グレ釣り アワせてもハリに乗らないときの考え方

アワセのタイミングは状況によって異なる

ウキが沈む、道糸が走る、穂先がお辞儀をするなど、アタリにはさまざまな形態があります。いずれにしても、その日・そのときの魚の活性は異なるし、ツケエの種類やサイズ、装餌方法によっても食い方は違ってきます。

さらには、魚の種類やサイズによっても食べ方は変わるから、どんなときでもこれがベストというアワセ方はありません。

そのため釣り人は、その日最初のアタリに対して自分なりのタイミングでアワせる。そして、ハリに掛かるか掛からないか、掛かったとしたらどの部分だったかを確認してその後のアワセ方をフィードバックします。

ところが、ときとしてどのようにしてもハリに掛からないことがあるのです。ウキは確かに沈む。しかし、見えなくなるまで送ってアワせても掛からない。それ以上送るとウキは浮いてくる。根掛かりしていることもある。少し沈むだけでそれより深く潜ることはなく、アワセのタイミングが取りづらい場合もあります。

海の中は見えないだけに釣り人はさまざまな推理をしてそれに対処しようとしますが、その推理が的確でなければ対処は見当外れなものになります。ハリに掛からない理由をいくつか挙げて、その対策のためのヒントを提示してみよう。

ウキを沈めているのは本当に魚なのか?

小さいアタリを表現するのは道糸や穂先よりもウキの方が優れています。そこで、以降は半遊動を前提として話を進めましょう。

このウキが沈むというアタリを見てアワせたのにハリに掛からないことが何度も続いたとしたら、まずはそれが本当に魚かどうかを疑ってみなければならない。ビギナーのうちは、単に波のせいでウキが沈んだだけなのにピクリと反応してしまいます。

浮力をギリギリに設定していると潜る潮に遭遇したときウキは沈んでいき、体は無意識にアワセの態勢に入っていますが、波の場合は回数が多いからすぐそれと知れます。ですが、潜る潮は少なく、その日初めて遭遇すればアタリとカン違いするのも無理はありません。

とはいえ、それは二、三度経験すれば判明します。下降流は有力なポイントでもあります。どう利用すれば魚が釣れるかを考えましょう。

ビギナーがアタリとカン違いしやすいものに根掛かりがあります。根や藻に引っ掛かって流れがあるとウキは沈んでいきます。このレベルの根掛かりならすぐ分かりますが、二枚潮で中〜下層が当て潮になり、ハリが手前に押しつけられるとまぎらわしくなります。

ウキ下がそれほど深くない場合はなかなか根掛かりと気づきません。その実、ハリは足元の岩に引っ掛かっていて、アワせても仕掛けは上がってこない。送り過ぎて魚が根に入ったとカン違いして、何度も同じことを繰り返してしまうというパターンです。

これはなかなか分かりづらく、二枚潮という事実を知ってようやくそれと判明します。流していた仕掛けを巻き取るときは集中力が落ちているもので、ハリがどこから上がってくるかを常に観察することでこれは避けられます。

ウキを沈めたのはグレ、チヌ、もしくは外道だったのか?

そもそもグレ、チヌ以外の外道かもしれない……。

次に、ウキを沈めたのはグレ、チヌなどの本命魚だったかどうかというのが問題になります。海の中にはさまざまな魚がいて、そのほとんどがエサのオキアミを食べます。したがって、ウキを沈める魚の候補としてはじつにたくさんの種類がいるのですが、釣り人は原則としてアタリが出たらそれは本命だと仮定して対処します。

釣り人としては当然の処置であり、これは間違いではありません。ですが、ハリに掛からないことが何度も続けば疑わなければならないでしょう。魚が小さければハリを口の中に入れることができず、エサをくわえて引っ張り回しているだけの可能性が高いです。

それまでにエサ盗りが掛かっていたら見当がつくものの、まだなにもハリ掛かりしてなければ正体がまったく分かりません。まずやるべきはその正体を確かめることです。

そのためにはハリとハリスをサイズダウンします。ツケエも小さくしましょう。ウキ下はできるだけ浅くします。ツケエに変化がなければ少しずつ深くします。とにかく、どんな魚が食っているかを確かめることが先決で、魚種が何かが分かればそれに応じた対策が立てられます。

細ハリス、小バリに本命が掛かれば瞬殺される可能性もなきにしもあらずですが、そのときは諦めるしかありません。また、どのような対応でもできるように、小バリと1号以下のハリスは常に準備しておきましょう。

本命がウキを沈めたのにハリに掛からない場合

では、根掛かりでもなく、魚が小さかったわけでもないのにハリが掛からなかった理由とはなんでしょう?

主な理由は四つ考えられます。

○ハリ先が鈍っている。
○ハリが魚の口の中に入っていない。
○魚の口に対してハリが小さ過ぎる。
○アワセが強すぎて魚の口が切れている。

最初のハリ先が鈍っているというのは分かりやすいですね。分かりやすいですが、つい見逃してしまいがちともいえます。

釣りのハリは鋭く、刺さりやすい反面、細いだけに折れたり曲がったりすることも。根掛かりしたらもちろん、ちょっと触れただけでもダメージを受ける場合もあります。

仕掛けを巻き取るたびにハリスとハリ先をチェックするのは当たり前の行動で、それを怠るとハリ先が滑り、ハリ掛かりしづらくなります。ところが、ハリスの傷と同様で、結び直さなければならないと分かっているのに、それが繰り返されるとおっくうになって、つい後回しにしてしまいがちです。あと一投したら交換しようと考えていると、なぜかその一投でヒットするケースがよくあります。

かつて、ハリ先が鈍ったときは専用のヤスリで研ぐというのが一般的でしたが、現在のハリは硬く、鋭く、まずい研ぎ方をすると折れてしまう可能性があります。新しいハリと交換した方が賢明でしょう。

ツケエをくわえているだけで口の中に入ってない

ほかの魚と競争してエサを追っている場合は、とりあえずくわえて移動し、他の魚がいないところでゆっくり食べようとするのは多くの魚にはある習性です。エサをくわえているだけなのでハリは口の中に入っておらず、アワせてもハリ掛かりすることはありません。

魚全体の活性が高く、マキエに湧いている状態でこのケースがよく見られます。

このようなときの対応は落ち着いて食べるまで待つというものです。とにかく待ってみましょう。くわえていたエサをゆっくり食べて、完全にハリを口の中に入れてからアワせればいいのです。

ウキの動きは、最初は速いことが多いです。このときはまだエサをくわえていると思ってよく、ウキが見えなくなってからは竿先に軽くテンションをかけて待ちます。ゆっくりと竿に乗ったところでアワせるとハリに掛かります。

ただし、エサを食べてしまうとハリを吐き出すことも多く、沈んだウキが浮いてくるケースも珍しくありません。また、抵抗を感じて魚がエサを離す場合も少なからずあります。

魚の口とハリの大きさのバランス

チヌの口は大きく、グレのそれは小さいというのはよく知られています。ですが、サイズが大きくなるとグレの口も大きくなります。

食い渋るグレには小バリというのが広く知られ、グレバリは全体に小型化してきています。グレの口が大きいのにハリが小さいと掛かりづらくなるのは当然で、特にグレがこちらを向いていればアワせたときハリが口に掛かる確率は低くなります。

食い渋ったときにハリを小さくすれば確かに効果はあります。しかし、活性が高いのにハリを小さくすると素バリを引く可能性が高くなります。必要もないのにやたら小バリを使うのは賢明ではありません。

もっとも、グレは口を大きく開けないので、ハリは小さくても構わないという見方もあります。エサを食べる際、かつては上下運動しながらエサを口に中に入れていたから、ウキはスムーズに沈むことが多かったのです。

一方、現在グレは水平運動をしながら食べるとされています。それにともなって、口を大きく開けて食べるケースは少ないから、ハリは常に小さくてよいという考え方です。釣り人の多い場荒れしたところほどこの傾向は強いです。

ただし、大きく口を開けないグレに対してはハリの形と軸の細さ(重量)が微妙に影響してきます。ツケエの状態や装餌方法も関係するので、どれが正解というものはなく、いろいろと試さなくてはなりません。

何種類ものハリを持参して、掛かりが悪ければどんどん交換する人もいます。アタリがないとき、釣り人は常になにかを変えて試します。ガン玉のサイズや位置、ウキ下、ツケエの装餌方法、マキエや仕掛けの投入点や投入のタイミングなどなど。

ハリに掛からなければいろいろなことを試すのも大切です。

ハリが刺さってもアワセが強いと身切れする

アジの口は軟らかい。その事実はよく知られていて、どの指南書にもアワセはソフトにと書かれています。ですが、他の魚については、魚の抵抗が強くなるからソフトにアワせるとは書かれていても、口が軟らかいからとは表記していません。

では、身切れとはどういうことなのでしょう? 釣りの世界では刺さったハリが身を切り裂くという意味で、肉切れという人もいます。

刺さったハリが身を切り裂くとは、細いハリ軸に力が加わってナイフのように肉を切り、刺さった穴が大きくなってハリが抜けるという事実を指します。したがって、通常はやり取りをしている最中にバラしてしまいます。

アワセが強いと少ししか刺さっていない状態では身を切ってしまい、結果ハリには掛からないことがあります。ハリ先で表面を傷つけるだけに終わってしまうのです。やり取りの最中に発生した場合は突然フッと軽くなります。仕掛けを巻き取るとハリもハリスも無事な状態で、何が原因でバラしたのか分からないことがありますが、この身切れによるバラシである可能性が高いです。

強すぎるアワセはほかにも弊害があります。チヌの場合は皮一枚で掛かることがあり、そのときもすぐに外れてしまいます。鱗が一枚ハリに刺さって上がってきたという事例もあるくらいです。

状況によっては早アワセが必要な場合もありますが、早いアワセ=強いアワセに繋がりかねません。特に、瞬間アワセは力が必要になります。

これを避けるには道糸の糸フケを極力減らし、手首を返す軽いアワセを心掛けます。糸フケが少ないと竿の振幅が小さくてもアワセは利きます。竿先に抵抗を感じた瞬間に力を抜けばなおよいですが、これは早アワセでは難しいです。

そのほか、ガン玉を追加してウキの残浮力を減らしたり、ウキ下を浅くして魚の上下運動を促すなど対策はさまざまに考えられます。一つ一つを試して確実にハリ掛かりする方法を探すのが釣り人の役目になるのです。

タイトルとURLをコピーしました