脱初級者 今さら聞けないタナのこと<ウキフカセ釣り>

タナとは

ここでいうタナとは、魚の就餌層を指す。いわゆる魚が食ってくる層だ。遊泳層ではない。

そもそも、フカセ釣り(ウキを使わない)とはエサを付けたハリをラインに結んだだけで、タナを決めた釣りではなかった。もっとも、当時は現在のように優れた竿やリール、ラインはなかったから、瀬際から仕掛けを送り込み足元付近の魚を狙うイメージだ。

ウキを使うようになってからは、対象となる魚の遊泳層を効率的(横向きに)に長時間狙えるため足元付近の魚だけではなく、遠くまで狙うことが可能になった。
ここからウキフカセ師のタナ事情が急変する。

それにはマキエが大きく関わっている。マキエと仕掛けを同時に流すと、そのうちマキエの方が深く沈んでしまう。だから、ときには追い打ちのマキエをするなど「決めたウキ下」を基準にマキエを調整するのが一般的だった。その中でウキ下の調整を行い、魚が食ってくるタナを探しながら釣るのが当たり前だった。だから釣り関係の書物には必ず「タナ」の重要性が書かれていた。

そして、スルスル釣り、全遊動、全層などタナを決めない釣りが紹介され、多くの人が行うようになると、当初はどれくらいのタナで食ってきたか要点として書かれていた。もちろん、タナが書かれていても正確な数値ではなくおおまかなものである。

しかし、最近ではあまり重要とされないのか、釣れたタナが書かれていない記事が増えたように思える。釣っている本人もあやふやで、タナを聞かれてもおおざっぱにしか返答できないということもあるだろう。釣り座、ヒットポイント、潮の流れが主に伝えられている。

ここから先が初級者かそうでないかの分かれ際になる。中級者以上なら、どの方向に仕掛けを流した(流れた)かが分かれば、おおまかに想像できるはずだ。その考え方について紹介していこう。

タナの意味とは

例えば、透明度の高い堤防で足元の底付近に良型の魚が見えたとしよう。仕掛けはいつものウキフカセ釣り仕掛けを用意している。堤防から見える魚のタナは感覚的なものであり、魚の位置はあくまでも底付近でありベタ底とは限らない。狙うため仕掛けを落としていく場合、ウキ止めを付けた仕掛けであれば、想像でタナを設定し徐々に合わせていくのが初級者だ。

中級者ならウキを使わず(もしくはウキ止めを深く設定して)ゆっくりと仕掛けを落としていくだろう。ここでいちばん重要なのは「ゆっくりと落とす」という行為。適度な速度で落ちてくるエサに、多くの魚は良く反応するからだ。

一気に魚のいる場所までエサを落とした場合、魚がびっくりして逃げ出すか、魚を通り越していくかである。このように、タナの設定とは、魚のいる場所だけではなく、そこまで到達するプロセスが重要とされている面も大きいことを知っておこう。だから、スルスル、全遊動、全層は多くのフカセ師に受け入れられたのだ。

タナまでの距離

ストンと狙いのタナまで仕掛けを落とすのが移動仕掛けや半遊動仕掛け。半遊動仕掛けでは、仕掛けを引き戻したりして新たにツケエをゆっくりと沈下させながらアプローチすることができる。

ウキ止めを付けた任意のタナまでツケエを届けるには、潮の速さと沈ませる距離、そしてオモリの重量で沈むスピードが変わる。これを意識的に操作したことはあるだろうか。

例えば、チヌ狙いで水深10mのタナを狙うとしよう。竿2本近いタナを狙うのだから、あまり軽い浮力は使わず5B(0・5号)クラスの浮力を選ぶとする。ハリスは3m取り、ハリスにガン玉は打たないとすると、メインのオモリがセットされている7mの水深までは仕掛けが一気に沈み、ハリス分の3mがゆっくりと沈むことになる。ハリスが短いほど狙いのタナには早く届くが、「ゆっくり」部分が少なくなる。

