シーバス サヨリパターン攻略法 難関ゆえの達成感を味わおう!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

数あるシーバスのシーズンパターンの中でも、攻略に手をやくのがサヨリパターン。経験者でもサヨリパターンに苦手意識を持っている人は少なくないはず。

そんなサヨリパターンを攻略したとき、何事にもかえがたい達成感がある。

スポンサーリンク

サヨリパターンの時期と特徴

サヨリ

サヨリとは15〜30㎝程度の回遊魚。口長く鋭く突き出ており、赤い口先が特徴です。初秋から冬に入るまでがサヨリパターンの季節とされています。

肉眼で見えるほど表層で泳ぎ、フィッシュイーターから追われているとザザザッと波を立てて水面を跳ねるため、サヨリの居る位置が分かります。

しかし、経験者なら分かると思いますが、ボイルに突っ込んでもなかなか釣れないもの。これがサヨリパターンが難しいとされる所以です。

またサヨリは汽水域でも生活できる魚なので、フィールドは堤防だけでなく河口も狙い目です。

アクション控えめなルアーをチョイス

細長いルアー

ルアーのサイズは、サヨリのサイズに合わせて10〜20㎝を選びます。ベイトの成長に合わせて初秋は小さく、冬に近づくにつれて大きめのサイズを意識するとよいでしょう。

基本的に表層を狙う釣りになるため、トップ、もしくはあまり沈まないルアーが基本です。バイブレーションや、動きが激しいミノーを選ぶことはNG。

バチパターンに近い細身のシンキングペンシルや、フローティングミノーがおすすめです。

ボイルを見つけよう

シーバス

サヨリは目視できるほど表層を泳ぐ魚なので、回遊している個体を見つけることは簡単です。

しかし、ボイルがあってもシーバスが食わない状況がよくあります。

サヨリの群れを見つけたら、まずはシーバスが着いていないかを知るためにも、数回だけでもキャストしてみます。ボイルが全くない、サヨリが警戒心なく泳いでいる、反応がないと感じたら見切って移動した方が無難でしょう。

流れがある場所を狙おう

サヨリの群れ
潮の流れがあるとサヨリは同じ方向を向いて泳ぎます。基本はこのサヨリの群れを意識してトレースコースを組み立てていきます。

サヨリは流れがゆるい場所ではバラバラな方向を向いて回遊していることがありますが、流れがあるエリアでは流れに向かって頭を向けるので、ルアーをどのように通せばよいか分かりやすくなります。

基本的には、流れを横切るようにルアーを通します。

サヨリの向きがバラバラなときは、流れがなかったり、方向が一定ではないと考え、場所を移動するとよいでしょう。

リトリーブスピードはゆっくり

シーバスサヨリパターン

ボイルを見つけたら早速投入。激しく泳ぎ回っているサヨリの動きに合わせてファストリトリーブでアピールしたいところですが、それはNG。

なぜなら、サヨリはその尖った口があるため前からは食べづらく、シーバスは捕食しやすい後ろから追尾して襲いかかるからです。

これをシーバスの目線で考えると、サヨリに頑張って追いついて捕食しなければならないということ。弱ったベイトにターゲットを絞った方がシーバスも楽にエサにありつくことができるのです。

そのため、スローにアクションすることがサヨリパターンの基本となります。

もちろん、どのくらいのスピードで食ってくるかはその時の状況によるため、リトリーブスピードを少しずつ調整してみましょう。

それでも食わないときのアクション方法

シーバスサヨリパターン

どうしてもヒットしないときは、アクションに変化をつけてみましょう。

例えば、ファストリトリーブからのストップ&ゴー。サヨリの動きに合わせつつ、シンキングならフォール、フローティングでも群れに戻る孤立したベイトに見せることができます。

他にもボイルの先に遠投し、ボイルの中でトゥイッチを入れて捕食スイッチを入れる方法などがあります。

サヨリは足元まで泳いでくる魚なので、ピックアップ寸前まで油断せず巻いてくることが肝心です。シーバスがベイトを岸際まで追い詰めた後、ガツンと食ってきます。

最後まで諦めずに巻いていれば、思わぬビッグサイズに出会えるかもしれませんよ。

サヨリパターンの定番ルアー5選

エイチベイト
アピア(Apia)
無駄な肉を削ぎ落としたかのようなH baitのスリムなボディ。そのボディから生まれる繊細なアクションは、一見すると水と同化しているようにも見えるが、独特の形状はベイトライクな波動を発生させている。
サヨリスZ
リトルジャック
性能・フォルム・ウエイト・バランス等を細部までこだわった、細長いサヨリのリアルフォルム。違和感を感じさせずにバイトに繋げるためにフォルム・シルエットも徹底追求。アクションはロール主体のナチュラルアクション。
エクスセンス クー
シマノ(SHIMANO)
¥2,365(2024/02/25 20:12時点)
水深10cmのレンジを狙って開発された、水面直下特化型ルアー。シンペンのような泳ぎなのに、フローティングで浮く。だから、シーバスが下からしっかりルアーを見上げて認識し、食いに来る。
コモモ 130 スリム トマホーク
アムズデザイン(ima)
¥2,057(2024/02/25 06:03時点)
130㎜というサイズながらスリムシルエットでナチュラルにみせる。トマホークの名にふさわしい飛距離と、アピール力を抑えたローリング気味のアクションが特徴。シャローのハイプレッシャーな状況を打開するための切り札として活躍する。
ソルテックスパラガス
ベーシックギア
¥1,320(2024/02/25 14:27時点)
160㎜というロングサイズなボディに重心移動と、ウェイト位置を前後に配分し全体のボディバランスを向上させ飛距離&飛行姿勢が安定し水面に突き刺さるような静かな着水音はターゲットへプレッシャーを与えない。先端部を鋭角にすることで水切れ、水噛みそしてリップレスの弱点であるヘッドアップを可能な限り抑えている。ボディ内部にはリブを増やし、ボディの剛性を強化。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました