人気のゲームフィッシング ロックフィッシュに挑む

高級魚でありながら身近に生息するロックフィッシュ。狙って釣れば120%楽しめ、数釣りも可能だ。バイトも強烈でワームをひとのみで食うことも多いが棲み家で食べようとするため、ラインをゆるめると穴から出てこなくなるので、バイト後は素早い対応が必要だ。

種類と棲み家

カサゴ(アラカブ)
ソイ
アイナメ・クジナ
キジハタ

●カサゴ(アラカブ)

●ソイ

●アイナメ・クジメ

●キジハタ

など、いわゆる根魚のことを総称している(ちなみにマゴチやヒラメはフラットフィッシュ)。

その名の通り岩場やテトラなど、ストラクチャー周りに多く棲息し、ボトムから顔を覗かせてベイトを狙っているフィッシュイーターだ。

オフショアではイカの切り身が多いのに対して、陸っぱりではキビナゴを使ってのエサ釣りが主流。テトラでは短いロッドを使った穴釣りなどがあり、好奇心が旺盛なため、活きエサでなくてもよく釣れ、エサを踊らせて誘って釣る釣り方が一般的だ。沖の深場ほど大型が多く、高級魚として取り扱われるケースが多い。

行動パターンを知る

物陰に隠れて待ち構えており、近くを通ったエサにいきなり襲いかかる。

夜間が時合となることが多いショアからのソルトルアーだが、ロックフィッシュは昼夜問わず狙える。瞬発力に長けており、シーバスなどの追跡して捕食するタイプに比べて、数十倍の速度でベイトに飛びついてくる。そのため、ロッドに出るアタリも豪快である。テリトリーをもって生活しているため一穴一魚で、ベイトをくわえたら自分の穴に戻りゆっくりと食べ始める。

シーズンに応じてターゲットを分ける

カサゴ(アラカブ)やソイは春から初夏・晩秋から冬にかけてがベストシーズン。シャローエリアで数・型ともに楽しめる。水温が高い場所を嫌うため、水温変化が比較的小さいボトムや、潮通しがよいエリアで過ごしている。そのため水温が上がる昼よりもまづめ時に時合がくることが多い。

アイナメは秋から冬季のターゲットで日本を北上するほどサイズが大きくなることから、冷水域を好む生態が伺える。50cm以上のサイズが釣れるのも魅力的だが、九州では30cmがデカバンだ。カサゴ(アラカブ)やソイよりも少し早いシーズンインが一般的にみられ、その時期に大型の確率もアップする。夏季はシャローエリアではあまり釣れなくなり、オフショアでの対象魚となる。

テトラ
沈み瀬
敷石・ブロック

ロックフィッシュのフィールドは、魚種に限らずストラクチャーが基本だ。根掛かりを恐れずチャレンジしよう。

タックルと狙い方

ロックフィッシュ専用ロッドも多くラインアップされているので、それを選べば間違いないが、ショアジギングロッドなどでも代用できる。

ロッド&リール

ライトジグなどを使う反面、根掛かりなどにも負けないロッドパワーが必要になる。狙う際のアクションも、シェイク・バンピングを多用するので、ティップはしなやかで、バイトしたら強引に穴から引きずり出せるバットの強いものが望ましい。

リールはスピニングリールの2500番程度を使用し、ラインブレイクごとに短くなっても対応できるように、ラインは50m以上巻いておこう。

ラインは太め

ラインブレイクが付きもののため、ライン強度の重要度はかなり高い。かといって強度重視で太いラインを使うと、流れが複雑になりやすいテトラや岩場ではラインが流されて逆に根掛かりしやすくなる。

また、ルアーのコントロール性も必要とされるので、それなりに細いラインの方が使いやすい。使い始めはナイロンラインの8号くらいが強度があり切れにくいのでおすすめだ。ラインの太さが気になる場合は、リーダーを付けて対応しよう。ラインが沈むと根掛かりしやすいので、初級者にはナイロンラインかPEラインの方が使いやすい。

ルアーの軸はソフト系

ソフトルアーワーム)を使ったリグが基本となる。画像はテキサスリグ。

基本はジグヘッドにソフトルアーのコンビだが、ダウンショットリグやテキサスリグなど根掛かり対策も含め、様々なリグで狙える。ソフトルアーはストレートタイプよりもアピール度が高いものがよい。ベイトがカニやエビなので、甲殻類をモチーフとしたソフトルアーの実績も高く、大型狙いには欠かせないアイテムだ。

カサゴ(アラカブ)はハードルアーでも楽しめ、ミノーでテトラを横方向に探ったり、メタルジグでブレイクラインを狙うことができる。

根掛かりが多い場合は、シングルフックに替えて使うと軽減できる。沖の沈み根を狙う場合、根の上よりも側面を重点的に狙うようにしよう。ボトムを狙う場合は、ポンピングがセオリーなので、底をトレースできるテクニックを身につけたい。

基本の狙い方

捕食に貪欲なカサゴ(アラカブ)は比較的釣りやすいターゲットだ。

泳ぎ回ってベイトを追いかけることはないので、棲み家を直接狙う必要がある。したがってボトムをトレースすることはもちろん、食い気を誘うテクニックも必要になってくる。目の前にルアーがくれば食い付いてくるが、スレているテトラなどでは一発でバイトしてこない場合もある。そんなときは軽くシェイキングして誘ったり、ゆっくりとフォールさせるなどの工夫が必要だ。

アタックしてくると「ガツガツッ」っとロッドに感触が伝わってくるので、迷わずフッキングさせることだ。もたもたしていると、穴や根に入られて出てこなくなる場合がある。そのため一気に引き上げることを念頭に置いてアワせよう。

↓基本タックルはこちら

タイトルとURLをコピーしました