アジの泳がせ釣り

爆発的ではないにしろ、定着したファンを獲得しているアジの泳がせ釣り。本物の生きた魚を使うわけだから、釣れる可能性は圧倒的に高い。

そんなアジの泳がせ釣りを徹底解説。さまざまな仕掛けを使い分け多彩な魚たち狙っていこう!

◯ウキ釣り仕掛け

◯エレベーター仕掛け

◯ぶっ込み仕掛け

ウキ仕掛け

特徴とターゲット

ブリ
ヒラマサ
カンパチ
スズキ(シーバス)

泳がせ釣りの中でも比較的ポピュラーなウキ仕掛け。表層から宙層を探っていけるので、青物やシーバスなど、宙層以上を泳ぎ回って小魚を捕食するターゲットを狙うのに適している。

ウキが海面にあるため、アジが今どのあたりを泳いでいるのか分かりやく、またアジが大型魚を感知して暴れ出す前アタリやウキが沈む本アタリなど、視覚的に分かりやすいというのが特徴となる。

重量のあるオモリを使用しないので、キャストでの遠投性という面では劣るが、ウキを潮に乗せて流していけば遠投するよりも遥かに沖のポイントを攻めることも可能となる。

また、ウキ下を調整することでエサを泳がせるタナを変えることができるので、状況に合わせて、ターゲットのいる層を狙い撃ちできる。さらに釣り場の水深にマッチさせることが容易で浅い場所でも深いポイントでも対応しやすいため、根掛かりのリスクが少なくなるなどのメリットがある。

一方、デメリットとしてはウキの抵抗を背負って泳がなければならないため、エサとなるアジが弱りやすいという点が挙げられる。また、仕掛けを作るのが多少面倒だという面もある。

宙層以上を泳ぐ魚を広く狙っていけるが、青物やスズキのようにエサを丸呑みにする魚をターゲットとする場合は、ハリは1本でも掛かりやすい。エサを長持ちさせるために仕掛けは1本バリにした方がよいだろう。

仕掛けのワンポイント

ウキは基本的に何を使用しても構わないが小アタリを取るためではないので感度より見やすさを優先した方がよい。潮の抵抗を受けにくいウキの方がアジが元気に泳ぐことができ、違和感が少ないためターゲットがエサを咥えたときに放しにくい。しかし、それなりに浮力のあるものを使用しないと、アジの泳ぎだけでウキが沈んで見えなくなってしまう。

形状は中通し、環付き、棒ウキなどの選択肢があるが、トラブルが少ないのは中通し、仕掛けが馴染むのが早いのが環付き、視認性が高いのが棒ウキとなっている。カゴ釣りをする人はそのウキをそのまま使えばよい。羽付きのものでもよいだろう。ただし、カゴ釣りのように遠投してしまうと、着水のショックでエサのアジが弱ったり、身切れによるハリ外れの原因となるので、注意したい。

一般的にはサビキウキがよく使われており、浮力が高いためエサの泳ぎの妨げとなる抵抗も大きくなるが、アジ程度の引きではウキが沈みっ放しになるということはなく、沖まで流しても視認性も高い。また、発光体を装着すれば夜釣りにも対応可能となる。

タックル

竿:磯竿2〜5号 5m前後

ターゲットによりチョイスする号数がかなり変わってくる。波止から狙う場合は、スズキであれば1.5号程度でも獲れないことはない。ブリやヒラマサなどの青物をメインターゲットとして狙うのであれば4号以上あった方が獲れる確率がアップする。ショアジギングロッドでもやれなくはないが、長さが短いため、ウキ下があまりとれないという事情がある。

リール:3000〜5000番

使用するラインが100〜150m程度巻けるものを選びたい。青物メインなら200m程度巻けた方が走られても対処しやすい。

道糸:ナイロン4〜8号

2号の竿を使うのであれば4〜6号程度、青物狙いで4号以上の竿を使うなら8号程度を選ぶとよいだろう。PEラインを使う場合は1.5〜2号、青物狙いでは3号以上が望ましいがロッドの強さに合わせる必要がある。ただし、PEラインはウキ止めを固定しづらいという難点があるので、探りたいタナに合わせて中ハリスとしてナイロンラインを入れた方が無難だ。

ハリス:フロロカーボン3〜7号

道糸に細めのものを使用する場合は、ハリスを設けなくても問題ない。太い道糸を使用している場合はアジの泳ぎの妨げになるので、やや細めのハリスを入れたい。ターゲットがスズキであれば3〜4号、青物なら5〜7号程度でよいだろう。

ハリ:チヌバリ4〜8号

青物がターゲットでなければ4号で十分だ。

エレベーター仕掛け

ターゲット

ブリ
スズキ(シーバス)
キジハタ(根魚)
ヒラメ

エサが弱りにくいのが特徴

エレベーター仕掛けとは道糸にオモリを付けたシンプルな仕掛けを先に投げ入れて、後からアジをセットしたハリス仕掛けをスナップサルカンで道糸に沿わせて投入する釣り方だ。広く探っていけるのが特徴で、宙層以下を狙うのに適した仕掛けとなる。エサを投入する際に何とも言えないワクワク感が味わえるのもいい。

エサとなるアジを仕掛けと一緒に投げないので、エサが弱りにくいというメリットが大きい。そのため、仕掛けを大遠投して沖のポイントを狙うことも可能となる。

エサがどの辺りを泳いでいるのかは分かりにくいという点はあるが、アジは道糸に沿って泳ぐことになるため、狙ったコースを外れる可能性が低い。

道糸沿いという縛りはあるが、抵抗となるものが少なく比較的自由に広範囲を泳ぐことができるため、エサを弱らせる要因をここでも低減できている。また、泳ぎが自由なためターゲットに違和感を与えづらく、エサを咥えたときにも離しづらいというメリットもある。

デメリットとしてはエサを誘導できないので狙う層を決めることができない。そのためターゲットを絞りづらいという点が挙げられる。特に狙う魚を決めずに釣れるものを釣るというスタンスには向いているだろう。むしろ何が掛かるか分からないというドキドキ感が味わえると思えばよい。また、エサが怖がってなかなか沖へ出ようとしない場合は例えオモリを100m以上飛ばしても、近い範囲しか探れないという可能性もある。

エサが弱りにくい仕掛けなのでハリは2本で掛かり重視とするとよいだろう。

仕掛けのワンポイント

竿はなるべく遠投が可能なものを選びたい。磯竿の3号程度が一般的だが、4号以上の遠投竿や投げ釣り用竿、ショアジギングロッドを使えば、重量のあるオモリをフルキャストしてより沖のポイントを攻めることが可能となる。

捨て糸はオモリが根掛かりしたときにオモリだけを切り捨てメインの仕掛けを回収できるようにする役割がある。投げ釣り用竿やショアジギングロッドで重量のあるオモリをフルキャストする場合は、使用するオモリやメインラインの強さに合わせて多少太いものを使用しないとキャスト切れの可能性があるので注意したい。

タックル

竿:磯竿、ショアジギングロッド、投げ竿

オモリを遠投するだけなので、長さは気にしなくてよい。15号以上のオモリをキャストできるくらいの強さが好ましいが、軽いオモリを使用すればエギングロッドなど、どのような竿でも楽しめる。

リール:3000〜5000番

使用するラインが150〜200m程度巻けるものなら何でもよい。

道糸:ナイロン5〜8号、PE1.5〜3号

ターゲットを確定しづらい仕掛けなので、使用ラインも決めづらいが、大型の青物が回遊している状況でなければ太仕掛けにする必要もないだろう。15号のオモリを基準に考えると、ナイロンでは5号、PEでは1.5号程度を使用したい。使用するオモリの重量に合ったラインを使用すればよい。

ハリス:フロロカーボン3〜5号

スズキやヒラメ、根魚を想定しているのなら4号で十分だろう。海底が岩礁帯などで、根ズレが想定される場所ではアジの泳ぎの妨げにならない程度に太めにしておきたい。

オモリ:15号

吊鐘式であればナス型か六角オモリがよい。海底で安定させるためには15号以上が好ましい。

ぶっ込み仕掛け

特徴とターゲット

ヒラメ
マゴチ

護岸整備された砂地エリア。釣果が聞かれなくても、流れがあり、地形変化に富み、ベイトが集まりやすいところなら可能性はある。

泳がせ釣りのパターンの一つ「ぶっ込み仕掛け」とは、その名の通り、仕掛けをエサもろともぶっ込んで海底付近を狙う釣り方だ。とにかく仕掛けが簡単で、また投げ釣りのように遠くに飛ばす必要もないため、初心者でも手軽に始められる方法だ。  ぶっ込み釣りは他の泳がせ仕掛けと異なり、完全底狙いのため、海底付近を中心に生息しているフィッシュイーターがターゲットになる。

