最後で失敗しないために 取り込みテクニック

沈み瀬は諸刃の剣……魚もいるが問題も多い

岩礁帯にすむ魚は多い。彼らがなぜ岩礁帯をすみかとしているのかというと、自分の身を隠すことができると同時に、そこにすむ小動物をエサとするからです。エサが多くてすみかがあるとなれば、岩礁帯はまさに彼らにとってすみ心地のいいところなのです。

したがって、沈み瀬の周囲は魚がヒットする確率が非常に高く、A級ポイントと呼んでいいでしょう。

沈み瀬の周囲がポイントとなる理由はもう一つあります。沈み瀬に当たった潮は左右に分かれ、沈み瀬の後方に巻き込みます。巻き込まれた潮はそこでしばし留まり、少しずつ出ていきます。潮に乗って流れてきたマキエも同じように巻き込まれ、沈み瀬の後方に留まります。

マキエを食べるために集まってきた魚は沈み瀬の潮裏でエサを追います。ここにツケエを流し込めばヒットする確率は高くなるのです。

ところが、沈み瀬にはマイナス要素もあります。まず注意しなければならないのは、魚のすみかであること。ここでいう魚とはグレやチヌではなく、スズメダイ、ベラ、アイゴといったエサ盗りを意味します。

大型魚に襲われたとき、小さな魚は速く逃げるか小さな隙間に逃げ込むしかありません。岩礁帯にすむ魚はそれほどのスピードがなく、もっぱら穴に逃げ込んで身を守ります。つまり、沈み瀬は彼らエサ盗りにとってもすみ心地がいいところであり、警戒心が強いときは決してそこから離れようとしません。

沈み瀬は本命のポイントでありながら、エサ盗りもまた多いところであることを知っておきましょう。

ハリに掛かったグレは岩礁に張り着こうとする

ハリに掛かった直後、グレはパニック状態に陥り、とにかく手近な岩に張り着こうとします。その挙げ句、やむなく引き切った経験のある釣り人は多いでしょう。

それを避けるには、マキエで誘い出して沈み瀬からできるだけ離れたところで食わせればいいのですが、活性が低く、マキエを追わない状態では沈み瀬の近くでしか食おうとしません。

釣りは食わせない限りその先には進めません。やむなく沈み瀬の近くで食わせたものの、すぐ張り着かれるようでは、なんのために食わせたのかわかりません。

もし魚が張り着かなかったとしても、沈み瀬の近くを走り回られるとハリスがそれに触れて切られる可能性が高い。道糸も擦られるでしょう。いくらナイロンやフロロカーボンの強度が上がったとしても、キズが入れば一発で切られてしまいます。

このように、取り込みに際して沈み瀬は二つの大きな障害となります。だからといってこれを避けていたのでは、アタリを一度も見ないままで回収される可能性が高いのです。あえて沈み瀬の周囲を攻めて食わせ、なんとかして取り込む方法を考え出さないといけません。

沈み瀬のどの位置で魚がヒットしたか

一口に「沈み瀬の近く」といっても、位置によって取り込みの難易度は大きく変わります。

ここでは単純に、上の図のように①②③④と分けてみました。②が最も簡単で、①③はそれに次ぐ。そして④はまず取り込めません。相手がそこそこのサイズならなおさら。

念のため、一つ一つのケースを検証してみましょう。②は誰もが最初に狙うポイント。仕掛けを流しやすく、ハリ掛かりさせた魚を取り込みやすい。ハリに掛けたら即座に魚を沈み瀬から引き離すことだけ注意すれば釣れます。

足元の磯際を釣る場合も同様で、魚がすぐ逃げ込める場所が近くにあるとき、ほとんどの指南書は仕掛けを太くしなさいとアドバイスしています。太くしてもグレの食いに影響がなければそれは間違いではありません。

しかし、キズが入っていない限り、ハリスを多少太くしても大勢は変わりません。魚を引き離したいときにやらなければならないのは竿を硬くすることです。魚のサイズによりますが、1.5号以上を使ってハリ掛かり直後で態勢の整っていない魚を沈み瀬から引き離します。

1mでも2mでもいいから引き離すことができれば、あとは魚が疲れるまで待てばいいのです。もちろん、1㎜も糸を出してはいけません。軟らかい竿だとすぐ限界に達し、弾力を失ってしまいます。竿が硬いと弾力を失うことなく、道糸やハリスが伸び切っても耐えられます。

足場を移動して取り込みやすい場所でやり取り

1mでも2mでも魚を引き離すという基本は、①③で食わせた場合も通用します。③に仕掛けを送り込むにはテクニックが必要なのですが、ここでは触れないでおきましょう。

ただ、②のケースに比べると、どちらも引き離すのにコンマ数秒の時間が余計にかかります。その間に張り着かれる可能性があるため、強引さや俊敏さは一層要求されます。

それを試して何度も失敗した場合、足場を移すことを試してみましょう。それまでAの足場で竿を出していれば、BまたはCに移動します。①でヒットしたときはB、③ではCから竿を出します。そうすれば②で食わせたのとほぼ同じ条件になるというわけです。

ただし、可能ならばという条件がついて回ります。足場がなければ不可能ですし、足場があったとしても仕掛けを流すことができなければ魚に食わせられません。特に③を釣るのは難しく、潮や風の向きが大きく影響します。

沈み瀬の沖にいる魚はどうやって取り込むか?

図の①②③は、食わせる時点ではなんとか取り込めるだろうという希望的観測があります。

ですが、④についてはまったく取り込める気がしません。魚が小さければ強引に寄せられないこともないし、チヌなら沖に走らせることも不可能ではありません。

しかし、グレは難しい。そこそこのサイズであれば95%は張り着かれるか、沈み瀬と接触してハリスが切れます。

ただし、取り込む方法がまったくないわけではありません。95%としたのはそのためです。ただ、確率としては低いです。だから5%でしかないことを断っておいてその方法を紹介しましょう。

一つは、アワせずにゆっくり寄せるという方法。グレが泳ごうとすれば逆らわずに道糸を送り、自由に泳がせるます。

グレに危険を感じさせず、パニックにも陥らせなければ張り着くこともありません。そして、①または③の位置まで移動したところで強引に巻き取ります。

言葉にすれば簡単ですが、魚はなかなかこちらの思う位置まで移動してくれず、イライラしそうですね。

もう一つは強引に取り込むというやり方。強引といっても並みの強引さではない。竿と道糸を一直線にして魚に向け、そして一気に巻く。

竿の弾力はまったく使いません。弾力を利用すると魚が張り着く余裕ができるためです。リールを高速回転させて、水面でジャンプするほどのスピードで巻き取ります。

ただし、一回やれば道糸もハリスもズタズタになります。道糸は何10mも破棄しなければならず、果たしてグレ1尾の代償として許せるかどうかは釣り人個人の判断に委ねなければならないでしょう。

魚を沈み瀬から1mでも2mでも引き離す努力を

チヌの場合はロープや定置網、養殖筏がある方向に走り、やはりそれに触れて切られます。

これを防ぐには、なんといっても沈み瀬を含めて障害物の場所や大きさを知っておかなくてはいけません。知らない状態では手の打ちようがありません。

ところが、往々にして、バラして初めてその存在を知るというケースが多いのです。

それは仕方のないことで、釣り人はその失敗体験を糧にして成長します。沈み瀬の存在を知れば以降はその方向に走られないようにしなければなりません。ところが、それが分かっていながら同じ過ちを繰り返すことは珍しくありません。

その大きな理由は「魚のパワーを逃がすやり取り」にあります。魚が左に走ったとき、ビギナーは反対の右方向に引っ張ろうとします。しかし、それでは魚のパワーにモロに反発することになります。

それよりは、魚が左に走ったとき、竿を左に倒してパワーを逸らすやり取りをします。そうすれば、より少ない労力で取り込むことが可能という論理で、取り込む時のセオリーでもあります。

確かにそれ自体は間違いではありませんが、時と状況によります。先の説明通り、沈み瀬がすぐ近くにあるのにそんなことをしているヒマはありません。特に、魚のサイズが大きい場合は、1秒でも早く反対方向に引き離さなければなりません。

同様に、ポンピングもするべきではありません。竿を立てながら魚を寄せるまではいいのですが、そのあとリールを巻きながら竿を倒す。この時点で魚が突っ込んだら竿の弾力を生かすことができず、簡単に切られてしまいます。

魚が大きい場合は決して竿を倒してはいけない。特に、沈み瀬が近い場合はそれがいえます。竿は上、または横にして弾力を十分生かせる状態にしておいてリールのハンドルを巻く。

ただし、強いテンションを掛けたままで巻くことを繰り返していると、リールや竿のガイドに強い負担をかけます。

リールのギヤはすり減り、ベイルが固定できなくなり、ガイドにはキズが入る。

いずれもバラシに繋がるため、常に点検して万全の態勢を整えましょう。

タイトルとURLをコピーしました