上級者へのステップアップ ルアーロッドの用語を覚えよう

釣果を得るためのステップアップには、自分が持っている釣具の特徴や機能面、性能を知る必要があります。ルアーは海外から輸入されたものなので、どうしても外国語での専門用語が多く、難解で複雑になりがち。

まずは主役のロッドについて、正しい名称とその役割を解説していきますので、ぜひ覚えて理解しましょう。

ロッドの基本構成

ロッドの構成を大まかに分けると、ロッド本体の「ブランク」、握る部分の「グリップ」、リールを固定する「リールシート」、そしてラインを通す「ガイド」です。これらの素材や形状の組み合わせ方によって、大物シーバスをパワーでねじ伏せるロッドになったり、アジの繊細なアタリを確実に捉える高感度ロッドになったりします。

ブランク(ブランクス)

グリップを除く部分全体をブランクと呼びます。そして、穂先をティップ、グリップ側をバット、その中間部位をベリーといいます。覚えておくと、製品の特徴がよりハッキリと分かるようになります

ブランクは部位によって三つに分けて呼ばれています。先端からティップ、ベリー、バットの順で、特に目印があるわけではなく、おおよそ3等分で考えて大丈夫です。

ブランクの素材はグラス(ガラス繊維)とカーボン(炭素繊維)に分かれます。主流は後発のカーボンロッドで、硬く軽いのが特徴です。硬いためアタリが取りやすく、重量は同じサイズのグラスロッドと比べると半分近い。本来粘りがなく折れやすい素材なのですが、近年ではかなり強度が高められるようになりました。

一方のグラスロッドは、軟らかくて折れにくいロッドです。素材が安価なので激安ロッドのほとんどはこのグラスタイプです。

カーボンロッドに主役の座を奪われたグラスロッドでしたが、近年ではその長所が再評価され、カーボン素材にグラス素材を混ぜたグラスコンポジット素材も登場。オフショアの大物用やバスロッド、エギングロッドなどに使用されている製品もあります。

ルアーロッドの主な素材はこの2つで、混合させたり、穂先だけにグラスを使ったりと釣種に合わせて配合率を変えたりして調整します。

ちなみに、ほかにもボロン素材や、バンブー(竹)素材などがロッドで使われます。ボロン素材は高価な素材のため一部のメーカーのハイクラスロッドに使用されています。

バンブーは普段ルアーロッドでは見ない竿ですが、ヘラブナや渓流、フライなどで使われます。竹の独特な質感がファンを作り、現在は職人が手作業で製作する、かなり高級なものになります。

グリップ

グリップの形状は同じコンセプトのロッドでもメーカーによってさまざまです。自分が一番握りやすいものを選ぶと良いでしょう。

グリップの作りは各製品によってさまざまですが、先端部分を「フロントグリップ」、中間を「ミドルグリップ」、後方を「グリップエンド(リアグリップともいう)」と呼びます。グリップはデザイン的にも一番個性がでる部分で、同じ釣種、近いコンセプトのロッドでも形がぜんぜん違うこともあります。同じ機種でグリップの形が別物ということもまれにあるので、購入の際に注意しておきましょう。

グリップの素材は主にEVAやコルクですが、ソルトルアーロッドの場合は耐久性に優れて軽量で汚れにも強いEVA素材が多いようです。淡水ロッド、中でもハイエンドなバスロッドにはコルク型が人気です。コルクの利点は手触りの良さや軽さなどが挙げられます。もちろん、EVAグリップの方が優れている部分もありますので好みで選んで大丈夫です。

サーフゲームなど遠投が必要な場合は、グリップエンドが長い方が飛ばしやすいです。ボートゲームや、ライトゲームでは短めの方が取り回しが良く扱いやすいです。

リールシート

左側がグリップエンド側です。上がダウンロック式で下がアップロック式です。

リールシートは、スライドさせて固定するプレートシートやネジ式のパイプシートがありますが、ルアーロッドではパイプシートが主流です。素材は樹脂製が多いです。

パイプシートには、ネジを下から上に締めるアップロック式と上から下に締めるダウンロック式の2種類があります。使用感に大きな違いはありません。

ガイド

ガイドは、リングとフレームそれぞれに別の素材が使われています。リングの素材はセラミック、SiC(シリコンカーバイド=炭化ケイ素)、ゴールドサーメット、ルビーなどが使われていますが、耐久性や滑りの良さ、コスト面などからSiCが多く採用されています。フレームの素材はステンレスとチタンが主流で、チタンの方が軽く耐久性にも優れます。