筆頭はヒラメ。海底に潜む魚の代表格であり、釣趣、食味ともトップクラスの人気魚だ。それから生息域や行動パターンがヒラメによく似ているマゴチ。この2種類がメインターゲットになる。他にもアラカブやソイ、キジハタ、マハタ、ソイ、マダイなどが食いつくこともある。

適した釣り場

オモリが常に海底に接しており、エサの魚も海底スレスレを泳ぐことになる。そうなると最も心配なのは根掛かりだ。この釣りに根掛かりはつきものだが、それでも避ける努力をしなければ仕掛けがいくつあっても足りなくなる。

複雑な地形の岩礁帯だったり、藻が繁茂しているような場所ではすぐに根掛かりしてしまうので、何もないフラットな砂地がよい。とはいえ、遠浅の砂浜ではポイントまで遠く、エサを届けることができないので、底が砂地の波止や護岸が理想的である。

仕掛けのワンポイント

ぶっ込み仕掛けには大きく分けて2種類ある。一つは中通しオモリを使う極めてシンプルな仕掛け。オモリが固定されておらず自由にエサが泳ぐことができるためターゲットにアピールしやすく、食いついたときも魚が違和感を覚えにくいのでエサを離すことが少ない。自由に動けるということはエサが弱りにくいことにもつながる。デメリットはアタリが分かりにくいことが挙げられる。

もう一つはトリプルサルカンなどを使った胴突き仕掛け。アタリは少し分かりやすくなるが仕掛けが絡みやすいというデメリットもある。

どちらも一長一短あるが、初心者にはトラブルの少ない中通しオモリ仕掛けがおすすめだ。

仕掛けは自分で作ってもいいが、市販の仕掛けをそのまま使うのが手っ取り早くて確実。

ぶっ込み用として売られているものでもいくつかの種類があるが、最初はシンプルな1本バリ仕掛けから始めよう。多段バリタイプやトレブルフックが付いているタイプはハリ先が多いだけによく掛かりそうに思えるが、仕掛け絡みを起こしやすく、トラブルの解消に時間が掛かってしまうケースが多い。

タックル

竿:投げ竿20〜30号、磯竿3〜5号 5m前後

10〜30号のオモリを使うので、その重さを投げるのに耐えられる竿が必要になる。投げ竿なら問題ないが、ルアーロッドや磯竿を流用する場合はオモリ負荷に注意しよう。遠投はしないので長さにはあまりこだわる必要はない。

リール:3000〜5000番

3〜5号のナイロンラインが100m程度巻けるものなら何でもよいが、大物にこだわるならドラグフリー機能が付いているものを選択しよう。

道糸:ナイロン3〜5号

PEラインは感度の面で優秀だが、擦れに弱いので海底を攻めるぶっ込み釣りには不向き。どうしても使いたいならショックリーダー代わりに太めのナイロンラインを仕掛けとの間に挟もう。

ハリス:フロロカーボン4〜5号

擦れに強く、ヒラメの鋭い歯にも切られにくいフロロカーボンライン

エダス:フロロカーボン4〜5号

ステ糸より太めのフロロカーボンを20〜30㎝。ステ糸より短めにするのが仕掛け絡みを防ぐコツ。

ステ糸:フロロカーボン2.5〜3号

擦れに強いフロロカーボンラインが最適。30〜50㎝取る。

オモリ:オタフクオモリ10〜20号

中通しタイプなら何でも一応は釣りになるが、流れがある場所などではオモリが流されるとアタリが分かりにくくなるので、オタフクオモリなどの流されにくく転がりにくいオモリが適している。

オモリ:六角オモリ10〜20号

オモリがあまり重すぎるとエサの動きを妨げて弱らせてしまう。ほどほどを心掛けよう。

ハリ:チヌバリ4〜5号

80㎝クラスまでなら4号で十分通用する。


1本バリ仕掛けの場合はオーソドックスに背掛けがよい。孫バリが付いているタイプの場合は、親バリを鼻掛けや口掛け、孫バリは腹掛けにする。孫バリがトレブルフックならどれか1本を腹に刺す。刺すときに内臓を傷つけるとすぐに弱ってしまうので内臓を避けて刺すように気を付けよう。

ぶっ込み釣りの生きエサはアジ以外にキスやメゴチも活躍する。こだわらずに釣れるエサを使おう。
タイトルとURLをコピーしました