ライバルに差をつける! ワンランク上のルアーアクションとは

基本のアクションを習得したら、さらなるステップアップを目指してワンランク上のテクニックを身に付けたい。ルアーフィッシングの人気ターゲットを狙う上での必須のアクションとなるので、必ずマスターしておこう。

ボトムバンプ

ルアーを海底で、軽くハネ上げながら、移動させていくテクニック。主にロックフィッシュと呼ばれている海底に生息する根魚を狙うときの定番アクションとなっており、ボトムバンピングとも呼ばれる。

ボトムバンプのイメージイラスト

基本の動作

ルアーを海底までフォールさせ、ボトムタッチ(着底)した状態からスタートさせる。

ラインスラック(余分な糸フケ)を取り、ロッドのティップを使って、ルアーを軽くハネ上げる。海底にある、岩などの障害物を乗り越えていくイメージで、あまり大きくハネ上げる必要はない。

ルアーがハネ上がり、再びボトムタッチすると、少し手前に来るので、ラインスラックが出る。それを巻き取り、再びハネ上げるを繰り返す。ラインスラックを取るのはリールのハンドルを半回転回すくらいでも十分だ。

チョンチョンという感じでルアーをハネ上げながら少しずつラインを巻き取り、手前へと移動させていく。ときどき大きなジャークやリフトを入れて、ルアーをフォールさせてやるのも効果的だ。

テキサスリグ

ボトムを探っていく釣り方になるので、どうしても根掛かりは多くなってしまう。そのため根掛かりしづらいテキサスリグなどで探るのが一般的となっている。

ドリフト

河口部など、流れがある場所で多用するテクニックで、ルアーを流れに乗せて流していき、弱った小魚を演出する。シンキングペンシルによる実績が高く、シーバスを狙う上での必須テクニックとなるので、ぜひ理解してマスターしておこう。

シンキングペンシル

基本の動作

最初にどこでルアーをターゲットに食わせるか、というポイントを明確にする必要がある。これはターゲットが潜んでいる場所となり、状況によって異なってくるが、光が当たっている明暗の境目やストラクチャー周辺などになることが多い。

狙うべきポイントが決まったら、そのポイントより上流にルアーをキャストして、流れに乗せてルアーを流しながら、ポイントへと近づけていく。このとき、ラインにまったくテンションを掛けない流し方と、多少テンションを掛けてルアーの行く先をコントロールしながら流すやり方がある。どちらが良いというのはないので、そのときの状況を見ながら試してみるとよい。

ドリフトのイメージイラスト

そして、ルアーが狙うべきポイントに到達したら、リールのハンドルを回してラインを巻き始める。弱って流れてきた小魚が、まだ生きているとターゲットに思わせるのだ。

ルアーをキャストする場所によって呼び方が異なり、自分が立っている場所より、上流側にキャストすることをアップクロス、下流側にキャストすることをダウンクロスと呼ぶ。狙いたいポイントや自分が立てる位置によって使い分けるので、まずはどちらも試してみて、ルアーの動きなどを理解しておこう。

タイトルとURLをコピーしました