左)いわゆる口オモリ的なものは、よりタナを深く安定して流すことが可能。またハリスの遊びがなくなるから、ツケエは同じタナを安定して流れることになる。これは、仕掛けを張り気味に流したいときに特に有効で、ツケエの浮き上がりを抑えてくれる。
右)ハリスの真ん中付近にガン玉をセットすると、のこり1.5mがゆっくりとアプローチできる部分。ハリスにガン玉を付けない仕掛けに比べてより仕掛けは真っすぐになるから、タナは深くを狙っていることになる。メインオモリ、ガン玉の2カ所で仕掛けは曲がる。
仕掛けはメインのオモリまでスムーズに沈み、ハリスがゆっくりと落ちてくるイメージ。約3mのハリスが魚へのアプローチ区間。しかし、流れにより仕掛けは斜めになるため、10mのタナを設定していてもくの字に仕掛けが曲がって9mになっていることも多い。

タナの調整単位

タナをどれくらいの単位で調整するかは人それぞれまちまちで基準はないが、基本はある。仕掛けにメインのオモリのみしか使っていない場合は、ウキ止めの位置で基本的に調整し、微調整は仕掛けの張り具合で行うことになる。だから、ウキ止めを動かす単位は50㎝〜1mごとでも大丈夫だ。

流れている仕掛けに対し、道糸の放出を止めると仕掛けが一直線になろうとしてツケエが浮いてくる。つまりタナが浅くなる。この原理を利用して、ラインの放出量を微調整して仕掛けのタナや流れる速度を任意に変更する。流れているツケエが止まったり動いたりすることで誘い効果も得られるので一石二鳥だ。仕掛けの引き戻しも同じ効果がある。

これはウキ止めを付けない全遊動や全層仕掛けでも同じで、仕掛けの張り具合や道糸の角度で仕掛けの送り込みを調整することができる。イメージが湧かない人は、足元で試してみることをおすすめする。ウキの穴を通る道糸が見えるくらいの距離で、流れがある場所でやってみる。道糸の角度や張り具合でウキ穴を通る速度が違ってくるだろう。道糸を持ち上げてウキと垂直になるほど道糸は通りやすく、穴に対して直角になるほど道糸の通りはセーブされる。

このように、道糸の張り具合でタナの微調整を行うことも可能だ。意識しているのとそうでないのは雲泥の差があるので、正しく理解して、仕掛けの張り具合を調整しよう。

無駄に多くのラインを放出しないこと。仕掛けを沈める際も、仕掛けを流す際も適度を心掛けよう。適度とは、ツケエが沈む速度、仕掛けが流れる速度を妨げないことだ。

タナボケの一つ

仕掛けの張り具合を解説したが、初めて釣りをした人ほどではないが初級者ほど無意味に仕掛けを張っていることが多い。特にウキ止めを付ける仕掛けはウキ止めまで早く仕掛けを沈めようと、多くの道糸を放出しがちだ。海面を漂う道糸なら話は別だが、海面下を漂うラインが一般的であるため、逆に抵抗となっているばかりか、足元に放出したラインの抵抗で仕掛けが流れにくくなっていることも。特に先打ちマキエを多用する人は要注意で、マキエだけ先に流され、それに気づいて追い打ちマキエをするシーンも見られる。

タナの調整

ここからは実践編として、釣れないとき、次はどうするかを考えていこう。その前に、釣り場での第一投時、どのようなタナ設定にしているだろうか。

チヌ狙いでスタンダードな狙い方を好む人なら、知らない釣り場では水深をきっちりと測ってからタナを設定する人も多いだろう。グレ狙いならハリス分くらいから狙うのではないだろうか。しかし、知っている釣り場なら話は別だ。以前釣れたタナから狙い始めるだろう。常連はよく釣るというのはこの要素が大きく、いきなり無駄を省いたところからスタートできるためだ。

知らない場所であったり、以前釣れた時期と違うのなら、やはり基本から攻めた方が順を追って攻略しやすいだろう。そして数時間が経っても釣れない場合、ではなく、釣れない時間をどれくらい我慢して次のステップで狙うかが勝負となる。

