尺アジが目標! アジングに挑戦しよう

アジング

アジは年中釣れ、サイズによって刺身や焼き物などにすると美味しい青魚である。これからアジ釣りを始めるならソルトルアーを使用したアジングが手軽だ。道具がシンプルで簡単、サビキ釣りのようにマキエを用意する必要がないため、思い立ったらすぐに出かけることができる。

準備するもの

基本タックル
ジグヘッド
ソフトルアーワーム
クーラーボックス

竿(ロッド)、リール(スピニング)、ラインリーダー、ジグヘッド、ソフトルアー、魚バサミ、ライフジャケット、ヘッドライト、玉網、クーラー、水くみバケツ、バッカン、タオル

主なタックル紹介

ロッドは軽量なルアーをキャストできるもので5〜8ft、軽量な小型スピニングリール、メインラインは0.4号前後、メインラインにPEを使う場合はリーダーが0.75〜1号を30㎝、ジグヘッド0.5〜1.5g、ストレートテールやピンテール、パドルテールなどのワーム1.5〜2in

狙うポイント

常夜灯周辺が狙い目のポイントとなる。
常夜灯の光に小魚やアミエビが集まり、それを狙ってアジが集まる。

理想は常夜灯がある波止や岸壁。明かりが届いている所には、アジのエサとなる小魚やアミエビなどが集まりやすいため、それを狙って群れて回遊してくる。

エサがたまりやすいところ、流れがヨレている場所や緩い反転流ができている場所。海面が明るい、またはスポット的に暗くなっている場所。波止の曲がり角部や先端部。テトラの切れ目や捨て石周り、沖に何らかの障害物があるような場所も狙うべきポイントになる。また、闇夜は風がなく波が穏やかな日に狙うのが基本であり、月夜の日は常夜灯の効果が薄らぐためアジの寄りが悪い傾向になる。

釣り方の基本

スローな棒引きでまずは表層を引いて様子をみる。海面でアジがエサを追っているときはすぐにアタリがでる。表層でアタリが出ないときは、引く層を少しずつ深くしていく。アタリが出る層が分かったら、そこを重点的に狙う。なお、風があるときは、できるだけ竿先を海面に近づけて道糸が受ける影響を少なくするのがコツ。

棒引きで反応がないときは、穂先を小刻みに動かしながら引いたり、途中でカーブフォールさせて中層や底近辺までジグヘッドを落とすなど変化させてみる。アジがアミエビなどのプランクトンを多く食べているときは棒引き、小魚を多く捕食しているようなときは小刻みなアクションが有効な場合が多い。

また、釣っている間にアジの泳ぐ層が変わってくることもあり、その場合はどこの層にいるか探るため、表層からラインを張り気味にしてゆっくりジグヘッドを落としながらヒットポイントを見つけるようにしたい。

アタリとアワセ

いきなりロッドを抑え込むアタリは分かりやすいが、水温低下時は穂先がわずかにモゾっと抑えるだけの小さなパターンや張っていたラインが緩んだり、弾かれたりしたアタリもある。とにかく、穂先や手元に少しでも違和感や変化が表れたらロッド全体でアジを乗せるようにしてアワセてみよう。アジの口は弱くてもろいため、鋭いアワセやビシッとしたロッドでのシャクリは禁物で、掛かったと感じたら一定の速さで足元まで寄せてこよう。なお、大物が掛かってもバラさないコツは、リールのドラグを緩めに設定しておくことをお勧めする。アワセ切れや口切れを防止することにつながる。また、30㎝を超す良型や他の魚がヒットしたときは、あわてず丁寧に寄せ、抜き上げも慎重にし、重量を感じたら玉網ですくうことも大切だ。

いくら大型や数釣れても夜間に大声で騒ぐのは厳禁。駐車やゴミの持ち帰りなどのマナーは当然に守って、周辺住民や漁業関係者に迷惑がかからないよう留意したい。

ワンポイントアドバイス

ジグヘッドにソフトワームを刺す際は、ハリの形に沿うようにするのではなく、ワームがまっすぐになるのがコツ。ワームが泳いでいるようになることで、よりアジがエサと見間違えて吸い込みやすくするためでもある。

タイトルとURLをコピーしました