継ぎ数

ルアーロッドの大半は収納・運搬しやすいように2分割以上になっていることが多いです。基本的には分割するよりしない方が優れている面が多いのですが、2〜3mのロッドを釣り場まで持っていくのは大変なので、状況に合わせて選びましょう。

たくさんの継ぎ数があるパックロッドはコンパクトに収納できて旅行などに便利。ですが強度が減ったり重くなったりと釣果に関わる弱点も増えるため、持ち運びに困らないようであれば、ツーピース以上のロッドが良いでしょう。

継ぎ数によってワンピース(1本継ぎ)、ツーピース(2本継ぎ)、パックロッド(3本継ぎ以上)に分けられます。パックロッドは、引き伸ばせる振り出しタイプのものもあり、コンパクトにたためるため持ち運びに便利ですが、強度やバランスなどの問題が発生します。なので、特にコンパクトに持ち運びたい理由がない限りはツーピースかワンピースを選びましょう。

前述でルアーロッドの大半は2分割(ツーピース)以上と書きましたが、釣種によっては人気ロッドとしてワンピースタイプが選ばれることがあります。継ぎ数を確認せず人気だからとロッドを選んでしまうと、まれにワンピースロッドで「持ち運びでが不便」ということがあるので、継ぎ数は確認しておきましょう。

継ぎ方

継ぎ方には印籠継ぎ(スピゴットフェルール)、逆印籠継ぎ、逆並継ぎ(スリップオーバーフェルール)、と並継ぎ(フェラライトフェルール)の4種類があります。ルアーロッドで主流となっているのは印籠継ぎと逆並継ぎの2種類です。

印籠継ぎは、各ピースをつなぐために、芯を挿入し固定したタイプのことです。逆並継ぎは、バット側のロッドにティップ側を被せるようにつなぐ方法です。あまり大きな違いはなく、強いていえば印籠継ぎはよりシームレスに曲がり、逆並継ぎは芯がない分軽いといわれています。

アクション(ロッドの硬さ)

ロッドの硬さは、釣種はもちろん、使うルアーの種類やウエイト、ラインの種類から考えます。

  • ウルトラライト(UL)
  • ライト(L)
  • ミディアムライト(ML)
  • ミディアム(M)
  • ミディアムヘビー(MH)
  • ヘビー(H)

ULが一番軟らかく、順に硬くなります。軽いルアーを使用して細いラインでタックルを組む場合はライト、重いルアーと太いラインを使うときはヘビー、中間ならミディアムです。ただし、これらの表記は相対的なものであり、同じライトでもメバリングロッドのライトと青物用ジギングロッドのライトでは全く異なります。

テーパー(調子)

テーパーとは、負荷をかけたときにロッドのどの位置から曲がるかを示しています。

  • スロー(胴調子)
  • レギュラー(中調子)
  • ファスト(先調子)
  • エキストラファスト(超先調子)

ファストテーパータイプは、ルアーの操作性に優れ、軽いルアーのタダ巻きや繊細なアタリを捉えるのに適しています。スローテーパーはキャスト時にルアーの重みでしなやかに曲がるのでキャストしやすく距離もでます。またバット部から曲がるのでトルクを引き出しやすく、ファイトにも余裕が持てるのが特長です。

ソリッドティップとチューブラーティップ

最後にティップ(穂先)についての仕様です。穂先の中身ソリッドティップと、わざと中身を空洞のままにしたチューブラーティップがあります。

ソリッドティップの利点は魚にハリを掛けやすい(食い込みがよい)ことと、軟らかくしなやかに曲がってくれることです。

チューブラーティップはロッドの感度が高く、小さなアタリもアワセを入れやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました