく、狙った方向・距離に思うように仕掛けを投げ込めるにはかなりの練習が必要になるからです。だから、最初のうちは他の釣り人から少し離れておくのが無難です。釣りブームがあったその昔、子供たちは近所の広場で仕掛けを投げる練習をしたものです。現在では海へ簡単にアクセスできるようになっているから、投げても安全な海での実践をおすすめします。
コントロール性はさておき、遠くへ投げるコツは道糸を離すタイミングと竿の弾力です。道糸を離すタイミングは前方45度に固定。本来は竿の硬さ、仕掛けの重さで調整するのですが、それが分かるころには自在に投げられるようになっているだろうから、当初はどんな仕掛けも45度を目安にするといいでしょう。そこから、タイミングを速い・遅いと微調整して、楽に飛ばせる位置を見付けます。

竿の構え方
道糸を指に掛ける場合は、写真のように離しやすい位置にする。深く掛けてしまうと指を切ることもあるので注意。ベイルの位置もこのくらい。
竿の構え方
軽い仕掛けを除いて、通常は反対側の手は竿尻付近を持つ。剣道の面を打つ要領で投げる。
オーバーヘッドキャスト

エサ&ワームの付け方

「外れない」が基本

意外と分かりにくいのがツケエをハリに刺す方法。「刺せばいいや」的な発想だと、ほとんどがすぐにハリから外れてしまい、エサが付いていないまま素バリで魚を狙うことになります。

まずは外れにくい一般的な装餌法を知り、仕掛け投入時に外れないようにしましょう。

オキアミの付け方
ムシエサの付け方

食わせやすい付け方

次に大切なのが魚が食いやすいかということ。「口にしやすい」という意味もありますが、もっと重要なのは「魚が見付けてくれる」ということ。要は食わせるためのエサがツケエなのです。
例えば、食いやすいようにオキアミの殻を取って付けたり、練りエサをヒラヒラと沈むように平たく付けたりとそのバリエーションは多いのです。

毎回変化を付ける必要はありませんが、ツケエは「食わせる」ものという意識を持って、ハリに刺すようにしよう。

ワームの付け方
タイトルとURLをコピーしました