ライトロックフィッシュ入門! 基本的なメソッドを解説

美味しい魚といえば、カサゴを始めとする根魚。それらを本格的に狙うのがロックフィッシュゲームと呼ばれているが、サクっと短時間で勝負がつくのでライト感覚で楽しむアングラーが増えている。より効率的に狙うなら、攻めるポイントや攻略方法を知っていれば割と簡単にヒットまで持ち込める。

ロックフィッシュ4
美味しい根魚を釣り上げよう!!

岩や根がたくさんあることが条件

ロックフィッシュ2
釣る前の下調べも大事なポイントだ。

まずは場所の選び方。根魚ゆえにそこの釣り場に魚が隠れる岩や根が多くあることが大前提となる。岩や根があるといっても、足元に少しある程度で多くは砂地とかではなく、岩礁帯やテトラエリア、敷石エリア、ゴロタでもびっしりと入っているエリアで、いかにも根掛かりが頻発しそうな場所が最適だ。

さらにブレイクラインのような地形変化があるとより好ましい。そういった場所こそ根魚が身を潜めることができ、なおかつ最も好むエサの甲殻類が潜んでいる。なお、河口域のような潮の流れが速い所や塩分濃度の薄い河川ではなく、緩やかに流れがある漁港や湾奥の方が数も型もそろいやすい。水深は3mもないくらいの比較的浅いエリアでもOKだ。そう、水深がなくても根魚は釣れる。漁港より湾奥の方が水深も浅いので、釣りもしやすいように思う。

根掛かり回避のタックルセレクト

ロックフィッシュ5
シンカーもバレットシンカーのような根がかり対策が必要だ。

タックルは5g以下の軽量ジグヘッドをメインに使うので、それに適応したロッドが必要だ。リールは2500~3000番のスピニング。ラインに関しては根ズレが心配なので0.6号か0.8号をおすすめする。リーダーにはフロロカーボン12~16ポンドを約50~80cm。ルアーはその場所によって使い方をいろいろ変えるが、基本的にジグヘッド単体で使うことが多い。ワームに関しては2インチかそれ以下のシャッド系がよく、カラーはピンクやオレンジの派手系、クリア系、ダーク系でそれぞれ素材が高比重のものや高浮力のものが各1つずつあれば様々な場所で対応できる。なお、ジグヘッドの重さやワームで調整すれば、思ったより根掛かりもしないので、まずは3gぐらいのジグヘッドに小さいワームをサーチベイト的に使ってみてほしい。

基本メソッドとは

ロックフィッシュ6
キャスティングが上手くなれば、よりいいポイントに入れることができる。

足元の岩や根から先の切れ目が、第一のポイントになることを頭に入れておきたい。根魚は上から落ちてくるものに対しても興味を示すので、着底するまで気を抜かず着底後にボトムを意識してゆっくり巻いたり、ボトムに着くかどうかにスイミングさせたりして反応を見る。反応がなければ、ロッドを軽く動かしながら巻いて止めるを繰り返したり、軽く跳ね上げたり大きく跳ね上げたりと、その時々で反応がよい釣り方で誘う。

それでもアタリがなければ3、4歩移動し、同じような釣り方を繰り返す。足元付近で反応が悪いときは、ジグヘッドを5g程度にチェンジして少し沖を攻めてみる。攻め方は先ほどと同じだが、ジグヘッドを重くする場合はフォールスピードを抑えたいため、ワームは高浮力素材に変更したい。これは根掛かり回避にも役立つ。

底に変化がある箇所を攻める

攻めるエリアは足元から沖、その先の根周り。そのどこかでアタリがあれば複数尾潜んでいることが多いので、そのヒットゾーンを集中的に攻めてみてほしい。石畳が中心の釣り場では、フラットな面ではなく、沖側のカケサガリ部分から石畳の先端部分を中心に攻める。ただし、石畳の角度や高さによってはかなり根掛かりしやすいので注意が必要だ。

コツは石畳の先端より少し沖へ投げればいい。また、石畳に対してまっすぐキャストするのではなく、広範囲に攻めたいので斜めにキャストして面エリアを狙いたい。この場合、根掛かりも考慮して2~3.5gまでのジグヘッドを使う。カケサガリ部分から先端部分までの間でバイトが多発するので、いかに根掛かりを回避しながらフッキングさせるかがキモになる。

アタれば一気に巻き上げる

ロックフィッシュ3
ファイトはためらわず一気に! そのためにもラインセレクトは重要となる

基本的にはルアーを止めずゆっくりスイミングさせるのだが、軽いジグヘッドを使ってもスタックしてしまうこともある。そんなときは1g程度のジグヘッドに高比重のワームを付けたり、2g前後に高浮力のワームを付けてみてほしい。そこに潮の流れがあるのなら、例えば潮が右から左に流れている場合、右方向に投げ潮の流れに乗せてドリフト気味に石畳を攻めるのも有効だ。そして注意しなければいけないのが、石畳エリアでヒットしたとき魚が大きければ大きいほど潜る力も強いので、一瞬でラインブレイクしてしまうこと。よってリーダーは16ポンドだ。ファイトはためらわずに強く、一気に巻き上げる。釣り上げたらラインのチェックも忘れないようにしよう。

今回はライトロックゲームの基本を紹介したが、釣りには一つの正解だけではなくたくさんの答えがある。いろいろな釣り方を試して、自分なりのヒットパターンを作りたい。そこにゲームフィッシングの楽しみがある。

ロックフィッシュ1
『来た時よりもキレイに』

なお、ロックフィッシュは成長が遅い。小型はリリースして必要以上の数は持ち帰らない配慮が必要だ。ゴミのポイ捨てや迷惑駐車はもちろんアウト。一人ひとりがルールやマナーを守って釣りを楽しんでいただきたい。

タイトルとURLをコピーしました