ルアーカラーの選択基準。
ナチュラルカラーとアピールカラー

ルアーカラーを選ぶときに意識しなければならない方向性がある。それはナチュラル系のカラーを選ぶのか、アピール系のカラーを選ぶのかということだ。どちらを選ぶかということに明確な理由があるので、それを理解しておくことでカラーチョイスの基準が見えてくるだろう。

ナチュラルカラー 

ナチュラルカラーの例

自然界に存在するものに近いカラーのこと。具体的には魚の背の色に似たブルーやブラウン、オリーブなどがこれにあたる。実際に海中にいる生物だとターゲットに認識させることを目的としたカラーだ。ナチュラル系を選ぶのは以下のような状況だ。

・光量が多いとき(晴天時)

・潮が澄んでいるとき

・ターゲットの活性が低いとき

晴天時や潮が澄んでいる状況では、海中での視界が良くなる。つまり、ターゲットからルアーを発見されやすい状況にある。そのようなときには必要以上に目立たせる必要はなく、ナチュラルなカラーのほうが違和感を与えにくい。また、ターゲットの活性が低いときには魚はあまり自分からエサを捕食しようとしていない。その中であまり目立つものが自分に近付いてきたら魚は警戒してしまうので、なるべく自然界にいるものに近い色を使ったほうが良いとされている。

アピールカラー

アピールカラーの例

一方、アピールカラーとは、文字通り目立つ色でピンクやライムグリーン、蛍光カラーなどがそれにあたる。ターゲットに気付かれやすくするためのカラーで目立つ色が採用されている。アピール系を選ぶのはナチュラル系とは反対のシチュエーションとなり、以下のような場合だ。

・光量が少ないとき(曇りやまづめ時)

・潮が濁っているとき

・ターゲットの活性が高いとき

光量が少ないときや潮が濁っているときは、当然海の中での視界は悪くなり、ターゲットから発見されづらくなる。そのようなときは目立つカラーでそこに何かいることをアピールする。また、ターゲットの活性が高いときは、エサを奪い合っているような状況だ。とにかく動くものに反応するので、なるべく目立つもののほうが釣果を得やすくなるというわけだ。

その他にアピール系はナイトゲームなどでアングラー自身がルアーのある場所を認識しやすいというメリットもある。

タイトルとURLをコピーしました