カマス爆釣 LSJ(ライトショアジギング)! 知れば簡単ジグサビキも

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

細長い魚体と鋭い歯が特徴のカマスは、潮通しの良い場所を好み、朝まづめと夕まづめに活性が高まる魚。

場所によって異なるが、好期となるのは4~11月ごろで、港内に大きな群れが入ってくれば季節や時間帯に関係なく爆釣する。

カマス釣りの最大の魅力は、数釣りを楽しめることで、メタルジグにも活発にアタってくる。

サビキ仕掛けの先端にメタルジグをセットしたジグサビキを使えば、1投で2尾以上のヒットも見込めるほどだ。

スポンサーリンク

使用するルアーとタックル

カマス狙いのショアジギングタックル

カマス狙いでおすすめのメタルジグは、7g程度の小型ジグで、ロッドはエギングロッド、アジングロッド、メバリングロッド、バスロッドなどの流用が可能。

胴に乗り過ぎるロッドよりも、やや張りのあるタイプの方がキャストがしやすい。

注意すべき点は刃物のように鋭い歯で、リーダーは5号のフロロカーボンラインとする。狙うのは活性が高いカマスなのでハリスが太くても食いに影響はない。

超遠投で広く探りたい場合や、ジグサビキの仕掛けを組む場合は28g程度のジグでもアタってくるが、その場合はシーバスロッドやショアジギングロッドと組み合わせよう。

釣り方のコツ

ショアジギングカマスのポイント

カマス狙いのショアジギングではボトムを取る必要はなく、一定のスピードをキープして同じ層を水平に誘ってやればOK。狙うレンジは表層付近からスタートして、反応がなければ中層までを探る。

カマスの目の前にルアーを通すことができれば高確率で食ってくるが、同じアクションで釣り続けると次第にスレてくるので、リーリングの速度を変えたり積極的なルアーローテーションを心掛けよう。

手返し良く数を稼ぐために不可欠なアイテムはアジング用のフィッシュグリップまたは魚バサミ。カマスの小さなウロコは、はがれて手に付きやすいので、素手で握ってしまうと大きな時間ロスとなる。

カマスジギング
おすすめ商品
プリズナーTG デカアジデカメバルSPEC
ダイワ(DAIWA)
¥990(2024/02/23 14:35時点)
薄型コンパクト設計&高比重タングステン素材との相乗効果で驚きの飛距離を実現。今まで届かなかった沖に潜むターゲットを狙い撃ちすることが可能となった。形状は非対称センターバランスで、フリーフォールの状態ではヒラヒラと舞うスローフォールを演出。
ジャックアイ 豆マキマキ
ハヤブサ(Hayabusa)
¥550(2024/02/23 14:35時点)
マキマキのDNAを完全なる形で受け継いだ、ダウンサイジングモデル。「巻くだけで魚が釣れる」要素を完全に残し、メバルやアジ、カマスなどのライトターゲットに的を絞り込んでいる。
他にはこんな記事が読まれています
タイトルとURLをコピーしました