磯釣り師がちょっと合間にルアーを楽しむ! ロックフィッシュ編

高級魚のお土産

近年人気上昇中のロックフィッシュゲーム。そのパワフルな引きも魅力ですが、なんといっても食味が最高で、お土産としても喜ばれることでしょう。磯にいるのなら狙わない手はありません。水温が上昇するにつれて狙いやすくなり、他の魚が釣れにくくなる真夏でも熱い釣果が期待できるターゲットも多くいます。

ターゲットとなるのは主にカサゴ、キジハタ、アカハタ、オオモンハタ、アイナメなど。カサゴ、キジハタは本州・九州の広い範囲で狙えます。アカハタやオオモンハタは九州エリア、アイナメは関東以北で狙えるターゲットとなっています。

テキサスリグなどのワームを使った仕掛けで狙うのが一般的ですが、メタルジグやタイラバでも狙えます。

ワームを使った仕掛けのメリットは根掛かりしづらいということ。ハリ先をワームの中に隠してセットすれば引っ掛かる要因をさらに低減できる。また、ロストした場合でもコストが安いという点も見逃せません。

メタルジグやタイラバのメリットは遠投が可能だということです。あまり人が荒らしていない沖のポイントを探ることができます。飛距離でいうのなら、タイラバが一番遠投が可能となります。しかし、メタルジグやタイラバは根掛かりしやすくなるので、地形が複雑になる陸近くは責めない方が無難です。

ワームを使う仕掛けで代表的なのがテキサスリグ。シンカーは最低1ozくらいなければ流れの速い沖磯では底取りが難しくなります。感度の高いブラス製やタングステン製のバレットシンカーを使うのが一般的ですが、タイラバヘッドや中通しの鉛オモリを使うという手もあります。鉛のオモリはコストの面で圧倒的に有利ですが、ボトムタッチが分かりにくいというのが難点です。

メタルジグなら40g前後を使うとよでしょう。タイラバは重量があるものでも、シルエットはあまり大きくならないので30〜100gくらいで自分のロッドに見合ったサイズをチョイスできます。ただし、タイラバのフックは細軸なので、あまり強いロッドを使用すると、大型が掛かったときにフックが伸びてしまう可能性もあるので注意しましょう。

どのルアーを使う場合でも基本となる探り方はボトムバンプです。キャストしてルアーが着底したら、竿先を軽くアオってルアーを跳ね上げる・着底を繰り返しながらラインを巻いていきます。

特にカサゴとアカハタは底ベッタリなので、これらを狙うときはひたすらネチネチと底を探るとよいでしょう。ちなみに着底と同時に食ってくるのはほとんどカサゴです。

キジハタやオオモンハタ、アイナメは意外に遊泳力が高く、活性の高いときは中層でベイトフィッシュを追い回していることも多いです。メタルジグやタイラバで着底させた後にタダ巻きで誘っていくと広い範囲を効率良く探っていけます。

泳いでいる個体を広く探っていくのなら、スピナーやバイブレーションも使い勝手が良いです。また、ブレードを装備したロックフィッシュ用のルアーも販売されているので、そういったものを使うのもよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました