サビキ釣りに挑戦! 釣りがはじめてでも分かる仕掛けの作り方

最初は仕掛け作りを上手い人にやってもらうのもありですが、自分でできるとかっこいいですよ。

最初に釣りをする人におすすめな釣り「サビキ釣り」。難しい技術が少なく、釣果も出やすいので初めてなら、ぜひやってほしい釣種です。

初めて釣りをするので、リール? ウキ? 何も分からないけど仕掛けって自分で作れますか?

できますよ! では、初めて竿を持つ人でも分かるように、写真で確認しながら解説しましょう。

竿にリールをセットしてみよう!

竿は、伸ばさないまま行う

伸ばしてからリールをセットしたり仕掛けを作ると、どこかにぶつけたり、
人に当たって迷惑をかけることがあります。

リールシートのネジ(ストッパー)は下に付いているものと、上に付いているものがあります。

写真に写っている竿のこの部分は「リールシート」といってラインを巻き取る器具「リール」を取り付ける場所です。リールシートにはネジで緩めたりスライドして締めたりするものが付いています。これを「ストッパー」と呼び、リールを固定します。

ちなみにリール側に付いているT字の部分をリールフットと呼びます。

ネジを緩めたら、固定されている方からリールのT字になっている部分「リールフット」を差し込みます。

セット商品だとリールが最初から竿に付いている場合もあります。

ストッパーをスライドさせ、リールを固定(ネジ式なら締める)します。ガタツキがなければOKです。これでリールがセットできました。

ラインを通してみよう!

リールの針金のようなものが付いた器具全体を「ベイル」といいます。針金のような部分は「ベイルアーム」と呼びます。

この形のリールは「スピニングリール」と呼びます。リールには「ベイル」という器具が付いています。この「ベイル」を写真のように起こします。

スピニングリールは必ずベイルを起こしてからラインを引き出します。こうしないと、ラインをリールで巻き取れないので気をつけましょう。

慣れた人はすべてのガイドに一気にラインを通してしまいますが、一つ一つ丁寧に糸を通したほうが失敗が少ないです。

ラインを、ガイドという丸い穴に通していきます。一つ飛ばしてしまったりすることがよくあるので、一つずつ確認しながら行いましょう。

ちなみにこのタイプの竿のことを振り出し式と呼びます。

先端まで通したらOK。ラインが再び抜け落ちないように、1mくらいラインを引き出して、すぐ抜けないようにしておきましょう。

これでOK。延べ竿(リールが付いていない竿のこと)じゃない限り、ここまではどんな釣りでも同じです。

そして、竿を先端から順番に伸ばしていきます。ガイドが途中で曲がらないように、同一方向に揃えるように伸ばしていきます。

ここで注意! 次から仕掛け作りに入るのですが、ロッドは放置しないこと! 誤って誰かが踏んでしまったりすることもあります。必ず自分の目の届く範囲に置いておきましょう。

サビキウキをセットしよう

サビキウキがないタイプもありますので、その場合はこのパートは飛ばしてください。

今回使うのはサビキウキとサビキ仕掛けのセット。必要な道具が全部揃っているので初心者に優しいです。
サビキウキはこんなふうになっています。
ラインを針金の部分に通し、仕掛けを通しやすくします。

ウキに付いている針金の輪にラインを通します。この針金部分は裁縫などで使う糸通しと同じ役目をしています。

ウキ止め(ゴムのようなパーツ)をずらしてラインに通し、次にウキ、クッションゴムと順番に通して、針金ごと黄色のコインのようなパーツを引き抜けば仕掛けがセットできる仕組みになっています。

このような形になればOK! 左側の黄色いゴムのところでウキが止まり、この部分でウキ下(狙うタナ)が決まります。

大抵のサビキ釣りセットは似たような作りになっていますが、細かな点で違う場合もありますので、製品ごとに付け方の説明をチェックしておきましょう。

サビキ仕掛けをセットしよう

これがチチワ結びです。

ラインの先端にチチワ結びを作ります。

▼ チチワ結びのやり方はコチラ ▼

サビキ仕掛けは基本的にパッケージにつけたまま仕掛けにつけます。

パッケージから仕掛けを外さず、スナップベイルというパーツを開き、チチワ結びの輪に引っ掛けてスナップを締めます。二重にするとより安心です。

パッケージにも工夫がされています。順に外していくと絡むことなくスムーズに取り出せます。

スナップスイベルをゆっくり引っ張ると、仕掛けが少しずつ出てきます。引き出すときに引っ掛かることもありますが、あくまで無理せず引き抜いてください。もちろんハリ先に気をつけてください。

下カゴ式はオモリも兼ねています。

全部引き出したら最後にスナップスイベルを開いてプラカゴをセット、外れないように閉じます。

これで完成です!

ウキ止めを調整しましょう。どこに魚がいるか最初からわかるわけはないので、仕掛けから写真の位置くらいにズラしてみましょう。これが仕掛けを投入したときの深さとなります。

なので、もっと深い位置に沈めたいときは、ウキ止めをもっとリール側に離せばよいのです。

エサも忘れずに

サビキ釣りに使うエサは、マキエやコマセと呼びます。

いろんなタイプのマキエがありますが、チューブ型だと手が汚れにくく、手間もかからないのでおすすめです。

無理やり押し込んだり山盛りに入れるとマキエが水中で拡散しないため効果が十分発揮されません。

エサの入れすぎには注意しましょう。

カゴに大量に入れてしまうと、マキエがカゴから出にくくなってしまうからです。だいたい8分目くらいが目安です。

これで仕掛け作りは完璧です! 一見手間が掛かっているようにも見えますが、実際やってみると、とても簡単で時間もかかりませんのでチャレンジしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました