目指せロックショアデビュー! 渡船利用の手順

沖磯でロックショアを楽しむためには渡船を利用する必要がある。はじめてのときは右も左も分からず緊張するもの。スムーズに渡船を利用するために、基本の流れと注意事項を知っておこう。

まずは予約をしよう

まずは利用する渡船を決めよう。ネットで検索するなら「渡船」や「瀬渡し」、さらにエリアを入力すれば、行きたい場所の渡船が出てくるはず。また、地方の釣り雑誌などにも情報が掲載されているので参考にするとよいだろう。

利用する船が決まったら、電話で予約を入れよう。利用する日、人数、ルアーであることを伝えるとよいだろう。そして出船前日に出船の有無と出船時間の確認をすることを忘れずに。ちなみに船長の朝は早いので午後7時以降の電話は避けるようにしたい。

当日に現地へ行く

当日は最低でも出船時間の1時間前には現地入りしておく。港湾部は地図やナビでも正確に記せない奥深いところもあって見つけにくく、天候や客の状況によっては出船時間が変わることもあるので認識しておこう。渡船の出船時間は地域や船宿によってさまざまだが、午前3〜夜明け出船というところが多い。暗い内に磯へ渡ることができれば朝まづめのチャンスタイムを存分に楽しめるのだ。

乗船名簿に必要事項を記載する。

ほとんどの場合、船に乗るには乗船名簿の記載が必要となる。これは船に乗った人が間違いなく全員港へ戻ったかということや、万が一不明者が出た場合にはその身元を確認するためのものなので必ず記載しなければならない。乗船名簿は船の中で記入する場合もあるが、船宿で済ませておくこともある。必要事項を記入して、ルアーであることを追記しておこう。

出船準備

皆で協力してリレー形式で積み込む場合が多い。

出船時間がきたら荷物を船に積み込むが、乗船者全員でリレー形式に積み込むことが多い。他の人がどうしているか、よく観察してそれに習うとよいだろう。

荷物を積み込むときに注意点がある。それは「ロッドは必ずロッドケースに入れる」ということだ。裸のタックルを持ち込んでいるルアーマンも見掛けるが、これはマナー違反にあたる。前記したように荷物は全員で積み渡しすることが多い。乗船者が多い場合は荷物は積み重ねていく。裸のタックルは扱いに困るのだ。タックルを自分で持って船室内へ入るのも他の人の邪魔になってしまう。ルアーマン=マナーが悪いと思われないようにここは気を付けたいところだ。

また、タックルボックスやタックルバックの蓋は必ずきちんと閉めておく。ファスナーが併用されているものは必ず閉めて持ち手を束ねられるものは束ねておく。荷物の受け渡し時に中身がこぼれ落ちる、などということがないようにしなければならない。

磯へ渡る

出船後、船は順々に釣り人を磯へと下ろしていく。名前が呼ばれたら自分たちの番だ。荷物を船首に集めスタンバイしておこう。

ライトが点灯して船が瀬に着けられる「瀬着け」の際にはキャビンで操船している船長の視界を遮らないようにしなければならない。船の先頭では左側に寄ってしゃがんで待機しておこう。船長の合図があるまでむやみに立ったり動いてはいけない。また、瀬着けの際には衝撃が発生する場合もあるので、手すりなどをしっかりと掴んでおこう。

ホーズヘッドが磯にしっかりと付けられた状態。このときに船から磯へと渡る。

船長の合図があったら磯に渡る(合図はない場合もある。このときはホースヘッドがしっかりと瀬に着けられ船が動いていないことを確認して渡る)。

注意事項は「磯と船を渡るときは基本的に荷物を持たない」ということだ。1人が素早く磯へ渡り、もう1人が船から荷物を渡すというふうにする。また、他の乗船者が手伝ってくれることも多いので、周りの指示に従うとよいだろう。

船にいる人と磯に渡る人に分かれて荷物を受け渡しする。

そしてこのとき「磯と船をまたいだ状態で立たない」ことが重要だ。波の影響などで船が離れることもある。そのようなときに落水したり船と瀬に挟まれたりする原因となってしまうのでくれぐれも注意したい。

船と磯をまたいで立たない。

磯へ渡ったら、「荷物はすぐに高い場所へ移動」しよう。波を被って持って行かれることもあるし、潮位が上がったら、今いる場所が沈むこともある。

荷物はなるべく高いところへと運ぶ。

そこまで済んだらとりあえず一息ついて大丈夫だ。ゆっくりとタックルの準備をしよう。

釣りを楽しむ

海に背を向けて作業をしない。

磯の上では基本的に海に背を向けないようにする。常に海の方を向いて、海の状態を確認しながら全てを進める。万が一高波などが発生しても、事前に分かっていれば、それなりに対応が可能となるからだ。

準備が済んだら思い切り釣りを楽しもう。

周りが明るくなってきたら釣りを開始。存分に磯の雰囲気を味わおう。

途中で渡船が見回りにくるところもある。

陽が上り、しばらくすると船が見回りにやってくることがある。このときに他の磯へ替われる「瀬替わり」の制度を採用しているところもある。船長から瀬替わりするか聞かれたらそのときの状況を見極めて決めよう。瀬替わりのときはタックルは裸のままで問題ない。

回収してもらい帰港

回収時には荷物は最初に船を着けたところにまとめておく。

回収の時間が迫ってきたら30分前には荷物を船を着けた場所にまとめておこう。船は他の客を順番に回収してくるので、時間は前後することもある。

磯と言わずどこでも当たり前のことだが、出したゴミなどは必ず自分たちで持ち帰ることを徹底しなければならない。いつまでも釣りが楽しめるように自然に敬意を払い、決して汚さないようにしたい。

港についたら積み込みと同じ要領で、荷物を積み下ろしていく。

船が到着したら荷物を積む要領は行きと同じだ。港に着いたら同じように荷物を下ろしてから料金を支払えば終了、このときにおやつや食事を出してくれるところもある。

他のアングラーと情報交換しながら釣り話に花を咲かせるのもよいだろう。楽しい時間を過ごしたら後は安全運転で帰路に着くだけだ。

タイトルとURLをコピーしました