イカダかボートで挑む超ド級アオリイカ

エギング

エギングシーズンも終盤戦。全国的にも今年は当たり年らしく、好釣果に湧いていた。手軽なおかっぱりでもいいが、やはり人が多く入っていてイカたちは連日エギを見せられてすっかり学習している。秋ならともかく、このシーズンでは1パイを手にするのもなかなか難しいだろう。なのでボートで手つかずのエリアへ出るか、イカダへ渡るかのどちらかがおすすめ。ボートは乗合方式の遊漁船でもいいし、船舶免許を持っていればレンタルボートで出るのもよい。

実は小型のエギが外せない

タックルは基本的におかっぱりと同じだが、4号までのエギをフルキャストでき、しっかりシャクれるバットの強さを持つロッドが望ましい。3kgクラスがヒットすることも想定し、パワーのあるロッドがお勧めだ。リールは小型スピニングリールで、ダイワなら2500番、シマノなら3000番クラス。ハイギアでもパワーギアでもどちらでもよい。

ラインはPEラインの0.8号。0.6号でもいいが、アワせ切れやシャクり切れのリスクがあるので、0.8号ぐらいが最も使いやすいだろう。リーダーは擦れに強いフロロカーボンラインの2号。長さは1ヒロほどで、メインラインのPEラインとは摩擦系のノットでしっかり結束しよう。リーダーの先にスナップを介し、エギを接続するが、スナップに関しては釣具店のエギングコーナーに行けば必ず各メーカーのものが販売されているので、SかMサイズのものを選びたい。

エギは2.5~4号まで幅広く用意したいが、メインで使うのは3.5号。この時期に2.5号や3号はいらないのでは? と思う人もいると思うが、最近の傾向として大型のイカが小型のエギにしか反応を示さない場面をよく見る。大型のエギ=大型のイカという考え方は間違いではないが、小さなベイトの関係か、小型のエギが抜群に効くこともある。この時期における小型のエギは、決して小型のイカを狙うためのものではなく、デカイカを仕留めるための、引き出しのひとつと思ってほしい。カラーに関しては、ピンクやオレンジなど視認性のよいものに加え、オリーブやアジカラーなどナチュラル系のものを揃えておこう。下地のテープもマーブルや金、アカキンなどいろいろだが、そこまでシビアに考える必要はないと思う。ほかに偏光グラスやライフジャケット、帽子は必ず着用を。これから日中は暑くなるため、クーラーには多めに氷を入れておき、飲料も多めに持参するようにしたい。

イカダからもボートからも、おかっぱりのキャスティングのエギングとほぼ同じスタイル。船やおかっぱりのように、自由に移動ができないため、まづめや潮の動き始めなど、時合いと思われる時間帯には集中して攻めていきたい。どんな釣りでもそうだが、丸一日集中して釣り続けるなど不可能。適度に休憩を取りながら、ここぞというタイミングを逃さないようにしよう。

ロングフォールが有効な場面

海藻はアオリイカの産卵場所となる。
カケアガリなどの地形変化を探そう
こんなロープ1本にもイカは着く。

狙うポイントは、アオリイカの産卵場となる藻場周辺やカケアガリなど底に変化のある所だ。秋のエギングとの決定的な違いとして、キレのあるシャクリはそのままに、エギの移動距離を短くし、短い距離でイカにエギを抱かせることを意識しよう。具体的にはスローフォール系のエギを使い、じっくり長くフォール時間を取ること。エギの滞空時間を長くすればするほど、イカがエギを抱くチャンスが増える。また、警戒心の強い大型のイカは、秋のようにわれ先にエギを奪い合うようなことはまずない。キレのあるシャクリと長いフォール、あるいはボトムステイでイカにじっくりエギを見せ、そこにいるイカを確実に仕留めていきたい。

シャクリのパターンとしては、通常の2~3段、あるいは4~5段シャクリがメインだが、その際も激しくではなくティップの振り幅を極力短くするようにしよう。このとき、リールのドラグ設定は、シャクったときにほんの少しジッと滑る程度にしておく。

アタリはその後のフォール中に出ることがほとんど。ラインがスッと引き込まれたり、ピンッと弾かれたりフォール中のラインがピタッと止まったり。出方はさまざまなので、「ん? おかしい!」と思ったら、迷わずアワせよう。もし空振りでも、それは誘いのシャクリになるので、特に問題はない。そのまま次のフォールに集中しよう。

大型ほどフィニッシュを慌てない

首尾よくイカが乗ったら、ドスンと手元に重みが伝わる。その重みは秋に釣れるコロッケサイズの比ではない。その後、ジェット噴射による引き込みが伝わってくるが、このときに決して慌てないことである。イカは胴に海水を吸い込み、それを一気に吐き出して推進力を得る。つまり1回に走る距離は胴の海水1杯分だけ。青物のように猛スピードで突っ走ることはない。ロッドのバットにしっかり重みを乗せ、反発力を生かしてじっと耐えよう。間違ってもこのときに無理にリールを巻いたり、ロッドを寝かせたりしないこと。上段に構えて走りたいだけ走ればよい、ぐらいの気持ちでラインを出してやろう。走りが止まればポンピングせずにリールのハンドルを巻いていく。

イカが浮いたら落ち着いて寄せ、取り込みは必ずネットで行う。すくうときは必ずイカの頭から網入れることだ。絶対にイカをネットで追い回すようなことはしないようにしたい。イカが大きければ大きいほど取り込みの難易度は上がるが、ヒットからランディングまでのコツはとにかく慌てないことだ。幸運を祈る。

タイトルとURLをコピーしました