ドラグが鳴り止まない! メッキの強烈な引き 釣り方とポイント、タックル紹介

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

ロウニンアジやカスミアジ、オニヒラアジ、ギンガメアジといった大型化するアジ科の若魚の総称がメッキという魚である。カイワリなどの最大30〜40㎝と、あまり大きくならない種類も含まれる。

スポンサーリンク

メッキの特徴

ロウニンアジ

単純にくくると「アジ科で平たい体型をしており、キラキラと光る体色を持っている魚」は、釣り人は区別せずにメッキと呼んでいる。そのため魚種によっての性格の違いなどはあまり重要視されない。

その中でも、GT(ジャイアント・トレバリー)としてよく知られるロウニンアジは、主な生息域である南方では最大で180㎝、80㎏まで成長し、ルアーフィッシングのターゲットとして人気が高い。

堤防で晩夏から初冬を中心に釣れるロウニンアジは、海流に乗って流されてきた死滅回遊魚であり、年を越して成長することは稀だ。

しかし、小さくとも獰猛なフィッシュイーターであり、手軽なルアーフィッシングの釣りものとして、特に西日本エリアでは確立されている。

堤防で狙えるサイズは40㎝ほどまでだが、50〜60㎝の中型サイズが釣れる地域もある。

堤防からエサ釣りで狙われることは少ないが、広範囲をくまなく攻めることができるルアーフィッシングでは、ゲーム性が高く生息数も多いので人気が高いターゲットだ。

堤防

また、よく釣れる20〜30㎝と、大型化した50〜60㎝はまるで別物のようにパワーがケタ違いとなる。

メッキは死滅回遊するため、1年で成長できるサイズはそれほど大きくはない。しかし、まれに温排水のあるエリアなどの水温の高い場所では越冬し大型化することがある。

サイズは50〜60㎝にもなり、このサイズともなるとライトメッキタックルでは対処できない。

50〜60㎝といえば、シーバスや青物などを釣り上げたことのある釣り人であれば驚くほどのことはないが、小さくとも相手は南海の王者ジャイアントトレバリーである。

そのパワーは強力で、ときには1mオーバーのシイラ用のタックルを流用することもあるほどだ。

とはいえ、それほどのサイズに巡り会う確率は低い。

タックルを準備する前にまず釣行予定の釣り場でどのくらいの大きさが釣れているか確認し、20㎝前後ならメバリングなどのライトゲーム向け、40㎝以上が出るエリアならシーバスタックルを流用しよう。

メッキが釣れるポイント

メッキのポイント

黒潮や対馬暖流の影響のある場所であれば確率は高いが、基本的に狙えるエリアは限られている。九州の南岸や東岸、四国から関東までの太平洋沿岸などである。

ただし、海流の動きや小魚の動きなどで内海などに入ってくることもある。

海流に乗って流れてくるため、海流の強さによっても入ってくる場所が変わってしまうこともあるが、毎年秋のシーズンに実績のあるポイントはチャンスも大きいため、過去のデータから狙えるエリアを絞り込んでいく。

堤防においては、潮通しのよい場所で小魚の多いエリアが基本。

また、温暖なエリアにすむ魚であるため、工場や発電所などの温排水が海に流入している場所は、エサとなる小魚が多いこともあり、メッキゲームのメインポイントとなる。

釣り方

メッキ狙いのタックル

メッキゲームの基本はライトタックル。シーバスゲームよりも繊細で、メバリングよりもパワーのあるタックルをセレクトする。淡水用のブラックバスタックルに近く、それを流用することも可能だ。

ロッドは専用のものを使うことは少なく、主にアジング、メバリング、シーバスロッドをその釣り場のアベレージサイズによって使い分ける。

20㎝クラスまでなら、繊細なアクションが付けやすいライトタックルで対応するが、30㎝以上が出る場所ではシーバスロッドが望ましい。

ラインの選び方も同じように、釣れる平均サイズによって使い分ける。0.4〜1号を規準とし、それに合わせたスピニングリールを用意しよう。おおよそ2000〜3000番あたりが使われることが多い。

リーダーは2〜4号がおすすめだ。

ルアーは7〜14gほどのメタルジグや5〜7㎝ほどのポッパーなどもよく使われる。特にポッパーなどのトップウォーターは、使用範囲は限られるが、激しいバイトを見ることができるため、人気の高い釣り方である。

おすすめ商品
ハードコア LG ヘビーミノー(S)
DUEL(デュエル)
¥701(2024/03/01 02:11時点)
通常のミノーでは攻めきれない、遥か遠くのポイントや深いエリアまで完全カバー。高速域での安定性はもちろん、低速域でもしっかり泳ぐヘビーシンキングミノー。
ポップクイーン F80
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥1,804(2024/03/01 02:12時点)
ルアーの位置が把握しやすく、水面でのバイトシーンを見て楽しめる視認性の高いカラー。空気抵抗の少ない弾丸形状とウェイトバランスによる、クラス最強のぶっ飛び性能。
タイトルとURLをコピーしました