百合野 崇のチヌ釣り学 黒鯛心悸 第一回「チヌバリ」

百合野崇プロフィール

百合野 崇
ゆりの たかし

金龍鉤スペシャルスタッフ、シマノフィールドテスター、マルキユーフィールドスタッフ。2018年シマノジャパンカップクロダイ大会優勝。チヌ釣りに賭ける情熱は師匠である大知 昭さんに「世界の百合野」と呼ばせるほど。

第1回目は、釣りバリについてお話しさせていただきます。唯一、タックルの中で魚に触れる部分はハリです。接触するのは一瞬で、その一瞬をいかにものにするかはハリの特性を知り、自分で使い分ける必要があります。

信頼のチヌバリ

まず釣具屋に行くと魚種に分かれて無数の種類とサイズのハリがところせましと並んでいます。多くのチヌ釣り師はその中に、自分の好みや信頼をおくハリが必ずあるものです。

もちろん私も常時切らさずストックし、信頼して愛用し続けているハリがあります。金龍鉤の勝負グレと勝負ちぬネリエ&コーンの2種類です。現在は、金龍鉤のスペシャルスタッフとして契約していますがその前から愛用しております。

勝負グレ

百合野崇1−6
チヌ釣りは間合いをどう詰めていくかの知恵比べ。食わせた後は大きく竿を曲げてゆっくりと取り込む。

いろんな地域やフィールド、また大会で竿を出す身ですが、7~8割はこの勝負グレを使用します。名前の通りグレバリですが、私が思う理想のチヌバリがこの勝負グレになります。

私は一年を通して食わせエサを練りエサメインに使用します。従来のチヌバリは、長軸で吸い込みやすく、バレにくいのが特徴です。しかしこれはオキアミを食わせエサにした場合で、練りエサの場合は、ハリに付けるサイズの関係上、短軸の方が練りエサのサイズが大きくなり過ぎず最適です。長軸だとハリを隠すように包み込むとどうしても練りエサの直径が大きくなってしまい、遠投が困難になってしまったり、余計に目立ってしまい、エサ盗りの標的になってしまうからです。

また、チヌバリ以上にフトコロがあることも練りエサにとってはプラスになります。フトコロがあることにより練りエサがしっかり乗り、遠投時の外れを予防します。

百合野崇1−4
練りエサで食わせる釣りを極めていく中で、この結論にたどり着いた。

ハリ先はネムリ無しの垂直に近いのですが、チヌは、吸う吐くを繰り返しながら練りエサを捕食します。その吸う吐くを繰り返すうちに、練りエサが小さくなりネムリの入ってない鋭いハリ先が出てきて、チヌの口内に掛かります。

また、ハリのカラーも重要です。定番の銀や金色などの光り物のハリは、どうしてもフグに好奇心を持たせてしまい、ロストが多くなります。茶系のハリは、砂地や藻の多い場所ではかなりカモフラージュし、ロストの回数を減らしてくれます。特にトーナメントなどの時間の限られた場合、ハリ交換の時間を短縮できるのは精神的にも安定します。そしてこの塗装ですが、実はわざとザラツキ塗装を施しています。このザラツキがツケエの取れ防止に働きます。ケン付きだと結ぶときの違和感や強度の問題が出てきますので、このザラツキ塗装がいかに良いのかが分かります。

これらの内容からいかに私が勝負グレを多用しているのかがおわかりいただけますでしょうか? ちなみに6号を最も多用します。55㎝を超えるような場所では7号。エサ盗りが多すぎで練りエサを逆に小粒にしたいとき、ゆっくり練りエサを落としたいときなどは5号を使用します。

勝負ちぬネリエ&コーン

このハリの特徴はなんといっても塗装のイエローです。水面下でとても目立ちます。ということは先ほど述べたようにフグなどのエサ盗りと好奇心を刺激します。釣り場によって、どのようなエサ盗りがいるかが分からないときがあります。しかし、仕掛け回収時にイエローの塗装が一部剥げてくれば、鋭い歯のあるフグやカワハギなどのエサ盗りがいる、塗装が無傷なら小ダイやベラ、青物系の可能性が高いことが分かります。

エサ盗りの種類を早い段階で把握できると、次の一手に繋がります。また勝負グレに比べ、軸が太い分重量があるため、流れが強い釣り場、冬などツケエを安定させてじっくり食わせるとき、またイエローは発色がいいので、深場のオキアミを使用するときも効果的です。

ハリ先に少しネムリが入っているため、根掛かりも勝負グレよりはしにくいです。ちなみにさらに一面岩礁帯の海で底の根が荒いフィールドでは、どうしても練りエサを岩の上に置かなければならない場合があります。そのときは勝負チヌ渚がもっともネムリが入っており根掛かり防止に効果的です。

勝負ちぬSS、勝負ちぬ渚に関しては、1~2号をメインに使用しています。

百合野崇1−5
ネムリのあるハリはジゴクに刺さる確率が高まる。

勝利を導くハリ

上記内容から、練りエサをメインとしたチヌ釣りに関して、勝負グレと勝負ちぬネリエ&コーン2種類あれば、ほぼ全てのフィールドに対応できることが分かって頂けると思います。ということは普段使っているハリは、どこに上がるのか、どんなフィールドなのか分からないことが多いトーナメント時にもしっかり迷うことなく対応できるので、私の戦歴にも間違いなく影響しています。

百合野崇1−7
自分の釣り方と相性の良いハリはここぞというときに良い仕事をしてくれる。
タイトルとURLをコピーしました