超絶楽しいスーパーライトジギング
その魅力とは

オフショア ルアーの世界で最も注目されているのが、「スーパーライトジギング=SLJ」というゲームである。日本列島の北から南まで、この一つの釣り方で様々な ターゲット を狙えることもあって、今や全国的に爆発的な人気を博している。そんなスーパーライトで楽しいジギングの魅力に迫ってみよう。

その名の通りスーパーライトな道具で挑む

ライトなタックルは初心者でも取り扱いが易しく、体力的な負担も小さい。獲物が掛かったときに、ロッドがしっかりと曲がり込んでのやり取りはとてもスリリングで一度体験すると病みつきになることだろう。

ちょうど5年ほど前から専用ロッドやジグなどの関連アイテムが、各メーカーから続々とリリースされだした。ライトジギングの進化によって、ジギングは近海から沖合まで多くの魚をカバーできるようになったが、それでも飽き足りないアングラーが次に狙いを定めたのがマダイ、イサキ、アジなどのターゲット。つまり食べて旨いサカナたちだった。よりライトな道具立てで、最高のオカズを狙って釣るために開拓されたのがスーパーライトジギングである。

スーパーライトジギングは、細いラインにしなやかなロッドというライトタックルを使うから、やり取りはとってもスリリング。そして、ライトタックルだからこそ手軽に老若男女が楽しめる。つまりオフショアで行うには最適な釣りのカテゴリーに入る。

メインのイサキは中層オンリー

イサキ大
SLJでの人気ターゲットであるイサキ。その引き味も釣り人を満足させるものがあるが、食味が非常に良いのが特徴だ。お土産としても喜ばれるし、もちろん自分でも美味しくいただきたい。

現在、スーパーライトジギングのターゲットはイサキが主流になっているが、この魚は実はゲーム性が非常に高い。中層より上に浮いていることが多いイサキは果敢にジグを食ってくる。だが、ボトムをとってからその周辺でアクションを続けているとハタ類やカサゴなどの根魚がよくアタる。あくまでもイサキを狙いたいのなら、底よりも中層を意識した釣りに徹しないと釣果に結びつかない。

魅力は他魚種が狙えること

小型のメタルジグを使うことで、食い気の少なかった大型魚にまで口を使わせるという現象が起こる。

想定するラインはPE0.4~0.6号、最大でも0.8号と細く、ジグも30~60gを標準に最大でも80gまで。ロッドとリールはトラウト用と間違うほどで、繊細な駆け引きと魚のファイトを最大限に楽しむことが可能なのだ。ところが、だ。このタックルでも大型魚が食らいついてくる。むしろ小さなベイトを食っている大型魚に口を使わせる方法としてもまことに理にかなっていて、超ライトタックルで大型サイズと渡り合うシーンはことのほか多い。スーパーライトジギングは、小型魚専門の釣りではないことを認識したい。

ご当地魚種も意識しよう

多彩な魚が食ってくるのがスーパーライトジギングの最大の魅力だといえる。
カサゴ
アマダイ
ホウボウ

前述したように、スーパーライトジギングはイサキがメインターゲットにはなっているが、それにこだわる必要はまったくない。北海道から沖縄まで、様々なご当地ターゲットが存在している。これは使うジグが小さくなったことにより、これまでのジグではなかなかヒットすることがなかった魚も釣れるようになったからに他ならない。同行者はイサキばかりが食ってきて、その隣はサバやアジ、そのまた隣ではハタ類が連発ということも珍しくなく、魚のサイズに関わらず、アタリはひっきりなし状態で釣りの楽しみの最も大きな部分を味わうことができる。

根魚類もスーパーライトジギングの好ターゲット。小型ジグの威力はすさまじく、上下のフックにヒットしてくることも珍しくない。キジハタとカサゴ、アオナやアカハタのダブルといったパターンもあるほどだ。いろいろな魚が釣れればもちろん楽しく、高級五目ざんまいといった日もある。もうひとつの魅力は、いろんな魚種が釣れることにあるのだ。

よりゲーム性が高いフィッシングスタイル

このようなヒラマサもライトなタックルでも獲ることが可能だ。

小型とはいえ、青物のヒラマサなどはスピード感あるファイトで、スーパーライトジギング専用ロッドをギュンギュン曲げて楽しませてくれる。また、ハギ類やベラなど口が小さいため、当然のことながらそういった魚たちは普段はベイトフィッシュを捕食しない。だが、そういった魚たちもフィッシュイーター化して、ジグにヒットするようになるときがある。それは「ベイトが絡む」ことである。ブリやサバなどがイワシを捕食しているような状況では、その下にはウロコや食べ残しが落ちてくるはず。そういったものをハギ類やベラが食べていると、次第にベイトに興味を持ち始める。そうやって次第に食性が変わり、ジグにもヒットしてくるようになるという訳だ。

そして、ジグが小さくなったことにより、逆に従来のジギングではヒットしなかった大きな魚もがヒットするようになった。このことは、渋い状況でルアーを小さくすると魚がヒットしてきた、という経験をしている アングラー も理解できるだろう。

このように実に対象魚が広いのがスーパーライトジギングの魅力であり、ターゲットが豊富になれば一年を通して狙えるという醍醐味にもつながる。

柔よく剛を制すではないが、よりライトなタックルで大型や他魚種が狙えることは、フィッシングゲームをより豊かにさせてくれるジャンルであることは間違いない。

タイトルとURLをコピーしました