例として、5mから10mのタナを探る層として考えてみよう。仕掛けを投入してから回収するまでを1分とする。50㎝ずつタナを深くしていくと、5mから10mを探るまで12分掛かる。1mずつだと半分の6分で済む。ということは、50㎝ずつだと同じタナを再度狙うのは13分後であるが、1mずつなら7分後に同じタナを再度狙うことが可能だ。もし正解のタナが8mだとすると、50㎝ずつなら7〜8分後、1mずつなら4〜5分後に魚が釣れることになる。あくまでも仮定であるから実際とは異なるが効率だけを考えるとこうなる。

次に正解が7m50㎝だったとするとどうだろう。1mずつだとその層は8mを狙う際にツケエが通り過ぎるときにしか狙えないことになる。50㎝ずつ狙う場合は6分後、1mずつ狙う場合は3〜4分後に釣れるかどうかという計算になる。わずか50㎝のタナの違いであるが、あなたは細かく狙える50㎝ずつか、短時間で広範囲が狙える1mずつにするかどちらを選択するだろう。

正解は釣れた方となるのだが、おおまかに選択する条件がある。それは魚の活性と海中の透明度。魚の活性が高いほ動きは大きくなるから、1mくらいの誤差なら範疇となる場合が多い。これにプラスして海中の透明度が高ければ、さらにツケエを見付けてくれる可能性も上がってくる。

逆に厳寒期など魚の活性が低い場合は、小刻みなタナの設定が有利になりやすい。海中が濁っている場合も同様だ。

ウキ止めを付けない場合

最近ウキ止めを付けない釣り方をやり始めた人での勘違いトップは、どこまでも深く探ることが可能ということ。使用しているウキの浮力などに大きく左右されるが、ウキはどこまでも沈むものではない。沈むほど沈下速度は遅くなり、ある程度沈むとサスペンド状態になる。それに宙層〜底潮の速さによって沈まないこともあるから、仕掛け回収時に仕掛けが上がってくる方向や水深に注意して、想像と現実の答え合わせを行う必要がある。

ここで問題のタナについてであるが、前記の通り、仕掛けの張り具合や道糸の角度でタナを操作するのが一般的だ。とはいうものの、今まで行っていなかった人にとっては「そんなことできるのか!?」と難しく感じるだろう。それに本当に操作できているか分かりにくいから、最初は自分の腕を信じて「やれているつもり」で行うしかない。証明できるから、毎投忘れずに意識して操作することだ。

ウキ穴に対して平行になるほどラインが通りやすくなる。だから、フワッとラインを持ち上げてやればその瞬間スッと仕掛けを送ることができる。これを確認するには、足元に仕掛けを入れ、垂直にラインを張り、仕掛けの沈下に合わせて竿先を下げながらラインを送り込んでみるとよい。それが一番抵抗の少ない状態で仕掛けが沈む速度だ。
ラインをウキ穴に対して直角にするほど抵抗が生まれ仕掛けの落ち(ラインの通り)はゆっくりになる。仕掛けを貼り過ぎると仕掛け全体が浮き上がってしまうから、貼りのちょうど良さを実践で学んでいく。海水の抵抗も加わるから、さらに仕掛けは落ちにくくなる。

半遊動仕掛けも同じ

0号ウキを使った半遊動仕掛けを試したことはあるだろうか。ウキ止めを少し大きめに取り付けることで、目印としてどれくらいの速度で仕掛けが沈んでいるか、どの程度沈んだかがはっきりと視覚化できるから、初心者にはおすすめの仕掛けだ。

この場合のタナ設定は、ウキ止めの位置を探りたいタナの最水深に設定する。例えば、10mまでのタナを探りたい場合は10mの位置にウキ止めをセットして、ウキにウキ止めがくっついたら仕掛けを2〜3m引き戻して再度沈めるを繰り返す。本来はこれが半遊動仕掛けの釣り方なのだが、仕掛けの沈み具合やラインの送り方を学ぶには丁度良い仕掛けだ。

ウキ止めを付けない釣りとはタナを決めないのではなく、任意のタナを探るための仕掛けということを覚えておこう。釣れるタナが分かった場合は、断然タナを決めた仕掛けの方がよく釣れるのだ。

