スロージギングでロックフィッシュを狙い撃つ

ジギングをもっと楽に、もっと簡単にと考案されたのがスロージギングだ。いくつかのテクニックがあるが、その中でもぜひマスターしておきたいのが、落ちてくるものに魚が反応することを利用してロングフォールでターゲットを誘うテクニック。

ロッドを上げ下げしてジャークとフォールを繰り返すというのは同じだが、こちらはよりフォールを意識したアクションとなる。

フォールをしっかりと大きくとるために、ロッドをなるべく上まで高く上げることが重要だ。より高いところから落とした方がフォール時間が長くなるわけだ。ワンピッチ・ワンジャークと異なり、これらの動作はかなりゆっくりと行う。ゆっくりとロッドをジャークしてメタルジグを高く上げるのだが、このときリールのハンドルを回す必要はない。

ロッドが垂直になるくらいまで高く上げたらスッとロッドを下げてしっかりとフォールの間を作る。メタルジグがボトムタッチしたら、ラインスラック(ラインのタルミ)を巻き取り、再びジャークする。

ジャークしてはボトムタッチを繰り返す。つまりメタルジグは上へ上がっていかない。ひたすらボトムを探っていくような釣り方となる。そのため、特にボトムに着きやすい魚に高い効果が得られる。ボトムに着きやすい魚とはヒラメやマゴチといったフラットフィッシュやキジハタ、カサゴなどのロックフィッシュ、青物ではカンパチなどが挙げられるが、その他のさまざまな魚に有効なアクションで、人気のSLJ(スーパーライトジギング)でも効果を発揮する。

ロッドを下げた状態からスタート

ジャークをはじめる前に余分なラインスラックを巻き取っておくことで、より効率よくメタルジグを持ち上げることができる。

ロッドを下げた状態からスタートするが、ワンピッチ・ワンジャークと異なるのは、このときにラインにテンションが掛かっていても問題ない。ラインがたるんでいると、メタルジグの上げ幅が小さくなってしまうからだ。メタルジグをしっかりと高く持ち上げるためにラインはギリギリまで巻き取っておいた方がよい。

ロッドが垂直になるまでジャークする

スローピッチの大きなジャークはグリップを肘に当てるとやりやすい。通常は脇に挟むのが基本となる。ジャークをはじめる前に余分なラインスラックを巻き取っておくことで、より効率よくメタルジグを持ち上げることができる。

ロッドが地面に対して垂直になるくらい大きく上へとジャークする。動作はゆっくりで問題ない。このときにロッドのグリップを肘に当てるようにして持つと力を入れやすい。リールのハンドルに手を当てているが、このときハンドルを回す必要はないので、左手はリールのボディやロッドの他の部分を持っても問題ない。力を入れやすい場所がよいだろう。

ロッドをしっかりと止める

曲がったロッドが真っ直ぐになるまでロッドを垂直に立てた状態でしっかりとタメることが重要。

ロッドを上げたらテイップが戻ってロッドが真っ直ぐになるまでしっかりと止める。この瞬間が大切だ。テイップが真っ直ぐになっていることをしっかりと確認しよう。

メタルジグをフリーフォール

意図的にラインスラックを作ることによってメタルジグを大きくフリーフォールさせることができる。

ロッドを下げてメタルジグをフリーフォールさせる。ロッドを下げた際にラインスラック(ラインのタルミ)をしっかり作ることが重要。こうすることで、ラインにテンションが掛からずに確実にメタルジグをフリーフォールさせることができる。メタルジグが再びボトムタッチしたら、ラインスラックを巻き取り、再びジャークする。慣れてくると、フォール中に余分なラインスラックを巻き取れるようになってくる。

オフショアの場合は船が流れているため、水深は一定ではない。ボトムタッチさせるためには、このときにラインを放出する必要もある。

タイトルとURLをコピーしました