ハゼクランクの基本的な使い方と釣れるマハゼの狙い方

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

6月下旬から11月の朝夕が涼しく感じられるまでがハゼ釣りのシーズン。釣りの対象魚となるマハゼは、秋が深まるにつれて産卵のために深場へと移動していくので、短い好期を逃さないようにしたい。

ルアーでハゼを釣るなら、小型のクランクベイトを使うハゼクランクという釣り方が一般的。釣り場となるのは浅い砂泥地で、小規模河川の河口部が狙い目となる。

スポンサーリンク

ハゼクランクのタックルはライト系

ハゼクランクタックル

ハゼ用クランクベイトのサイズは全長30㎜前後、自重3g前後が一般的。軽いプラグを投げるためライトタックルが必要。アジングロッド、メバリングロッド、トラウトロッドなどが使えます。

向こうアワセの釣りとなるのでおすすめはメバリングロッド。足場のことも考えて7ft前後あるとよいでしょう。リールは1000〜2000番。

ラインはPEラインの0.3〜0.6号と細め。リーダーは根ズレを意識してフロロカーボン。4lbあれば十分です。

リーダーとの結束はFGノットでももちろんOK、引きが強い魚でもないので、ダブル8の字でも構いません。

クランクベイト

クランクベイト

クランクベイトは丸みのあるボディに大きなリップを組み合わせたプラグで、フローティングタイプであっても引けばグイグイと潜っていくのが特長。

このリップで海底を叩くことで巻き上げた砂煙がハゼへのアピールとなります。

海底を積極的に攻める釣り方になるので根掛かり防止の意味も兼ねてシングルフックをチョイスしよう。

ハゼクランク

クランクベイトを潜らせていき、リップで底を叩くことができる水深でなくてはこの釣りは成立しません。

水深1m程度のフィールドを中心に釣り歩いてみよう。シンキングのクランクベイトもあるため、それ以上の水深でも狙えないことはないが、あまり効率はよくありません。

満潮時と干潮時では水深が異なるので、干潮時刻に釣り場に入り、潮位が上がってくるタイミングを狙ってみよう。

ハゼの狙い方

ハゼの狙い所

一定の速度で引くことでクランクベイトを海中に潜らせていき、ロッドに底を叩く感触が伝わってくればOK。最初はハゼの姿が見える場所でルアーへの反応を見ると、この釣りを理解しやすいでしょう。

砂や泥地の広がる干潟のような河口だと狙いやすいだろう。扇状に投げて広範囲に探ってみよう。

基本のアクションはタダ巻きでOK。ボトムに着くまではティップを下げて潜らせることを意識。ボトムの感触を手元に感じたら、デットスロー〜スローに巻いてアピールしよう。

ブルブル! といった感触が伝わったらアタリ。ロッドでフッキングしてもよいが、そのまま巻き合わせする方法もあります。

アタリはあるけどなかなか乗らないというときは、アシストフックをつけると釣果が上がります。

ハゼクランクで人気なルアー
ハゼクランクMR
ダイワ(DAIWA)
¥1,464(2024/02/26 21:31時点)
ショートリップのMRは風の影響を受けにくく、安定した飛行姿勢でロングキャストにより広範囲にシャローエリアを探ることが可能。
はぜむしSS
バスデイ(Bassday)
¥1,150(2024/02/26 22:59時点)
根掛かりを回避するリップ構造とスイミング姿勢のはぜむし。基本操作はタダ巻き。その細身のボディを活かした、よたよたアクションはまさに虫エサそのもの。フッキングも抜群。落下物に対して好奇心の強いハゼに効果抜群のシンキングモデル。
タイトルとURLをコピーしました