エサ釣り師のためのライトショアジギング入門

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

磯や堤防で釣りをしている最中、突然水面で小魚が湧くのを目撃したことはないだろうか。ときにはフィッシュイーターが小魚を襲う光景に出くわすこともよくある。

そのような場面に遭遇して見ているだけというのはもったいない。ルアーをキャストすると高確率でヒットしてくるのだから。ならばいかにして対処すべきかエサ釣り師向けに解説しよう!

スポンサーリンク

神出鬼没のナブラはショアジギングで対応する

ショアジギング

秋になるとイワシなどの小魚が大挙して接岸し、岸近くで群れることがよくある。そこにフィッシュイーター(魚食魚)が寄り、活発な捕食活動が繰り広げられる。

フィッシュイーターの群れが水面を割って小魚を襲うことをナブラやボイルと呼ぶ。ナブラが起きていれば、そこに食い気のあるフィッシュイーターが集まっているという明らかな証拠となる。

ナブラを起こすのは主に青物やシーバス。ほかにはメバルやアジ、またヒラメやチヌも水面を割る。そのような光景を見た経験がない人でもナブラはひと目で判別できる。

激しく水面が波立ち、局地的に雨が降っているかのように水面が激しく湧くからだ。小魚が接岸するこれからの時期は、そこかしこでナブラが立つことが大いに期待できる。

ナブラは同じ場所で長時間続く場合もあれば単発ですぐに止んだり移動していくケースがある。チャンスを逃さないためには即座に対応するのが望ましい。

すぐにルアーをキャストするのが鉄則で、遠投できる方が有利だ。また岸近くに寄る小魚は10㎝にも満たない場合が多く、それに近いルアーを使うのがベター。

小型で遠投できるルアーの代表的なものといえばメタルジグである。ナブラを狙うには特に有効で、小さめのメタルジグを使う釣りをライトショアジギングと言う。

エサ釣り師のためのショアジギング

基本的な操作法について説明すると、キャストして巻くだけでOK。食い気が立ったフィッシュイーターは脇目も振らずに小魚を追い回しているから近くに似たようなものが通るだけで食いついてくる。

ただし、効率よく釣るためにはいくつかの留意点がある。

まず1つが投入するポイント。ナブラの中にルアーを投げ込むと小魚が散る。ともすればフィッシュイーターもろとも姿を消してしまう。

ナブラを撃つときは群れを直撃せず、その奥や進行方向の先に投入する。

小魚が過ぎ去った場所にキャストするのも悪くはないが、捕食する魚も通過してしまっている可能性があるから長く粘る必要はない。

エサ釣り師のためのショアジギング

次に重要なのが誘い方。簡単で効き目があるのが表層での速引きだ。

水面は魚にとって生息域の境界線で、フィッシュイーターから見ると獲物を追い詰めるのに都合のいい場所となる。だから水面付近にいる小魚は格好の餌食となりうるのだ。

表層を速引きするとそれに近い動きを演出できる。そこであえて食わせようとして速度を落とすと魚に見切られてしまう恐れがある。

食べられまいとして逃げる小魚が泳ぎを遅くすることはない。追いつかれそうになるとさらに加速するか身をひるがえしてかわそうとする。その動きがフィッシュイーターの食い気をさらに高める。

俗にいう食わせのアクションや食わせの間は、このような習性を意識して行う。

ショアジギング

表層でアタリがなければ小魚の群れの下を通すイメージでルアーを沈めてから引く。

捕食魚が下から食い上がってくるとすれば、群れの下の部分が食われる側の最前線となる。ルアーを沈めるときは時間を計り、段階的に深さを刻みながら表層から順にチェックしていく。

適当にルアーを沈め、当てずっぽうで探るのは非効率的だ。

それでも食ってこないときにアクションをつける。操作は巻いては止めを繰り返す、ストップ&ゴーがおすすめ。動きに緩急をつけ、フォールを織り交ぜてアピールさせる。

ショアジギングアイテムに関するハウツー

ショアジギングに関する入門書は数多い。だが、根本的な問題を抱え込んで頭を悩ませているエサ釣り師は少なくない。

「根ズレに対応するためにリーダーをつける」とあるが、その前にサゴシなどに歯で切られる」とか、「『〇〇ftのルアーロッド』といったって、その手の竿はロッドケースに収まらない」など。

そこでこれらの諸問題の解決策をぜひとも紹介したい。

サワラ

まずは歯ズレ対策について。

感度と飛距離を高めるためにルアーではPEライン多用する。ただ、PEは引張強度が高い反面、擦れに弱い。そのため根ズレ対策としてこすれに強いフロロカーボンラインをリーダーとして先端に結ぶ。

しかし、サゴシやタチウオといった鋭くて硬い歯を持つ魚が食ってきて歯に触れた瞬間にプッツン……、というのがよくある。

「歯ズレ対応にはワイヤーリーダー」とあるが、長さの調節がしにくいうえに食いが落ちるという声も寄せられる。

この悩みを解消するのがチューブノットだ。リーダーの先端をチューブに通してガードするというもの。

長さは自由に調整でき、目立たないから食いも落ちない。しかもルアーの動きを損ねないと三拍子揃っている。金属製のワイヤーリーダーは硬い歯にぶつかると曲がったりする。

その点、チューブノットは衝撃を緩和できるため逆に切れにくい。リーダーがブチブチ切られるというときはぜひ試してほしい。

エサ釣り師のためのショアジギング

ルアーロッドの長さについてはこの釣りに限った話ではない。一般的なロッドケースはエギング用ですら入らないものが多い。キャストできる竿がなければ元の木阿弥。

いくらルアーを揃えようがライン結びを体得しても手も足も出ない。

そこでおすすめしたいのが振り出しのルアーロッド。仕舞寸法が磯竿と同じくらいならば一緒にまとめて持ち運びできる。

最近はショアジギング専用モデルが発売されており、PEラインの使用を考慮した設計がなされているためライントラブルに悩まされることがほぼない。

また、仕掛けを組んだ状態で短くしておけるからかさばらなくてよい。

持ち運びに便利といえばパックロッドも使える。例えばダイワ/モバイルパック965TMHは仕舞寸法68㎝ながら9.6ft(2.9m)まで伸ばせる。

モバイルパック 965TMH
ダイワ(DAIWA)
¥14,885(2024/03/01 09:25時点)
「振出のルアーロッドはコンパクトに仕舞えて便利だけど、並継ぎに比べて性能が低い」。そう思うアングラーは多い。それを覆すため、とことん詰めて設計した振出式のルアーロッドがこのモバイルパック。軽量・高強度のHVFカーボンをふんだんに使用した張りのあるブランクスが、一歩上のキャスト性能を実現。さらなる飛距離とキャスト精度をもたらす。

他にも使い勝手の良いパックロッドがある。購入の際の参考にしてみよう。

キャスティングサビキ

エサ釣り師のためのショアジギング

最後にキャスティングサビキについて触れておこう。

リーダーとメタルジグの間にサビキをつけて多点掛けを狙う釣り方をこう呼ぶ。メタルジグの動きにサビキが連動するため、2種類のアピールが同時にこなせる。シラスやアミなどごく小さいものを捕食しているときに特に有効だ。

使い方は大きく分けて2通り。一定の層を引いて横に探るのと、仕掛けを上下させ縦に動かしながら引いてくる探り方がある。これもメタルジグの操作と同じようにただ巻きとストップ&ゴーでよい。

アタリの多い層を重点的に狙うのがキモだ。

おすすめ商品
ショアジギさびきジグ入りセッ
Major Craft(メジャークラフト)
¥711(2024/03/01 09:25時点)
ショアジギングにサビキ仕掛けをプラス。青物ついでにアジやサバも狙うなら「ショアジギさびき」、マイクロジグで更に多くの魚をゲットできる「マイクロさびき」と狙いに応じたラインアップ。
堤防ジギングサビキセット
ハヤブサ(Hayabusa)
¥486(2024/03/01 09:25時点)
ジグにつけて投げるだけ。さまざまなターゲットがかんたんに狙える。ジグとサビキがセットになっているため、買ってすぐに使えるかんたんお手軽セット。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました