魚の取り込みは最後の難関。コツを掴んで一人でランディング!

魚が掛かったら

魚が掛かったら、岸まで寄せてから取り込むというのが手順となる。寄せる場合の基本はリールのハンドルを回してラインを巻き取るということだ。このときに注意したいのが、ラインのテンションが抜けないようにするということだ。常にラインにテンションが掛かった状態を保ちながらリールのハンドルを回す。テンションが抜けるとフックが外れやすくなりバラシ(ハリ外れで魚を取り逃がすこと)の原因となってしまう。

ロッドをある程度立てて、ロッドが曲がった状態を保っておけばテンションが抜けることはない。この状態でリールのハンドルを回す。ロッドを斜めに構えるのもやりやすい。

リールのハンドルが回せないような大物が掛かった場合は、ポンピングという動作が有効だ。ロッドを大きく自分の方へ引き寄せながら魚を引き、ロッドを手前へ戻しながらリールのハンドルを回してラインを巻き取ることを繰り返す。しかしポンピングはバラシの原因となりやすいので、可能であればリールのハンドルを回してラインを巻き取ることで寄せたい。

ランディング

魚を取り込むことをランディングと呼ぶ。魚を足元まで寄せた後、小さな魚であればそのまま抜き上げるのが一番簡単で確実だ。しかし、抜き上げができるかどうか判断が付かないようであればランディングネットを使うのが一般的だ。

ランディングネットとポール。これを組み合わせて使う。セットで売られているものもあるが、基本は別々に購入するものだ。ルアー用のポールは持ち運びやすいように全長が短いものが多い。その代わり繋ぐパイプの数が多くなっている。

ネットでランディングする場合、重要なことはまずしっかりと足元まで寄せるということだ。寄せたつもりでもランディングネットを入れると全然届かないということもよくあること。魚を確実に取り込める範囲まで寄せて、ランディングネットのポールを伸ばしてネットを海に入れたらロッドで魚を誘導して必ず頭のほうからネットへ入れる。ネットの方を動かして魚の尾から被せようとするのはNGだ。

魚がネットに入ったら、必ずリールのベイルを開いてラインがフリーとなるようにする。そしてロッドは股に挟むなり、ライフジャケットの隙間に差し込むなりして両手でランディングネットのポールをたぐり寄せていく。

ロッドを操作して、必ず魚の頭からネットに誘導する。

大切なのはとにかく慌てない・焦らないこと。魚を手前に寄せたらそこで少し泳がせるくらいの余裕があってもよい。焦ってやると、ルアーのフックがネットに引っ掛かり身動きが取れないままバラしてしまう、ということも多い。

ランディングのときが一番バラシが多くなるのでゆっくり落ち着いて取り込めるようにしたい。一人で取り込めるようになると一人前だ。

ランディングネットのポールをたぐり寄せるときはロッドを股に挟むと両手がフリーになる。リールのベイルは必ず開いておくこと。

タイトルとURLをコピーしました