ゆっくりを演出するガン玉

少し話が逸れるが、ハリスに打つガン玉は、流れの速さに対して仕掛けが流れる速度を調整したり、タナを微調整するのが主な役目だ。

しかし「ゆっくり」を演出することにも大きく関わっている。狙いのタナへツケエを早く到達させるためには、よりハリの近くにガン玉を打つが、同時にツケエが沈む速度も変わっていることを認識しておこう。単純にツケエを速く沈めたいのであれば、重いガン玉を打てばよい。「ゆっくり」を演出したいのであれば、ガン玉をできるだけ分散させて打つことだ。仕掛け図に「ガン玉はハリスの真ん中より上に打つ」というような一文を読んだことがないだろうか。これも、ガン玉とツケエの間を広く取ることにより、「ゆっくり」を演出するためでもある。

要は、ツケエの沈み方次第でも魚が食ってくるか大きく変わってくるということ。ガン玉の微調整で仕掛けの張りやツケエの水深は変わるが、同時に食いやすさや誘い、違和感を調整していることになっているのだ。

タナを決めるのが当たり前

本来ならこのことを真っ先に記すべきではあるが、あえて最後に言わせてもらった。

言葉の揚げ足を取るわけではないが、「タナを決めない釣り」というものは、本来はない。ウキ止めを付けなくても、おおまかに狙いたいタナは設定するものだ。問題は一番深く探るタナをどのくらいに設定するかだ。水深が30mある場所の水深30mを探るためには、流れがない場所か、それなりに早く沈む仕掛けでないと狙う時間は少ししかなくなる。だから重い重りを用いた仕掛けで狙う方が断然効率が良い。

ウキ止めを付けないことが流行したころ、水深が浅い場所にも関わらず仕掛けが入り過ぎて底を仕掛けが這っている釣り人が多くいた。根掛かり多発であるが、底這わせの図式はチヌがよく釣れたから、より一層勘違いをする人が多かった。

軽い浮力のウキを使い、上層からゆっくりと仕掛けを落とすことで釣れると信じている人も多かったが、マキエだけ早く沈んでしまい、結局底付近で魚が食ってくる。これを釣れるからと意味もなく上層からゆっくりと仕掛けを落とす人もいた。

まだたくさんあるが、釣りでは釣れれば正解とされるため、どんな仕掛けをどのように使っても答えが出ればいいのだ。理にかなっていない釣り方でも、別の好条件になっていることもありうるのだ。しかし、魚が食ってくるタナだけは昔からそれほど変わっていない。グレが浮かなくなった、チヌは活性が上がれば浅いタナで食ってくるといわれる。その理由の一つに、グレに関しては遠投が重視されるがゆえに、マキエにはまとまりが良いものが好まれる。その結果、素材には比重の高いものが含まれるから、マキエ自体の沈みが早くなっているものもある。チヌの浅ダナは、昔は底付近しか狙っていなかっただけで、浮くことあまり紹介されなかっただけである。

言葉を借りると「当たり前を疑え」である。

常連に学ばない

常連がなぜよく釣れるのかを書いた。普通ならそれに従うのが釣るためのコツだといわれるが、堤防などでは先に食い気のある魚を釣られてしまうから、なかなか勝つことはできない。常連に勝つためには、居ないときに竿を出すか違う方法を試すしかない。

一番の方法はマキエの量。同じウキフカセ釣りなら圧倒的にマキエが多い方に魚が寄ってくる。あまり遠くも近くもない場所に釣り座を構え、あとはひたすらマキエを切らさないように撒くだけだ。しかし、マキエを撒かないチヌ釣り師に、マキエを多く撒いても勝てないことがある。それが的確な潮の流れとツケエの位置を把握している釣り人だ。

この流れのときはどこに魚が寄るというのを計算して、状況によりツケエを使い分けるような人だ。マキエは寄せる効果はあるが、魚の通り道を知っていなければ単に寄り道させるだけに留まる。しかし、魚の通り道を的確に判断することができれば、後は信じて待つだけだ。最も効率が良い釣り方だ。

おすすめのタナ取りゴム

第一精工 タナ取リボール
第一精工
¥343(2021/07/06 17:39時点)
仕様 : 大・中・小セット
タイトルとURLをコピーしました